投稿 更新日更新

転職で年収800万の薬剤師に!製薬会社の仕事内容と長所・短所6選

製薬会社勤務の薬剤師ってどんな業務をするんだろう。」 「経験がないとやっぱり転職は厳しいのかも」

製薬会社は魅力的な職場ですが、企業に勤めたことがない未経験の方は自分に入社が可能なのか不安に思うこともありますよね。

この記事では製薬会社の仕事内容や年収から製薬会社へ転職をする方法までをご紹介します。製薬会社で働くことに興味のある方はぜひ最後までお読みください。

この記事に書いてあること

企業転職におすすめの転職サイト!

求人数 転職サポート 登録

288

サポートが手厚い
公式
HPへ

2,501

提案力が高い
公式
HPへ

128

レスポンスが早い
公式
HPへ

※2020年12月時点ココファーマ調べ

※「-」はデータなし

1. 製薬会社で働く薬剤師の年収は高い

製薬会社で働く薬剤師は年収が高いと聞いたことがあるかもしれません。それは本当なのでしょうか。職場ごとに年収を見てみましょう。

職場
年収
企業 約720万円
病院 約450万円
調剤薬局 約500万円
ドラッグストア 約650万円

このように企業薬剤師は他の職場と比べて年収が高いようです。初任給は他の職場と変わりありませんが、経験を積んでいくとかなりの昇給が期待できます。

2.【職場別】製薬会社で働く薬剤師の仕事内容と平均年収

企業薬剤師と一口にいっても、その職種はさまざまです。職種ごとに仕事内容と平均年収を紹介するので、製薬会社で働くことのイメージを徐々に固めていきましょう。

【職種別平均年収表】(職種をクリックすると仕事内容が見れます。)

職種
平均年収
管理薬剤師 600~900万円
MR 500~1,000万円
研究開発職 500~1,000万円
治験 500~800万円
薬事 500~1,000万円
企業内診療所 400~500万円
学術/DI 400~800万円

※2021年11月時点ココファーマ調べ

1. 管理薬剤師

管理薬剤師とは、医薬品の販売や取り扱いが行われる場所での最高責任者のことです。

調剤業務をはじめ従業員や医薬品の管理、薬機法などの法令遵守など担当業務が多岐にわたるため、年収も高めで一般的には800万円くらいが多いようです。

2. MR(Medical Representative)

MRとは医薬情報担当者のことで、自社の医薬品の有効性や安全性などの医薬品情報を医師や薬局に提供し、自社の医薬品を売り込むいわゆる営業職です。

年収は外資系企業かそうでないかで大きく異なりますが、平均的には700万円程度です。ただ外資系の場合は年収1,000万円を超える方も多くいます。

3. 研究開発職

開発職の仕事内容は企業により大きく異なりますが、基本的には新薬を開発するのがメイン業務になります。

開発職の一般的な年収は約600万円ですが、大手企業で管理職クラスになると1,800万円程度になることもあります。

4. 治験

いわゆる治験コーディネーター(CRC)といわれる職種で、おもな仕事内容は被験者(患者)や医療機関の治験担当者へ説明などを行い、治験がスムーズに行われるよう調整することです。年収は一般的に700万円程度です。

また治験の中には臨床開発モニター(CRA)の業務も含まれており、正しく臨床試験が行われているかチェックする審査官の役割を担います。

5. 薬事

薬事のおもな仕事は、厚生労働省へ新薬の承認申請を行うために書類作成などを行うことです。ただ、新薬の承認申請はそこまで頻度がなく、ふだんは添付文書の作成や改訂がおもな業務内容である場合が多いです。

薬事の年収は400万円から800万円と幅があります。これは他業務を兼務して担当しているケースが多く、その仕事の内容によって年収も変わるためです。

6. 企業内診療所の薬剤師

企業内診療所とは、企業内にある従業員専用の医療施設のことです。求人も少なくマイナーな職種といえるでしょう。

業務内容は調剤業務、薬剤管理、健康管理のためのアドバイスなどがおもな業務内容になります。年収は雇用形態などにもよりますが、一般的には400万円から500万円ほどが多いようです。

7. 学術/DI(Drug Information)

製薬会社の学術業務は、MRへ薬学知識の研修を行うことや、MRでは対応しきれない医療現場からの薬に関する質問などに回答することです。

また、MRやCRAを兼任する場合もあります。一般的な年収は700万円前後です。

転職に不安はつきもの...
転職のプロにご相談ください

マイナビ薬剤師

選ばれている3つの理由

  1. 製薬企業の求人数がトップクラスで、CRO、SMO、MRなど幅広い職種に対応
  2. 新卒採用も手掛けているため、企業との太いパイプを構築
  3. 企業専任のエージェントから、転職相談から選考対策までトータルサポートが受けられる

マイナビ薬剤師
で無料登録する

3. 薬剤師が製薬会社で働くメリット・デメリットは?

