転職

2017.10.11

薬剤師が地方で働けば年収200万円アップ?高給の裏に隠された秘密

薬剤師の転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

詳細

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

詳細

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

詳細

地方の薬剤師は都心よりも年収が高いという話を聞いて「本当かな」「裏があるのではないか」と思っていらっしゃる方も多いと思います。この記事ではそんな地方薬剤師の実態を薬剤師の実体験をもとに解説していきます。

地方勤務の薬剤師の年収は高かった!地方給与の相場

「地方薬剤師は給料が高い。」その噂は本当なのでしょうか?主要都市と地方の年収を比べてみましょう。

主要都市と地方都市の平均年収比較表

下記に「東京都・大阪府・愛知県」の薬剤師の平均年収と、「福岡県・秋田県・群馬県」を比べた表をご用意しました。

主要都市 平均年収 地方都市 平均年収
東京都 522万円 福岡県 658万円
大阪府 495万円 秋田県 651万円
愛知県 478万円 群馬県 673万円

*厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」より

もちろん必ず入社初年度からこのような年収が保証されているという事ではないですが、いわゆる主要都市と呼ばれる3エリアの年収より、地方エリアの年収の方が約200万近く多いのです。また、一般的に主要都市より地方エリアの方が生活にかかる物価が安価だということもあり生活水準を高いまま維持しやすいと言われています。

ちなみに全国の薬剤師の年収分布は下記のイラストの通りです。

地方薬剤師の求人紹介

実際に地方の求人をいくつか紹介します。

岐阜県各務原市の求人

宮崎県西臼杵郡の求人

このように600万円を超える求人が簡単に見つかります。では次の項目で、なぜこのように地方の薬剤師の年収が高いのかについて解説致します。

地方薬剤師の年収が高い2つの理由

「地方薬剤師は人手不足が故に激務で満足に休みが取れない」「首都圏のように魅力ある企業が少ない」という声を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。確かに地方で働く薬剤師の年収が、首都圏の薬剤師の年収より高いのはにわかに信じがたい事実であるということは否めないですよね。でも実際の事情は違うようです。地方薬剤師の年収が高い理由を説明します。

1.地方は単純に薬剤師の数が不足している

首都圏と地方の人口を比べても、明らかに地方は人材が不足しているということは多くの方が容易に想像できるのはないでしょうか。その現状は薬剤師の市場でも言える事で、基本的に地方は人材不足の状況です。しかしだからといってどの職場も激務かというと必ずしもそうではないようです。そのカギは、薬剤師の働く職場にあります。

例えば、薬剤師の職場として代表的な病院勤務場合高度なスキルや知識を持つ人材を求める傾向も強いため、地方ではかなり忙しい職場が多数存在します。病院によっては、夜勤や残業休日出勤もこなす必要があるなどややハードな印象です。

それに比べると、調剤薬局やドラックストアに勤務する薬剤師は来店されたお客様のカウンセリングや商品選びのサポートなどが中心で、勤務時間中もさほど忙しいというケースも少なくないといいます。その他薬剤師の職場としてよくあるドラックストアも調剤薬局と同じような状況のところが多いと言われています。

2.地方の病院や薬局は売り上げが良い

地方では都心よりも病院や薬局と患者の結びつきが強いという特徴があります。そのため人気の専門医に患者が集中するというケースがあります。そうすると必然的に門前である薬局の売り上げも良くなり、給与に還元されるという流れとなります。

実際に地方に転職した薬剤師の体験談

ここで実際に都市部から地方に転職した人の体験談を見てみましょう。

男性のアイコン60代男性

離婚がきっかけで地方に転職しました

離婚がきっかけで自分の収入だけで子供を育てる必要があり、高収入を目的にかなり僻地に転職しました。最初は田舎というイメージがあったのですが、収入が増やすという目的を果たしたうえ、都市部よりも患者さんとの関わりが増え薬剤師としてのやりがいにより感じることができました。正直生活の変化に戸惑うときもありますが、総合的に成功だったかなと感じています。

このように行ってみると給料以外のメリットも見つけてやりがいを感じながら仕事をする方もいらっしゃいます。

地方で働くか迷っている薬剤師さんへの4つのアドバイス

これまでで地方で働くと収入が高くなることはお分かりいただけたと思います。しかしそうはいってもやはり見ず知らずの土地で働くのは不安ですよね。特に現在都市部に住んでいる方は生活の変化やなじめないのではないかなど迷う方も多いでしょう。そこで薬剤師が地方勤務を検討する際のアドバイスを紹介します。

地方にいきなり転職する前に派遣薬剤師として働いてみる

いきなり引っ越しまでするのは怖いという方はまず派遣として都市部から通勤する形で働き、収入を確保するという方もいらっしゃいます。都市部からそこまで離れていない地域なら派遣という働き方も十分可能です。そこで地方勤務をお試ししてみて、よかったら実際に転職という流れでもいいでしょう。

薬剤師が地方に転職するなら、出身地や学生時代にいた場所、よく遊びに行っていた場所など自分と縁のある土地を選ぶ

転職は大きく環境が変わり、知らず知らずのうちにストレスをかかえてしまっているものです。その上全く知らない土地での転職となるとその心身の負担は相当なものになると予想できます。そのため、出来るだけ転職先を選ぶ地方には自分にゆかりのある場所を選ぶ方が安心です。

