転職

2018.07.03

転職に失敗した薬剤師へ|もう後悔しない、転職を成功させるヒント

薬剤師の転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

詳細

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

詳細

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

詳細

「あれ、私ひょっとして転職に失敗した?」転職して間もないのに、そんな思いが頭をよぎった薬剤師のあなた。

しかし、失敗したという事実を受け入れたくない、そもそもこれは本当に失敗なのか…この記事では、そんなモヤモヤを吹き飛ばし、今後を前向きに考えるためのコツを紹介しています。

薬剤師も転職に失敗するんです!失敗談2選

転職先を探す時は、誰もが理想的な職場を求めるはず。年収、人間関係、待遇などなど…。

しかし実際は、理想的どころか「転職に失敗した!」という後悔してしまう薬剤師が多いようです。

では、薬剤師はどんな時に「転職に失敗した」と実感するのでしょうか?具体的にみていきましょう。

もっとも多い転職失敗の理由は労働環境と人間関係

薬剤師が「転職に失敗した」と感じる理由のほとんどは労働環境の悪さと人間関係だといわれています。

労働環境に関しては残業時間の長さ、休みが取れない、休日出勤が続いている、など厳しい労働環境に嫌気が差してしまった、というケースです。

そして、薬剤師と切っても切れないストレスの元「人間関係」。そもそも薬剤師は人間関係が悪化しやすい仕事です。一度亀裂が入った人間関係はなかなか元に戻りません。調剤薬局など狭い職場ではなおさらストレスが溜まるでしょう。思い当たるという薬剤師も多いはずです。

労働環境と人間関係で転職に失敗した実例を実際を紹介しましょう。

男性のアイコン

<労働環境で失敗したパターン>

前職で給与額に不満があったため、「昇給できる職場」を条件に転職先を探していました。そんなとき目についたのが「昇給は年に2回、ボーナスあり、そして成果次第では昇格もあり、店舗管理もまかせます」という条件の調剤薬局。

さらに本社勤務で役員付けまで可能、ということで、一気にテンションが上がり、応募したのです。

そして無事内定をもらえたのですが…。
昇給があることは事実なのですが、お小遣いにもならない低い昇給額で驚きました

さらに、休みが不定期でプライベートの約束も取りづらく、交友関係に支障が出てしまいました。
サービス残業も多く、店を閉めたあとも会計の集約や医薬品の在庫確認など雑務が残るので、毎日のように遅くまで残業しなければなりません

「あれ、ひょっとして転職に失敗した??」と気づいたときには後の祭り。

求人の甘い言葉にまどわされず、条件について細かく確認しておくべきでした…。

男性のアイコン

<人間関係で失敗したパターン>

病院を退職し、大手の調剤薬局に転職しました。入社してすぐに管理職としてスタッフマネジメントを担当し、やりがいのある日々を送っていたのですが…。

唯一ストレスの原因になっていたのが「No2の地位にいる女性薬剤師」です。ことあるごとに私の行動に口を出し、最終的には私に関するウソの噂を社内に流す始末。そのせいで私の周りから人が離れていきました。

職場選びでは人間関係を重視していたので、求人情報の「人間関係が良い」という言葉にひかれたのですが…。やはり人間関係や社内の風通しは入社してみないとわからないものです。

あとでわかったことですが、本来ならばNo2の彼女が私の役職に就く予定だったようです。

正直、今となっては転職を後悔しています。長時間を過ごす職場の人間関係はとても重要ですね。

解説&アドバイス

2つの体験談に共通する点は「求人情報に書かれた情報を鵜呑みにしてしまった」ことです。

残念ながら、求人情報には企業側に都合の良い情報しか書かれていません。「人間関係が最悪な職場です」などと書かれているわけがありませんよね。

薬剤師の転職失敗談をもっと見たい方はコチラ

コツとしては、自分がどんな働き方をしたいのか、どれくらいの年収を目指していてるのか、など自分なりの軸を持ち企業側との面接や交渉にあたることです。

転職エージェントやキャリアコンサルタントはそのような交渉のお手伝いをしてくれる存在ですが、まずは自分自身が目標とするビジョンを明確に持っておくことがポイントです

また企業側の選考がある程度進み、交渉の段階に入ったタイミングで「過去、このようなケースに遭遇したのですが、こちらの職場はいかがでしょうか?」と確認してみるのも有効でしょう。相手とイメージの共有がしやすくなります。