職種ごとの製薬会社での年収や仕事内容はおわかりいただけたと思います。では、製薬会社で働くと、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

製薬会社で働くメリット

企業

1. 調剤以外の自分のやりたいことに没頭できる

薬剤師の仕事は必ずしも調剤だけではありません。「他の業務もやってみたい・挑戦してみたい」、そういった方にも企業薬剤師はおすすめです。患者さんと関わる調剤業務と異なり自分自身の仕事にひたすら没頭できるのは企業薬剤師ならではのメリットです。

  • 女性のアイコン

    女性(20代)

    薬剤師の知識を活かして営業職につきたいと思いMRに就職しました。

    就職してからは医療機関に訪問し、医師との対談を主にしており、その中で病院の医師から信頼を獲得し、提案した薬が採用されたときに最もやりがいを感じました
    またたくさんの医師やMRと関わることで人脈が広がったのも良かったです。

2. 福利厚生が充実している

製薬会社で働く最大のメリットは、何といっても福利厚生が充実していることでしょう。研修制度や女性にうれしい産休、育休などの制度もしっかりしています。また、ドラッグストアや調剤薬局勤務とは異なり、土日や大型連休などの長期休暇が取りやすいのもメリットです。

3. 年収が高い

年収の高さも製薬会社で働く大きなメリットです。開発職や研究職であれば転職直後から700万円以上の年収が得られる場合もありますし、MRや管理薬剤師であれば年収1,000万円超えも決して夢ではありません。企業薬剤師になれば年収アップが望めるといえるでしょう。また、大手製薬会社に勤められれば、給料だけでなく経営の安定感もあります。

4. スキルアップがしやすい

MRであればコミュニケーションスキルを伸ばせますし、開発職であれば学会に参加する機会も多いので、最先端の研究内容にふれることができます。薬剤師としてどんどんスキルアップしたい方にも製薬会社勤務はおすすめです。

有利な転職をしたい方は
転職のプロにご相談ください

リクナビ薬剤師

選ばれている3つの理由

  1. 全体の75%以上が非公開求人で好条件の求人が多い
  2. 大手人材会社リクルートが経営しているため大手企業などともパイプがある
  3. 短い転職期間で済むようにサポート体制が整っており、最短3日で転職できる

リクナビ薬剤師
の詳細を見る

製薬会社で働くデメリット

製薬会社は高年収で福利厚生が充実しているため非常に魅力的ですが、デメリットもいくつか存在します。

1. 転勤がある

製薬会社で働くデメリットの1つは転勤があることでしょう。

特にMRであれば2〜3年ほどのスパンで勤務先が変わる可能性があります。お子さんが学校に通われている場合は単身赴任も余儀なくされることもあるなど、人によっては大きなデメリットとなります。

開発職や研究職であったとしても、全国各地で開催される学会への参加、地方の支店や営業所に出向いての研修やMRと同行して医師との面談を行うなど、どうしても出張の機会は増えてしまうでしょう。

2. 定年退職をしなければならない

企業勤めならではのデメリットといえば定年退職があります。

調剤薬局では定年後、65歳以降であっても働き続けられる場合が多いですが、企業ではそうはいかず、たとえ再雇用されたとしても年収がガクッと下がってしまうケースが少なくありません。

待遇は企業によって異なりますが、仕事内容は現役時代と同じなのに年収が下がりすぎだとして、再雇用されても1年や2年で退職してしまうことも多いようです。

薬剤師の転職理由・転職成功の秘訣はこちら

4. 薬剤師が製薬会社に就職をする方法は?

