投稿 更新日更新

医療機器メーカーで磨く!企業薬剤師のキャリアアップ

薬剤師さんの中には調剤業務以外も経験してスキルアップしたいというがいらっしゃいますよね。企業で働くことでスキルアップやキャリアアップが期待できます。また企業によっても異なりますが、薬剤師の働き方の中で環境や仕事内容が安定していて、且つ福利厚生も充実しているのは企業薬剤師です。

しかし企業薬剤師への転職は狭き門です。特に製薬会社が人気が高く大手企業への転職は競争率も高く、非常に難易度が高いです。しかし企業薬剤師として活躍する場は製薬会社だけではありません。実は医療機器メーカーは薬剤師のスキルを活かせる隠れた職場です。医療機器メーカーはどのような職場なのでしょうか?

この記事に書いてあること

薬剤師転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

登録

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

登録

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

登録

1,医療機器メーカーと薬剤師は意外と接点が多い?

化学的分野である薬剤師と、工学的分野である医療機器メーカーは、一見すると関係が薄いように感じられるでしょう。けれどもどちらも「患者の症状を緩和し、健康な体を取り戻すサポートをする」という側面を持ち、患者の体調に大きく影響する重大な役割を担っています。薬剤師が処方する薬も、医療機器メーカーが製造する医療機器も、プロセスは違えど根本にある目的や理念は近しいものだといえるでしょう。

また薬剤師が調剤などの際に利用する機械は医療機器メーカーが製造したものですから、直接的な関連性も大いにあります。要するに薬剤師は医療機器メーカーにとって自社製品の利用客に当たるわけですから、薬剤師の意見や経験などは機器によって製品開発の際に有用な情報として役立つ可能性があると考えられます。

さらに薬剤師の知識を備えた人材は、営業部門でも活躍が期待できます。病院や製薬会社などの取引先に出向いて自社製品の説明をする時、医療や薬剤に関する専門知識を持った人間の言葉であれば、強い説得力があるでしょう。それから安全情報や医薬品情報を伝えるDI・学術業務に携わる仕事では、求人応募の段階で薬剤師資格が必要になる場合がほとんどです。

2,企業薬剤師でキャリアアップ!医療機器メーカーで磨けるスキル

医療機器メーカーの業務内容の中で、前述した「製品企画・開発」「営業」「DI・学術業務」などについての特徴を、詳しくご紹介します。

1,医療機器メーカーの製品企画・開発

「製品企画・開発」は、新たな製品の企画や開発をおこないます。自社が誇る技術やノウハウを深く理解し、そしてそうした特性をどういった新製品に活かすことができるか考える能力が要求されます。医療や薬剤の知識を習得していることに加え、機器を使用する側の視点に立って思考できる人材が歓迎されるでしょう。実際に製品を使用する医療従事者とコミュニケーションを図り、有用な情報を収集するというような行動力も必要となります。

2,医療機器メーカーの営業

「営業」は自社で開発・製造した医療機器を、病院や製薬会社といった医療従事者に販売する仕事です。自社製品の性能や特徴、メリットを十全に理解し、それらを正しく説明できる能力が求められます。また自社製品の情報をより魅力的に伝え、取引相手に製品を利用したいと思わせるような会話術も重要となるでしょう。営業系の仕事では取引相手から信頼され、友好関係を築けるようなコミュニケーション能力も必須といえます。

他にもいくつかの業務があり、仕事内容も異なります。こうした業務に従事することでそれぞれ専門的なスキルが磨かれ、やがてはキャリアアップへと繋がるでしょう。企業でのキャリアアップは昇給と直結しますから、高収入を目指すことも可能となります。企業で働くのであれば、営業経験などによるスキルアップとキャリアアップは非常に重要性が高いといえるでしょう。

3,品質管理業務

QCと呼ばれる品質管理業務は治験実施計画書(プロトコール)通りに治験が実施・計画されているかどうかを調査し、治験の品質維持・向上に努めます。品質保証(監査・QA)は治験実施計画書、標準業務手順書に沿って治験が行われているかどうかを検証し、治験の品質保証を行います。

