転職

2017.09.14

薬剤師の転職時期はいつがベスト?損をしない転職の実現方法を紹介

薬剤師の転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

詳細

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

詳細

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

詳細

「転職したいけど、タイミングをミスして損したくない…」
「転職にベストな時期っていつなんだろう?」

転職するとなると、どの時期に転職するのが一番いいのか気になるところですよね。

この記事では、損しない転職時期と最高の転職を実現するための方法を紹介していきます。

薬剤師の転職にベストな時期はある? 

ここ数年、調剤薬局やドラッグストアが市場を拡大しているため薬剤師の売り手市場がさらに拡大しています。そのため「この時期に転職したら誰もが損する」というのはありませんが、1~3月と、ボーナス直後の6月と12月で求人数が増えることは確かです。ここではこの求人が増える時期について詳しくご説明していきます。

1~3月は薬剤師の求人が多い

1月~3月は年間を通して最も求人数が多い時期です。そのためできるだけ多くの求人の中から自分に合うものを比較して求人を探したいという方は、1月~3月に転職活動を始めるのがオススメ。この時期は豊富な選択肢から求人を選びたいとい薬剤師と、人手が欲しい企業との需要と供給のバランスが成り立っているため、非常に転職しやすい時期だと言えます。

ボーナスが出た直後の6月と12月はお得に転職できる!

次に求人数が増える時期は6月と12月です。6月と12月といえば、どちらもボーナスが貰える時期ですよね。「ボーナスをもらってから転職しよう」と考える人は多いようです。

同様に考える人が一気にやめる時期が6月と12月なので、掲載される求人もその分増えます。月給制で働いている方はボーナスを貰った後に転職をすると、求人も多いのでよい転職先が見つかりやすいでしょう。企業側は退職した薬剤師の穴を埋めるために薬剤師の採用に積極的になっている時期です。薬剤師側からしたらボーナスも貰えて求人数も増えるので非常に転職に向いている時期だと言えます。

薬剤師が転職時期にこだわりすぎるのは危険

「一番いい時期を狙ってスムーズに転職したい」
おおくの薬剤師さんがそう思うのではないでしょうか。しかしだからといって転職時期にこだわりすぎるのは危険です。

ここまで紹介してきた転職時期は、求人数が多くなるタイミングではありますが、求人の条件が良くなるタイミングではありません。つまり必ずしも自分が転職したい条件の求人に出会えるとは限らないのです。

好条件の求人を見つけるには薬剤師転職エージェントを活用する

薬剤師転職エージェントを上手に活用すれば、転職時期を気にしなくても好条件の求人を探すことが可能になります。

皆さんの中には転職エージェントに登録したらすぐに転職しなければならないと思っていませんか?実はそんなことはなく、「いい求人が出たら転職する」ということも可能なのです。

担当してくれるコンサルタントに今すぐ転職する気はないこと事前に伝えておけば、あなたに合った求人が出た際にメールや電話で教えてくれます。毎回自分で求人をチェックをしなくても自分に合った求人を知ることができるので、とても効率的に転職活動を進めることができます。

また転職エージェントは求人サイトは掲載されていない「非公開求人」も保有しています。非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件の求人もあるため非公開にされています。転職エージェントに登録することで非公開求人もチェックできるようになりますので、ぜひ活用しましょう。

損しない転職を実現!おすすめ転職サイト

転職サイトにも多くの種類が存在し、サイトごとに特徴が大きく異なります。そのためどのような特徴があるのかを把握し、自分に合う転職サイトを選ぶことが大切です。

     

おすすめの転職サイト 求人数 面談方法 フォローの充実度
マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師 50,203 対面
  • 圧倒的な求人数を保有しているため、駅チカ家チカ要望に対応可能
  • 全国14か所に支店があり地方でも対面面談を実施
  • 履歴書の添削や面接同行・給与交渉などのトータルサポートに自信

登録はコチラ

ファルマスタッフ 48,391 対面
  • 年収600万円・時給4000円以上の高収入求人が毎日更新
  • 日本調剤グループのノウハウを生かした教育・研修制度が充実
  • 派遣求人が豊富

登録はコチラ

薬キャリ
20,502 電話
  • 即日最大10件の求人を紹介
  • コンサルタントと電話で話すだけのスムーズな転職が可能
  • 「産休・育休取得実績あり」などママ薬剤師向け求人検索が充実

登録はコチラ

※2018年10月現在。ココファーマ調べ。

【コラム】注意すべき薬剤師の転職時期とは?

ここまで転職時期はあまり気にしないほうがいいとお伝えしてきましたが、特定の薬剤師さんに限り、転職時期を意識したほうがいいケースもあるので、ご紹介します。

「求人が増える=ライバルも増える」ので転職に自信がない人は注意が必要

求人が増える1月~3月、6月と12月に転職すれば求人数が増えるので、よりスムーズな転職ができる確率が上がります。

しかしこれは逆に考えれば、多くの方が転職活動をする時期なので倍率が高くなる時期とも言えるんですね。転職回数がほかの人よりもかなり多い薬剤師の転職や新卒1年もたっていない薬剤師が転職するなど、訳あり転職の場合には、転職が難航してしまう可能性もあります。

未経験分野に転職するなら4~6月は要注意

たとえば、OTC専門で働いていた方が調剤薬局に転職したり、調剤をやっていた方が病院に転職したりといった未経験分野への転職を考えている方は、転職をするにあたって注意が必要です。

とくに4月~6月は未経験分野への転職は避けた方がよいでしょう。なぜならこの時期は新卒の入社や異動のタイミングとかぶってしまうため企業側がとても忙しい時期だからです。企業側が忙しいと転職してきた薬剤師の対応までなかなか手が回らず、十分な教育を受けられない可能性があります。

未経験で転職した場合は初めてのことだらけでわからない業務が盛りだくさんあります。そのような中で十分な教育を受けられないのは大きなデメリットです。そのため未経験分野での転職は時期に注意が必要だと言えます。


【一目でわかる】薬剤師の転職サイト比較表

おすすめの転職サイト 求人数 高収入 サポート
マイナビ薬剤師
  • 全国を網羅した圧倒的な求人数、駅チカ家チカ要望に対応
  • 全国14か所に支店があり地方でも対面面談を実施
  • 一人当たりの平均紹介求人20.2件でトップクラス

登録はコチラ

ファルマスタッフ
  • 時給4000円以上の高時給求人が毎日更新
  • 薬剤師向けの教育体制・研修制度が充実
  • 派遣求人が豊富

登録はコチラ

薬キャリ
  • 即日最大10件の求人を紹介
  • コンサルタントと電話で話すだけのスムーズな転職が可能
  • 「産休・育休取得実績あり」などママ薬剤師向け求人検索が充実

登録はコチラ

【おすすめ】薬剤師の転職サイトランキング

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

3位薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できる
  • 電話だけでスムーズに転職ができる

無料登録してコンサルタントに相談する