次こそ失敗しない転職を!薬剤師が知るべきコツ2つ

失敗談を読んで共感できるという方も多かったのではないでしょうか。「やっぱり今回の転職は失敗だったなぁ…」と肩を落としている方は、まず気持ちを切り替えましょう。

ようは「次に失敗しなければ良い」のです。過去の失敗を教訓にして、積極的に次の転職成功に目を向けるべきです。そのために忘れてはならない2つのコツを紹介します。

1)転職前に自分の希望を明確に伝えること

まずは、「この先どんな仕事をしてどんな生活をしたいか」について具体的にイメージしてみましょう。

可能であれば、なぜそれをやりたいか、理想の先にある実現したいことまで掘り下げるのがベストです。そうすれば面接でももスムーズに言葉が出てきます。

このイメージがぼんやりしていると、理想の職場からは遠のいてしまいます。

たとえば休みが気になる方は、「土日祝日完全お休み」がいいのか「週休二日制で平日や土日などランダムに休める」方がいいのか、しっかり設定しておくことで求人も選びやすくなります。

家族のある方は特にこだわりたいポイントですよね。

イメージ例

・休みはどういった形で取りたいか
⇒土日休みたい、シフト制でランダムに休みたい等

・収入はいくら欲しいか
⇒なにがなんでも高収入、特にこだわらない等

・どこで働くか
⇒絶対に調剤をやりたい、病院に挑戦したい等

あくまでも転職は手段です。転職であなたが手に入れるのは理想的な生活なのです。

そのためには、自分の理想を可視化していつでも説明できるようにしておきましょう。

2)転職先の実情を把握し、入社前後の情報ギャップをなくす

入社してみたらイメージと全く違っていた、待遇も人間関係も最悪だった…。これは転職失敗でもっとも多くみられるパターンです。

それを避けるためには、可能な限りその職場について調査することです。

友人や先輩、後輩などからの情報収集、希望する職場の経営層やスタッフが発信しているブログ、大手であればインタビュー記事など探せば色々あるものです。

特に、人間関係で失敗したと感じている薬剤師は念入りに調べましょう。

希望する企業が重大な人間関係の問題を抱えていたとしても、入社してしまったら手遅れです。我慢するか次の転職先をまた探すかの二択しかありません。

そんな事態を避けるには「転職”前”に職場の内部情報をどれだけ得られるか」がすべてなのです。

自分自身での調査が難しいという方は、薬剤師専門の転職エージェントをうまく活用しましょう。

その企業を過去に辞めた薬剤師の退職理由、今回の採用が欠員補充なのか増員なのかなどの情報収集をしてくれますし、入社前後のギャップは大幅に減らせるでしょう。

コラム:転職回数の多さはハードルになる?

一般的に、転職回数が多いと企業側に悪いイメージを与えるといわれています。

しかし薬剤師の場合、2〜3回程度の転職回数はハードルにはなりません。そもそも薬剤師は転職が多い職種であり、企業側も薬剤師不足に苦しんでいるという背景があるからです。

特に調剤経験がある薬剤師なら、たとえ前職を3ヶ月で辞めたとしても内定をもらえる可能性が高いです。

一方で調剤経験がない場合は、30代を過ぎてからの短いスパンでの転職は少しずつハードルが上がっていくでしょう。

また、職場によって転職回数の捉え方は異なります。製薬メーカーなどは特に厳しく、一回の転職回数しか許容しない企業もあるようです。

これ以上転職回数を増やさないためにも、「次の転職を最後にする」という気持ちで転職活動に臨みましょう!