上で示した3つは代表的な仕事です。このほかにも存在する医療機器メーカーの業務概要について以下で簡単に説明します。

  • 医薬品管理薬剤師
  • メーカーや製薬会社などで管理者として働き、自社製品や取扱い製品の品質管理などを行う。

  • 薬事申請業務
  • 新商品の薬事承認申請。

  • 生産管理
  • メーカーなどで原薬や製造に関わる業務。生産計画の作成、原材料の在庫管理、受注出荷管理業務など。

  • DI・学術業務
  • 医師、看護師、薬剤師、製薬会社のMR、一般など幅広い医療関係者に、安全情報や医薬品情報を伝える。英語力が必要。

  • マーケティング
  • 製品の企画立案などを行う。データ分析や広告企画を担い、クライアントと仕事を進めていく。

  • メディカルライター
  • 医療健康分野系の情報発信が主な仕事。医療従事者や製薬業界に向けたライターの仕事と、医薬品などの製品に文章やキャッチコピーなどをつくるメディカルコピーライターに分かれる。

  • 企業内診療所の薬剤師
  • 企業の診療所で薬剤師として働く。

  • 講師・教育担当
  • 企業の新人教育や中堅社員向けに業務スキル向上のための研修を行う。

3,安定、安心!企業薬剤師のメリット

企業薬剤師の最大のメリットとして挙げられるのは、高い将来性と安定性ではないでしょうか。企業薬剤師は努力が実績やキャリアアップという形で現れやすく、収入面のアップにも繋がりやすい環境です。薬剤師のスキルを活かして高年収を目指したい方にとっては、うってつけの職場となりえるでしょう。

また大手企業や市場競争に勝ち残ってきた企業であれば、企業内研修などの育成面や賞与・退職金といった報酬面なども充実している場合が多いため、安心して働くことができます。企業によって異なる場合もありますが、そうした企業はスタッフを大切に扱ってくれるので比較的福利厚生もしっかりしており、健康保険や薬剤師賠償責任保険、産休や育休や長期休暇などのサポートも手厚い傾向にあるでしょう。

そして医療機器メーカーで働いた経験や最先端の技術に携わることで得た知識は、他の職場でも役立ちます。将来的に調剤薬局で勤務することになった際は、医療機器についての知識が役に立つかもしれません。また派遣薬剤師として働く道を選んだ場合でも、医療機器メーカーへの派遣ではアドバンテージになりやすいでしょう。

4,医療機器メーカーへの転職は、少ない求人情報を確実に!

薬剤師としての知識や業務経験が活かせて、しかも好待遇と高収入が期待できる医療機器メーカーでの仕事は、メリットが豊富で魅力的です。さらに人気が高く競争の激しい企業薬剤師の職場としては穴場的な存在だといえるでしょう。しかし残念ながら企業求人数自体はあまり多くないのが現状です。掲載期間が短い求人や医療機器メーカーに就職・転職してスキルアップとキャリアアップを目指したいと考えるなら、薬剤師の求人情報が集まる転職サイトを複数ピックアップして登録し、「募集がかかったら連絡をください」と伝えておきましょう。単純に閲覧できる求人数が増加しますし、転職サイトごとに用意されている独自の非公開求人の転職情報を利用できますから、希望の求人情報を見つけられる可能性が高くなります。とりわけボーナスの時期のあとは転職者や離職者が増えやすいため、そうした時期に重点的な勤務先候補の情報収集をおこなうと効果的でしょう。

あなたのスキルアップしたいという情熱を胸に企業薬剤師を目指してみてはいかがでしょうか?

おすすめの薬剤師転職サイト

rankno1

マイナビ薬剤師

企業求人数企業との
パイプ
サポート
体制
511
  • 製薬企業の求人が業界の中で最も多く、CRO、SMO、MRなど幅広く対応幅広い職種に対応
  • 新卒採用も手掛けているため企業との太いパイプがある
  • 履歴書の添削や、面接同行などトータルサポートが受けられる
rankno2

リクナビ薬剤師

企業求人数企業との
パイプ
サポート
体制
291
  • 大手人材会社のノウハウを活かした対応が強み
  • 非公開求人割合が75%と高く、好条件求人がそろう
  • 最短3日転職が可能なスピード対応
rankno3

薬キャリ

企業求人数企業との
パイプ
サポート
体制
70
  • エムスリーグループのパイプで、企業転職に有利
  • 主に電話のやりとりでストレスが少ない
  • ママ向け求人検索機能があるので女性にもおすすめ

※2020年4月時点ココファーマ調べ