2017.01.09

薬剤師はブラック?調剤薬局やドラッグストアからの賢い転職方法

「薬剤師ってもしかしてブラックな仕事??」あなたはそんな風に感じた経験はありませんか? 薬剤師の職場としては調剤薬局、ドラッグストアや一般企業などがありますが、その中にはブラックな職場があるのも事実です。

そして恐ろしい事に自分の職場がブラックかどうかは、自分ではわからないことが多いです。 自分の働いている職場がブラックだったら今すぐにでも転職したいですよね...。

そこでこの記事では調剤薬局に焦点を当て「ブラックな調剤薬局の特徴」と「ブラックな職場に就職してしまったらどうすればいいか」について説明していきます。

この記事に書いてあること

薬剤師転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

詳細

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

詳細

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

詳細

薬剤師さん注意!ブラック調剤薬局の特徴

ブラックな調剤薬局にはどのような特徴があるのでしょうか?
実際の薬剤師さんのブラック体験談やインタビューを基にして特徴を整理してみました。

サービス残業や休日出勤がある

調剤薬局に限らず、ドラッグストアや病院勤務の薬剤師にも言えることですが、残業時間の長さや休日出勤の有無はブラックかどうかを判定する一つの指標になります。地方の調剤薬局だと店舗に薬剤師が一人しかいないのでお店を空けないために残業が当たり前になっているケースもあるようです。他の店舗と比べて圧倒的に残業時間が長くてさらに残業代もでないとなるとだいぶ損ですよね。

薬局の人員が足りていない

程度にもよりますが、ある一定の期間だけ調剤事務員が多少不足しているというレベルであれば、そう大きな問題ではないかもしれません。しかし、明らかに忙しくて調剤業務そのものが回っていなかったり、患者さんが2時間以上待っている状態が毎日続いているのに、薬剤師さんの補充を調剤薬局側が全く考えておらず、求人も出していないというような状態は、「ただ仕事が忙しいことへの文句を言っている」というレベルは超えていますよね。

違法な調剤業務が行われている

調剤薬局での業務は薬剤師法や薬事法による規制があり、調剤業務に、調剤事務の事務員が関わってはいけないことになっています。しかしこれを逸脱した下記のような違法行為を行うブラック調剤薬局というものが存在するのも確かなようです。

  • 薬剤師ではなく事務員が調剤業務をしている
  • 薬剤師ひとりあたりが処理する処方箋枚数が40枚を超えている

調剤業務においては、専門家である薬剤師のチェックを必ずはさむことで、医師による処方のミスをなくそうというというのが医薬分業の趣旨です。これが満たせないような業務フローが組まれている調剤薬局があるとすれば、これは患者さんの生命・健康に関わることになるので、ブラックどころの騒ぎではありませんね。

人間関係が悪い

調剤薬局はどうしても女性の職場になりがちですから、人間関係の悪さも笑えません。上司からひどく詰められる、新人薬剤師なのに研修もなく突然調剤業務に放り込まれる、周囲に仕事について相談しづらい、自分のロッカーにいたずらをされるなど、業務を続けることすら困難になるようなケースも少なくないようです。

人間関係

実際にブラック薬局で働いていた薬剤師さんの話を聞いてみた

「子育てに理解があると思ったのに…」

幼稚園児と小学生を育てている薬剤師です。育児と両立したかったので子育てママ応援の方針の薬局に転職しました。しかし働いている薬剤師が少ないうえ、実際に働いているのは主婦ばかりでした。そのため本当に休みたいときでも子どもの行事がかぶり、全く有休がとれない職場でした。この日は休みたいと申し出ると「こんなに人数が少ないのに?」という雰囲気が流れてしまいます。転職する前にもっと働いている人数を見てから決断をすればよかったと思います。(30代女性)

このようにブラックな薬局で悩んでいる人が多いようです。しかし項目がいくつ当てはまるとブラックなのか自分で判断するのは難しいですよね。次にブラックを見分けるための具体的な方法をご紹介します。

いくつ以上あてはまるとブラック薬局なのか

ブラックな調剤薬局に具体的な基準をつけるのは難しいです。「人が圧倒的に足りていないので毎日サービス残業をしている」「薬事法に違反した調剤業務が行われている」といったように極端な例もあれば、「他の店舗より数時間残業時間が多い」といった気づきにくい例もあります。

また、長期間ブラック調剤薬局で働くことで、感覚が麻痺してしまうということもあります。

なので少しでも自分の職場がブラックかどうか気になる人は一度薬剤師の勤務条件や待遇に詳しいプロのコンサルタントに相談に乗ってもらうことをお勧めします。幸運なことに薬剤師であれば、後ほど紹介する方法で誰でも無料で相談に乗ってもらうことができます。

マイナビのコンサルタントに相談に乗ってもらう

薬剤師がブラック調剤薬局でこのまま働き続けるとどうなってしまうの?

