地域名:北海道

2017.02.01

薬剤師が余市郡の求人を探す際に陥りがちな罠|賢い転職方法は〇〇

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは余市郡で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

余市郡で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、余市郡でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

余市郡のエリアの特徴

余市郡は北海道後志総合振興局管内で、余市町・仁木町・赤井川村がエリアになります。小樽市から沿岸の国道5号線を20分ほど車で走ると余市町に入ります。また、小樽から山岳の国道393号コースで毛無山の峠を越えると赤井川村です。余市町は日本海に面していますが、後の2町は内陸地になります。余市郡はリンゴを代表とする果樹園が多い町で、道道956号はフルーツ街道と言われています。

JR函館本線が通っており、余市駅で下車し5分ほど歩くとニッカウヰスキーの工場があります。仁木町には仁木駅の他に2駅停まるほど広大な農園地で、国道5号線も通っており沿道では果樹園の店がたくさん並んでいます。赤井川村はリゾート施設キロロがあるので、冬はスキー客で賑やかになります。余市郡で人口が集まっているのは余市町のため、薬剤師求人は余市町がメーンになります。

余市郡の薬剤師の年収

余市郡余市町で薬剤師正社員の求人があります。JR函館本線余市駅から徒歩6分の調剤薬局です。町の中心市街地でニッカウヰスキー工場がある好立地になります。給与の条件は、月給26万7,000円から相談に応じております。

北海道の薬剤師転職時における平均年収は、データで20代479万円、30代で572万円、40代で594万円になっています。求人欄に記載されている月給26万7,000円を元に計算すると320万円プラス夏冬の賞与が加わります。詳しい数字はボーナスが年に何か月分かを面接時に聞いていただくと最低の年収が分かります。いずれにしても、年齢・経験・能力を考慮して月給が決まりますので、北海道の年収データを参考にして賃金交渉をされると良いでしょう。

→北海道余市郡の高時給求人を薬キャリで見てみる

余市郡の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

北海道余市郡の薬剤師求人を見てみると、調剤薬局での募集は少なめで、ツルハドラッグなどの大手ドラッグストアの募集が多くなっているようです。調剤薬局の場合、正社員だけでなくパートでの募集も目立ちます。福利厚生は基本的な物は揃っていて、厚生年金や健康保険などはどの募集にも見られます。ただ、研修制度などは取り入れている所が少なく、手厚い福利厚生を望んでいるなら、大手ドラッグストアの募集を見てみる方が良いでしょう。大手ドラッグストアなら、基本的な福利厚生はもちろん、研修制度なども充実しています。社員育成に力を入れている所が多いようなので、スキルアップを望んでいる人はこういった大手の求人を探してみると良いです。

→北海道余市郡の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

余市郡の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

北海道余市郡の一般病院数は余市町に一軒・薬剤師数は34名。仁木町に0軒・1名、赤井川村は両数0で、総人口約27000人に対しての病院・薬剤師数は非常に少なめであると言えます(2016年度データ)。

これらのデータから見ると、個人の負担はやや大きいものと言えるでしょう。

業務としては、余市郡には調剤薬局が16軒(うち余市町15件・仁木町1件)ありますが、ツルハドラッグのような大手調剤薬局チェーンが無いため、患者さんの「かかりつけ薬局」としての側面が大きいようです。そのため雇用側からも顧客側からも、利用者の生活に則した細かいサービスが求められる可能性は高くなりそうです。また、調剤薬局が余市町に集中しているので、薬剤師の求人における勤務地の選択肢はそう多くは無いでしょう。

余市郡の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

北海道余市郡は人口2万4千人、札幌から55キロの位置にあり、積丹半島の美しい海岸線となだらかな丘陵地が観光資源です。

漁業と農業の街として知られており、特産品が多いことで有名です。

余市郡のツルハドラッグは大川町にある余市店のみです。

営業時間は午前9時から午後10時までとなっており、年末年始のみ午後7時までの営業となっています。ホームセンターやスーパーの近くにあり、駐車場完備の大型店のためいつも混雑しています。

薬剤師の求人は大手の会社が調剤薬局事業に参入したり、地元の薬局チェーン会社が新規オープンしたりするなどしているため、調剤薬局がメインになります。営業時間は午前8時半から午後6時までといった基本的なものが多く、残業もほぼゼロですのでプライベートとの両立が可能です。

余市郡 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