ここまで記事を読んで、「製薬会社で働いてみたい」と思った方もいるのではないでしょうか? しかし製薬会社の求人は数が非常に少なく、転職難易度はかなり高いです。

製薬会社に転職するには2つのポイントを押さえる必要があるのです。

転職難易度の低い職種に就職する

募集している求人数が異なるため、職種によって転職の難易度が異なります。製薬会社で働きたい気持ちが強い場合は、難易度の低い職種を選ぶのも一つの手です。

職種ごとに難易度をまとめましたので、参考にしてみてください。

職種
難易度
研究開発職 ★★★★★
管理薬剤師 ★★★★☆
品質管理 ★★☆☆☆
薬事 ★★☆☆☆
企業内診療所 ★★★☆☆
治験 ★★★☆☆
学術/DI ★★☆☆☆
MR ★★★☆☆

企業の求人数が豊富な薬剤師転職サイトを利用する

製薬会社の求人は非公開のものが多いため、転職サイトへの登録は必須です。

転職サイトによって強みとしている職場が異なるため、製薬会社の求人が豊富な転職サイトを選ぶ必要があるのです。
ココファーマでは「製薬会社の求人数」「製薬会社とのパイプ」「サポート体制」の3つの軸で企業の就職に強みをもつ転職サイトをいくつかピックアップしました。1つずつ見ていきましょう。

rankno1

マイナビ薬剤師

企業求人数企業との
パイプ
サポート
体制
511
  • 製薬企業の求人が業界の中で最も多く、CRO、SMO、MRなど幅広い職種に対応
  • 新卒採用も手掛けているため企業との太いパイプがある
  • 履歴書の添削や、面接同行などトータルサポートが受けられる
rankno2

リクナビ薬剤師

企業求人数企業との
パイプ
サポート
体制
291
  • 大手人材会社のノウハウを活かした対応が強み
  • 非公開求人割合が75%と高く、好条件求人がそろう
  • 最短3日転職が可能なスピード対応
rankno3

薬キャリ

企業求人数企業との
パイプ
サポート
体制
70
  • エムスリーグループのパイプで、企業転職に有利
  • 主に電話のやりとりでストレスが少ない
  • ママ向け求人検索機能があるので女性にもおすすめ

※2021年11月時点ココファーマ調べ

【コラム1】 新卒薬剤師が製薬会社に就職するのに学歴は必須?

 
一部ネットの情報では、東大や京大、その他の旧帝大と言われるレベルの薬学部を卒業していないと製薬会社に就職できないとの情報があるようです。はたしてその情報は本当なのでしょうか。
結論として、ハイレベルな大学を卒業していなくても製薬会社には入れます。特にMR職は人間性やコミュニケーション能力など、学歴以外の力が採用に大きく影響してきます。
ただ求人数は少なく人気の職場であるので、もし製薬会社に興味があるなら、転職サイトに登録してプロのアドバイスを参考に戦略的なアプローチをする必要がありそうです。

マイナビ薬剤師で求人を紹介してもらう

【コラム2】 資格や経験があると転職・就職が有利になる場合がある?

職種によっては、あると入社試験時に有利になる可能性のある資格や経験があります。代表的なものを2つご紹介します。

  • TOEIC

TOEICは700点以上を推奨しているといわれています。それを超えていない場合は英語の勉強を始るとよいでしょう。

  • マネジメント経験

育成ができる人材がどの企業でも不足しており、入社時にマネジメント経験があると管理職人材として重宝される可能性が上がります。

製薬会社のまとめ

  • 製薬会社で勤務する薬剤師の年収は高い
  • 入社を考える場合、研究職や開発職、MRはハードルが高く、管理薬剤師や治験コーディネーターなどは比較的就職しやすい
  • 転職サイトをうまく活用するのがポイント

製薬会社で勤務する薬剤師の年収は高い

製薬会社での勤務は、年収も高く、新薬の開発や治験などに携わる機会があるなど、仕事へのやりがいも感じられる魅力的な職場として人気があります。

経験の有無と入社のハードル

入社を考える場合、自身の経験やスキルに応じた職場を選択する必要があります。研究職や開発職、MRはハードルが高く、管理薬剤師や治験コーディネーターなどは比較的就職しやすいといえるでしょう。

転職サイトをうまく活用するのがポイント

転職サイトは求人の情報提供だけではなく、面接対策や応募書類の作成などについてもプロならではのフォローをしてくれます。未経験で不安な方や細かな事情の相談をしたい方は転職サイトをうまく活用してみるとよいでしょう。

マイナビ薬剤師に無料登録してコンサルタントに相談する


提携サイト一覧

  • マイナビ薬剤師公式ロゴ
  • ファルマスタッフ公式ロゴ
  • 薬キャリ公式ロゴ
  • リクナビ薬剤師公式ロゴ
  • アプロ・ドットコム公式ロゴ
  • ファゲット公式ロゴ
  • ファーマキャリア公式ロゴ
  • 病院薬剤師ドットコム公式ロゴ
  • ファル・メイト公式ロゴ
  • ジョブデポ公式ロゴ
  • お仕事ラボ公式ロゴ