地域名:埼玉

2017.02.05

求人探しは長期戦!?さいたま市中央区で薬剤師が転職する最短の方法

「転職したい」と思っても、大量の情報が溢れる求人サイトから自力で理想の職場を見つけようとすると、とても長い時間がかかってしまいます。

ここではさいたま市中央区で転職を考えている薬剤師さんが、手早く簡単に就職先を見つけられる方法を教えます。

さいたま市中央区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、さいたま市中央区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

さいたま市中央区のエリアの特徴

埼玉県さいたま市中央区の交通アクセスはJR東日本埼京線、京浜東北線が乗り入れていて、区内でもっとも乗車人数が多い駅は「南与野駅」ですが、中心としては「さいたま新都心駅」となる場合が多いです。電車以外にもバスが運行していて、区内のあちこちをめぐっていて移動手段の多さが特徴になっています。薬剤師の求人を探すなら駅チカがおすすめで通勤しやすく、さまざまな面で利便性が良くなります。マイカー通勤ができるところもあり、国道や首都高速埼玉新都心線などが整備されて、区外からも通いやすいです。

駅前にはショッピングモールが建っており、ファッションや飲食店のテナントが多く入っていて、仕事終わりにショッピングや食事を楽しむことができます。

さいたま市中央区の薬剤師の年収

埼玉県で転職後の薬剤師の平均年収は20代が450万円、40代が540万円となっていますが、これらの数字の中には正規雇用だけではなく、バイトやパート、契約社員等の非正規雇用も含まれていて実際のところは数値にばらつきがある可能性があります。詳しくは転職専用サイトで問い合わせてみてください。そしてさいたま市中央区の場合、調剤薬局の場合は500万円から650万円で、経験によって考慮されます。

県内全体で見た場合、大都市であるさいたま市や川越市、熊谷市といった大都市の方が収入が高額の傾向にあります。福利厚生が安定していて、週休二日制を導入しているところも多く、調剤薬局から病院、ドラッグストアと職場先も多く好みで求人先を選ぶことが可能です。

→埼玉県さいたま市中央区の高時給求人を薬キャリで見てみる

さいたま市中央区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

人口約99、500人のさいたま市中央区は、少しづつ人口が増加傾向にある地区です。

大規模な病院から個人病院までの多くの医療機関があり、病院と連携した処方薬を提供する調剤薬局や大型ドラッグストアも点在しています。

薬剤師の正社員やパートの求人募集をしている店舗も多く、埼玉県内に数店店舗展開しているドラッグセイムスとさいたま市中央区内の調剤薬局と福利厚生を比べると、社会保険の完備については同様に充実しています。

自分自身のこれからのスキルアップ面を考慮すると、社内研修や資格取得のサポート、海外研修などを福利厚生に取り入れている大手のドラッグストアの方が優れているようです。

また、産休や育児休暇制度を多く見受けられるため、これから出産予定のある方には転職し易いでしょう。

→埼玉県さいたま市中央区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

さいたま市中央区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

さいたま市の総人口約1,281,000人のうち約99,400人がさいたま市中央区に在籍し15歳から64歳までの年齢層が多い地域です。

この地域には、個人病院をはじめとする医療機関も整っているため、調剤薬局や調剤とドラッグストアを併設したチェーン展開している大手ドラッグストアも点在しています。

そのため、薬剤師のニーズも高く求人募集も多数あります。

埼玉県内に数軒の店舗を構えるドラッグセイムスと一般的な調剤薬局の業務内容を比較してみると、ドラッグセイムスでは病院からの処方箋にもとづく調剤のほかにもOTC医薬品を取り扱っているためそのOTC販売のための知識やコミュニケーション能力が必要となります。

調剤薬局では、OTC販売を直接薬剤師が行なうことがなく、接客をする場合には服薬方法程度のため薬剤師の仕事に専念できるようです。

さいたま市中央区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

さいたま市中央区は埼玉県さいたま市の中央部西に位置し、さいたま市10区の中ではその面積が最も小さい区です。人口は約99,000人です。全国で13番目の政令指定都市となっており人気の高い都市です。各調剤薬局はかなり積極的に薬剤師求人を行っているようです。その中でも薬剤師求人は正社員が多い傾向で採用しているようです。各調剤薬局は9時~18時、19時、20時まで開局していますが夜間は開いていません。薬剤師の勤務時間は各調剤薬局の営業時間内となっています。実働8時間、週40時間勤務が平均的なようです。大手ドラッグストア「ドラッグセイムス」の店舗数は他市町村より少なく、営業時間は9時~21時45分までとなっています。

さいたま市中央区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