地域名:東京

2017.02.06

【裏技】八王子市の薬剤師が転職で求人検索のムダを減らす1つの方法

「転職したい!」と思っても、転職サイトには求人情報が大量に溢れていて、希望の職場を探すまでには莫大な時間と労力がかかってしまいます。

ここでは八王子市で転職を考える薬剤師さんが、ムダなくスムーズに就職先を見つけるための方法をお教えします。

八王子市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、八王子市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

八王子市のエリアの特徴

東京都八王子市には、JR東日本中央本線や横浜線、八高線が通っており、近隣の日野市や昭島市、福生市に通じています。また、神奈川県相模原市へも行くことができます。

京王電鉄京王線は多摩市や日野市に、相模原線は町田市や多摩市、相模原市に通じています。高尾線は全線市内にあり、駅が7つありますので、市内を移動するのに便利です。多摩都市モノレールでも、日野市や多摩市に行くことができます。

八王子市は、バスが大変発達しています。各主要駅からはバスが出ておりますし、鉄道でカバーしきれない広い市域をバスの路線がカバーしてくれています。国道や都道も数多くありますので、車で移動するのも便利でしょう。

薬剤師を求人募集しております、こちらの薬局は、JR横浜線八王子みなみ野駅徒歩6分という好立地の調剤薬局です。車での通勤も可能となっています。

八王子市の薬剤師の年収

東京都の薬剤師の平均年収は、20代で6,300,000円、30代で6,600,000円となっています。

東京都には大勢の薬剤師の方がいらっしゃいます。都内には、多くの薬学部がある大学や薬科大学があるというのも理由の一つです。ですが、人気があるのは23区を中心としたエリアで、西東京エリアなどの23区以外の地域では、人材不足が続いています。

今回ご紹介します、八王子市の調剤薬局では、年収700万円で薬剤師を求人募集しています。同時に、パートも募集しており、その場合は、時給1,800円から2,500円となっています。どちらも高収入な条件の良い求人といえるでしょう。未経験の方や長期ブランクがある方も応募することができます。

→東京都八王子市の高時給求人を薬キャリで見てみる

八王子市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

東京都八王子市は58万人も人口がおり、かつ人口増減率は103%と高めになっています。そのため様々な規模のドラッグストアや病院が薬剤師の求人を出しています。この地域ではマイカー通勤を許可しているうえに通勤手当を上限なしで実費で出しているところや、上限を5万円に設定している職場があります。また、社内はもちろんのこと学会などが主催する勉強会に定期的に参加することができる求人も多いです。子どもを社員が出産した場合は出産祝い金などの手当を支給してくれる職場も少なくないです。

ココカラファインでも出産祝い金や結婚祝い金だけでなく災害見舞金を支給しています。また、スタッフに対してインフルエンザ予防接種を無料でしてくれます。

→東京都八王子市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

八王子市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

東京の八王子市は人口が全国の市区町村の中で28番目に多い市です。そのため、八王子市内には一般病院が33ケ所あり814市区町村中32番目、一般診療所については370ヶ所あり52番目となっています。医療機関は比較的充実していますが、医師数が人口1万人あたり19.42人しかおらず、299番目となり医師不足が目立っています。薬剤師についても不足傾向で、他の市区町村の薬剤師と比較すると忙しいです。

東京のベッドタウンとして発展中の八王子市は人口も増加中で、初診の患者さんも多く薬局に訪れるため、調剤業務に加えて服薬指導を行う機会も多いです。

この地域でもココカラファインの求人が行われていますが、ココカラファインはドラッグストア事業を展開していますので、接客対応が業務となることが多いです。薬剤に関する知識に加えてコミュニケーション能力も必要になるでしょう。

八王子市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

東京八王子市には病院が38ヶ所あり、人口あたりの施設数はちょうど全国平均となっています。一般の診療所の総数を見てみると329ヶ所(2016年10月現在)で、人口10万人あたりの施設数は全国平均よりもやや下回るため、今後は増えてゆく見込みです。それと関連して、新しい調剤薬局のオープンが予測されるので、薬剤師の求人も多くなります。

八王子市の調剤薬局の開局時間は午前9時のところが多く、閉局時間の平均は18時から19時となっているところがほとんどです。市内にある大手調剤薬局ココカラファインの営業時間を見てみると、開店時間は午前10時で、夜は9時から10時頃までオープンしています。こちらで働く薬剤師は、一週間に合計40時間働くシフト勤務のようです。

八王子市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