転職の成功は転職サイト選びから!おすすめ転職サイト3選

ここまで、薬剤師が転職に失敗しないための方法を紹介してきました。しかし「企業の事前調査は難しいな…」「自分の希望や優先順位が見えない」と感じている薬剤師も多いはず。

そんな方は転職サイトを使ってみてはいかがでしょうか。

薬剤師転職のプロであるコンサルタントが、気になる企業の人間関係や雰囲気などを事前調査してくれますし、あらゆる相談に乗ってくれます。

さらに、膨大な数の求人からあなたにピッタリの職場を紹介してくれるでしょう。

上手に活用して理想の転職を成功させたいですね。安心して活用できる大手の転職サイトを紹介します。

 

1)マイナビ薬剤師

マイナビの強みは「圧倒的な現場の情報収集力と丁寧なサポート」です。

マイナビは掲載企業の職場に実際に訪問し、働いている薬剤師や経営者にインタビューを実施しています。それらの情報は「職場ナビ」というコンテンツに集約され、転職前に職場の実情を把握できます。

またマイナビ薬剤師は全国14か所に営業所があるので、地方の薬剤師でも悩みをコンサルタントに「直接」相談できます。熱心に耳を傾け、あなたの要望にあった企業を紹介してくれるでしょう。

面談同行サービスも実施しているので、転職初心者でも安心して利用できます。

無料登録はコチラ

2)ファルマスタッフ

ファルマスタッフの強みは「派遣求人数の豊富さと教育体制の手厚さ」です。

ファルマスタッフは派遣のほかに紹介予定派遣という求人を取り扱っています。紹介予定派遣とは、正社員雇用を前提として6か月間派遣で働く雇用形態のことです。

つまり、6か月間お試しで働いてみて「ここなら大丈夫そうだ」と感じたら正社員として雇用されるという仕組みです。「いきなり正社員として働くのはリスクが高い…」と悩む薬剤師は、紹介予定派遣も検討してみましょう。

無料登録はコチラ

3)薬キャリ

薬キャリの強みは「対応スピードの早さと条件交渉力の高さ」です。

薬キャリは親会社がエムスリーであるため、医療業界とのパイプがあり、「ワガママすぎるかな?」というような希望でも、理想に近い職場を紹介できます。

優秀な薬剤師を数多く紹介してきた実績があるため、企業からも厚い信頼を獲得しています。だからこそスムーズな条件交渉が可能になっています。

「たくさん希望があるけど、こんな欲張っていいのかな…」と悩み、妥協を考えているならまずは薬キャリに相談してみましょう。

無料登録はコチラ

これらの転職サイトであれば、転職に失敗する可能性は格段に減らせるでしょう。「次こそ理想の職場を見つけたい!」と考えるのであれば、転職サイトのコンサルタントが強い味方になってくれるでしょう。


【一目でわかる】薬剤師の転職サイト比較表

おすすめの転職サイト 求人数 高収入 サポート
マイナビ薬剤師
  • 全国を網羅した圧倒的な求人数、駅チカ家チカ要望に対応
  • 全国14か所に支店があり地方でも対面面談を実施
  • 一人当たりの平均紹介求人20.2件でトップクラス

登録はコチラ

ファルマスタッフ
  • 時給4000円以上の高時給求人が毎日更新
  • 薬剤師向けの教育体制・研修制度が充実
  • 派遣求人が豊富

登録はコチラ

薬キャリ
  • 即日最大10件の求人を紹介
  • コンサルタントと電話で話すだけのスムーズな転職が可能
  • 「産休・育休取得実績あり」などママ薬剤師向け求人検索が充実

登録はコチラ

【おすすめ】薬剤師の転職サイトランキング

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

3位薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できる
  • 電話だけでスムーズに転職ができる

無料登録してコンサルタントに相談する