地域名:神奈川

2017.02.03

【裏技】伊勢原市の薬剤師が転職で求人検索のムダを減らす1つの方法

「転職したい!」と思っても、転職サイトには求人情報が大量に溢れていて、希望の職場を探すまでには莫大な時間と労力がかかってしまいます。

ここでは伊勢原市で転職を考える薬剤師さんが、ムダなくスムーズに就職先を見つけるための方法をお教えします。

伊勢原市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、伊勢原市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

伊勢原市のエリアの特徴

神奈川県伊勢原市は県のほぼ中央に位置していて、現在は東京郊外のベッドタウンとしての面が強いのが特徴です。交通に関しては小田急電鉄と大山観光電鉄が乗り入れ、路線バスも走っています。また道路整備に力を注いでいて、一般国道や都道府県道をはじめ、市内にある東名高速道路厚木インターチェンジの他に新東名高速道路厚木南インターチェンジの計画があり、流通拠点を増やしています。そのため電車やバス、車での交通アクセスが良く、市街地からも通いやすく、薬剤師の求人を探している場合も駅近くやマイカー通勤可能の場合、通勤が楽です。

中心駅である伊勢原駅前には大型のスーパーマーケットがあり、仕事終わりに食品の買い出しができます。飲食店も多く、お茶や食事をすることも可能です。

伊勢原市の薬剤師の年収

神奈川県で働いている薬剤師の平均的な年収をチェックすると、20代が450万円、40代が540万円です。意外と低く感じられるかもしれませんが、この数値にはパートや契約社員といった非正規雇用者も含まれて、それらを除いた値が知りたい場合は転職専門サイトの方に問い合わせてみてください。

ケースとして伊勢原市の調剤薬局の転職求人情報を見ると、正社員の年収は360万円から650万円となります。パートの時給2000円から、通勤手当も上限が5万円、在宅手当も8000円から2万となります。これらを含めて収入が上下しますから、自らのキャリアや資格の有無などで変わってくるのです。ブランク可能なところも多く、募集しやすい環境になります。

→神奈川県伊勢原市の高時給求人を薬キャリで見てみる

伊勢原市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

神奈川県のほぼ中央部に位置する伊勢原市は、人口10万1千人を数える首都近郊都市です。高齢人口率は24.20パーセントと全国平均を大きく下回っており、過去5年間の人口増加率も100.5パーセントとほぼ横ばいです。地方の過疎化が問題となる中で、伊勢原市は今後も発展の見込みのある地域です。そのため薬剤師をはじめ求人情報も豊富にあります。地元大手のマツモトキヨシを例に挙げれば、各種社会保険完備など福利厚生面が充実しており、その他にも買物割引制度や新卒薬剤師借上住宅制度など嬉しい条件が揃っています。大手のドラッグストアでなくても、地元の調剤薬局や病院などで求人がり、福利厚生も有給制度や育児休暇制度など基本的な条件は満たしています。

→神奈川県伊勢原市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

伊勢原市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

神奈川の伊勢原市の人口は約10万人で、日本の市区町村814の中では284位の人口順位となっています。医療機関については伊勢原市内の一般病院数は3ヶ所で480位で、一般診療所の数は60ヶ所で336位となっていて若干医療機関の施設が不足気味の傾向です。ただし、大学病院など大きな病院が多数あるため、医師の数は多く人口1万人あたりの医師数は61.67人と15位となっています。

未だ宅地化の進むこのエリアは人口も増加の傾向で、初診の患者さんが訪れることもあるため、薬剤師は通常の調剤業務に加えて、服薬指導などの業務にも時間を割くことが多いでしょう。

この地域で求人を行なっているマツモトキヨシでは、主にドラッグストア事業を展開していて直接お客様を接客するための薬剤に関する知識とコミュニケーション能力が求められています。

伊勢原市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

神奈川県の伊勢原市とは、東京都から50km、横浜からは45kmの位置にある代表的な首都近郊都市のひとつです。総人口101039人のうち、63.02パーセントもの人が生産者人口です。その生産者人口の高さから、大手に負けない魅力的な薬剤師の求人がたくさんあります。

例えば、正社員の調剤薬局勤務の求人には、週休2日制、夏季休暇3日、年末年始6日、平日18時、土曜日15時までという好条件も見られます。

マツモトキヨシが原則実働8時間で休憩60分の変形労働時間制、年間休日116日であることを考えると、伊勢原市の薬剤師もかなりの好条件です。

その上で、駅から徒歩4分であったり、車通勤が可能など、自分に合った条件を検討してみて下さい。

伊勢原市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