キャリアアップを希望する場合は、社内営業が暗黙の了解として存在している企業も多いのが地方です。そのような場合も実家があったり学生時代の縁がある場所の方が何かと便利だと言えます。

そのエリアで楽しめる趣味がある

毎日職場と自宅の往復の生活では味気ないものです。特に引越しを伴う転職ではこれまでの友人とも疎遠となってしまう事も考えられますので、何か趣味を見つけておけば新天地でも仲間や友達を作るのもスムーズです。地方でもランニングやウォーキング、登山、ヨガ、サップなどのコミュニティがありSNSを通じてオフ会を開催することも増えています。身体を動かすのが苦手であれば、カフェ巡りや日本酒ワインなど食を通じたコミュニティなどもありますので興味があるものは事前にフォローして、タイミングが合えば集まりに参加しても良いでしょう。

地方で働くかどうか薬剤師転職エージェントに相談してみる

転職エージェントは毎年何人もの薬剤師の転職をサポートしているプロなので、あなたが本当に地方に行くべきなのか行くべきでないかの相談に無料で乗ってもらうことができます。大手の転職エージェントなら相談に乗ってもらえるほかにも、その土地の特徴や給料相場などの情報収集、待遇などの条件交渉もコンサルタントに代行して行ってもらえます。地方で働くことで迷っていらっしゃる方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

3位スピード対応なら薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できるのは薬キャリだけ
  • 電話だけでスムーズに転職ができる

無料登録してコンサルタントに相談する

【都市VS地方】勤務地別薬剤師のメリットデメリットまとめ

地方で働く選択、首都圏で働く選択で悩んでいる方も多いかもしれませんが、それぞれにはメリットもあればデメリットもあります。また地域や職場との相性もあるので一概にどちがが良いということは言えません。本来であれば、ご自身で両方を体感してみて決めるのが一番良いですがそれもあまり現実的ではありませんので、ここからは地方薬剤師として働いてみたい方が知っておいてほしい情報をお届けします。

年収は高くて物価は低い!経済的観点から見た地方のよさ

何といっても地方薬剤師のメリットは、年収が高いわりに首都圏と比べて物価が安いため経済的に豊かな生活が送れることだと言えます。

一生懸命働いても生活水準の高いエリアに暮らしていると、家賃や毎月の固定費が多くかかってしまい自由に使えるお金や貯蓄に回すお金が少なくなってしまいます。

幸い近年では物流網が発達しているので、地方であってもネット通販で購入した商品は数日内に届きますし、場所によっては公共の交通機関が十分整っているので地方でも快適に働くことができます。また地方の物価は主要都市に比べると安いですし、仕事さえあれば人とのつながりも深いので子育てなど思い描いた理想の生活ができるかもしれません。

地方勤務と都市部勤務のメリット・デメリット(経済面以外)

メリット デメリット
地方 ・患者さんとのコミュニケーションがたくさんとれる
・在宅の仕事に携われるチャンスが格段に増える
・余裕をもって仕事ができる
・住宅が大きい、道が広い
・穏やかな生活ができる
・食べ物がおいしい
・四季を感じる機会が多い
・レジャーや温泉などの施設がある
<>最新の知識を得づらい
・キャリアアップには不向き
・職場が少ない
・車が不可欠
・活気のなさ
・遊ぶところが少ない
・家族の学校や職場の選択肢が少ない
・保守的な人が多い
都市部 ・職場がたくさんある
・最新の知識が入りやすい
・夜遅くまで営業する店が多い
・遊ぶところが多い
・買い物に困らない
・受験に有利
・近所・親戚付き合いがない
・多くの分野のトップが集まる
・職場の競争が激しい
・仕事のストレスが貯まりやすい
・残業をすることが多い
・土地が狭い
・近所・親戚付き合いがない
・人が多く混雑することが多い
・空気が良くない
・静かな環境が少ない
・自然が少ない

首都圏で働く薬剤師と地方で働く薬剤師のメリット、デメリットを表にまとめました。
薬剤師の仕事面を言えば、人手不足の地方にはチャンスが沢山あります。特に在宅医療の分野は発展途上の状態ですから、自ら手を上げればチャンスが巡ってくる可能性は大いにあります。それ以外にも、患者さん一人ひとりとじっくり向き合うこともしやすいので人間同士が膝を突き合わせて関わり合いを持つことを希望している方にはぴったりです。

反対にデメリットとなり得ることは、最新の情報は自分から取りに行かないと獲得が難しい点が挙げられます。世間のトレンドすらも、地方には主要都市から数年遅れてくると言われていますので、自らアンテナを張って日々情報をキャッチしようとしていないとすぐに時代に取り残されてしまいます。しかし最近は、スマートフォンやインターネットの発達でいつでも気軽に情報が取得できます。また求人数を心配している方も多いかもしれませんが、エリアによっては首都圏程の数はないものの薬剤師不足ということもあり、選ばなければまず仕事はあります。多少条件があってもスキルややる気が伴ってれば夢が実現する可能性は高いでしょう。


【おすすめ】薬剤師の転職サイトランキング

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

3位薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できる
  • 電話だけでスムーズに転職ができる

無料登録してコンサルタントに相談する