過度なブラック調剤薬局で長期間働き続けると、ノイローゼやうつ病になってしまうケースが考えられます。社会人になると平日の日中は基本的に働いていることになるので、労働が生活に占めるウエイトはあなたが想像する以上に大きいです。なので劣悪な職場環境はあなたの私生活に大きな悪影響を及ぼしてしまいます。

薬剤師の敵!ブラック調剤薬局から抜け出すには

ではもし自分がブラック調剤薬局で働いていた場合はどうすればいいのでしょうか?
実はあなたが取れる選択肢はそんなに多くありません。

1、店舗や本社に待遇改善を求める

これはなかなかハードルが高いと言えるかもしれません。薬剤師さんの年収や時給はまだまだ高騰傾向にありますから、正社員ではなくてもアルバイトやパート、派遣の薬剤師さんなどでもひとりあたりの人件費はバカになりません。調剤薬局の経営者や店長サイドとしては、できるだけ人件費を削減して店舗に利益を残したいと考えています。あなたの要求が通る可能性は極めて低いです。

2、転職サイトを使って転職

働いている薬局がブラック薬局の場合、今の辛い環境から逃げ出すために転職することは全く悪いことではありません。薬剤師の求人市場は売り手市場(企業よりも転職する側が有利)なので何度も転職することが可能です。20代のうちに3回転職するような例も珍しくないです。

3、ブラックな職場を諦めてそのまま働き続ける

諦めてそのまま働き続けるというのも選択肢の一つですが、薬剤師は他の業種と比べて転職しても不利にならないので、今の職場に対し不満を抱えているのであれば転職を検討することをお勧めします。

薬剤師が転職するにはどうすればいいの?

薬剤師の転職は、転職サイトに登録することがファーストステップです。

ブラックな調剤薬局ではもう働きたくない!でも、給料が払われないわけではないし家からも遠くない、転職活動は面倒だし・・・

もしそういう状態でも、まずは薬剤師専門転職サイト
に登録してみることをお勧めしています。

転職サイト
に登録すると、必ず担当の「キャリアアドバイザー」という方が付いてくれます。彼らは薬剤師の転職や就職、面接や復職に関してはプロです。私たちよりもずっと病院で働く病院薬剤師や調剤薬局、ドラッグストアや製薬企業のことに精通していますし、薬剤師さんの給与・時給の平均や相場、現在の勤務条件などの待遇が妥当なのかヒドすぎるのかなど、様々な情報を持っています。

転職までは考えていないという場合でも、こうした専門家に相談して話を聞いてみることはできるはずです。あなたの調剤薬局は本当はブラックというほどでもなく、他の調剤薬局よりずっと優遇されているのだとすれば・・・?翌日の勤務からは少しは気持ちが晴れるかもしれません。

薬剤師におすすめの転職サイトは

特に調剤薬局での勤務をしている方であれば、調剤薬局の事情に詳しい日本最大級の転職エージェント「マイナビ薬剤師」かエムスリーキャリア「薬キャリ」あとは「ファルマスタッフ」の3つがお勧めです。

いずれも大手調剤薬局の経営・人事のコンサルティングをしていたり、実際に調剤薬局を経営していたりする会社さんですから、求人先の調剤薬局の事情には非常に詳しいのです。いずれのサイトも登録すると、無料で電話相談することができます。

複数のサイトに一気に登録するのは大変だという方には、まずマイナビ薬剤師への登録をおすすめしています。

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

ブラックな調剤薬局から抜け出すには最初の一歩が大事!

自分の職場がブラックとわかっても行動しないと、現状は何も変わりません。
確かに転職サイトに登録するには登録項目を入力する必要があったりと、手間がかかってしまいます。しかし、その一手間でより高待遇の新しい職場への転職の可能性が切り開かれると考えると、勇気を出して登録してみるのもいいのではないでしょうか?この記事をきっかけにあなたの人生が少しでも好転することがあれば幸いです。

マイナビ薬剤師に相談する

おすすめの薬剤師転職サイト

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.8件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

3位スピード対応なら薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できるのは薬キャリだけ
  • 電話だけでスムーズに転職ができる

無料登録してコンサルタントに相談する