地域名:沖縄

2017.02.07

薬剤師が中頭郡の求人を探す際に陥りがちな罠|賢い転職方法は〇〇

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは中頭郡で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

中頭郡で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、中頭郡でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

中頭郡のエリアの特徴

人口約15万人の沖縄県中頭郡は、3町(嘉手納町・北谷町・西原町)3村(読谷村・北中城村・中城村)からなり、人口増加は著しく薬剤師の需要が高い地域です。

中頭郡内で最も人口が多い自治体は約4万人の読谷村、読谷村は沖縄県第2の都市である沖縄市など3つの自治体に隣接、読谷村での移動は主に車もしくはバスが中心になります。

読谷村の主要道は、鹿児島県鹿児島市から沖縄県那覇市へ至る国道58号、沖縄の大動脈と称される国道58号を使うと那覇市や名護市から通勤することも容易です。

読谷村など中頭郡内で薬剤師の求人をしている企業には、県庁所在地の那覇市などで事業展開しているチェーン系の薬局もあり、本土や那覇市と遜色ない待遇(交通費など)で働くことができ、地理的に格差を感じることはありません。

中頭郡の薬剤師の年収

沖縄県における薬剤師の平均年収は、20代で約450万円、子育て世代の40代で570万円、40代での平均年収は鹿児島県より100万円ほど高く、反面、30代や50代では鹿児島の方が高くなります。中頭郡の読谷村で薬剤師の求人を出している企業の平均収入は約479万円、全国平均から1.9%低いですが、家賃などを考慮すると中頭郡での薬剤師は恵まれた労働条件にあると言えます。

那覇市や沖縄市に行かなくても中頭郡内で十分な医療が受けられる環境が整い、総合病院でも院外処方を行ってます。アルバイトで働く場合も那覇市や本土と時給に大差はなく1700円から2500円ほど、正社員採用となれば産休育児休業や介護休業などの休暇があり、賞与も年2回支給されます。

→沖縄県中頭郡の高時給求人を薬キャリで見てみる

中頭郡の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

沖縄県中頭郡は、読谷村・嘉手納町・北中城村などの3町3村からなる郡で、15万人超の人が生活しています。

中頭郡では調剤薬局と病院で薬剤師の求人が見受けられます。福利厚生に関しては、労災・雇用・健康保険等の社会保険はもちろんのこと、65歳までの再雇用制度や育児短時間勤務、指定エリアや店舗の場合に適応される社宅制度などが見受けられます。週40時間以内であれば、Wワークが可能な職場が存在してます。一方でマツモトキヨシにおける福利厚生は、薬剤師賠償責任保険や新卒薬剤師借上げ住宅(自己負担1万円)、共済保険などが挙げられます。その他に支援制度として、再雇用ライセンス制度や在宅勤務制度なども整備してあります。

→沖縄県中頭郡の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

中頭郡の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

沖縄県中頭郡は人口15万人が住み、観光業で賑わう中規模の地域です。

薬剤師としてこの地で働くなら、それなりに忙しく仕事ができる体力が求められるでしょう。転職等を検討中の方は、求人情報をチェックし、タイミングを逃さないようにしたいところです。

処方せん調剤を主に扱う地元の調剤薬局と比較して、マツモトキヨシのような大手のドラッグストアに関しては、薬剤師といえどもお店の販売スタッフの色が濃くなりますので、勤務する際には親切で丁寧な接客を意識した方がよいでしょう。

地元の調剤薬局、大手のドラッグストアと、どちらで働くにしても、共通している点は、患者の不安をなるべく取り除くような丁寧な指導や説明にあると言えます。

中頭郡の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

マツモトキヨシと沖縄県中頭郡の薬剤師の求人情報の勤務時間を比較したところマツモトキヨシは明確な勤務時間を定めていないという特徴があります。店舗によって開店時間が9時だったり10時だったりするため、明確な勤務時間は決めておらず店舗に応じた変形労働時間を採用しているためです。労働の開始と終了は変形しますが労働時間は原則8時間として休憩は1時間にして、残業は店舗の状況次第で発生することがあります。

これに対して沖縄県中頭郡の薬剤師の勤務時間は固定になっているのが特徴です。勤務時間は月曜日から金曜日までが9:00~18:00で休憩時間が1時間あります。土曜日は9:00~12:30となっており、休憩時間はありません。

中頭郡 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