地域名:東京

2017.02.02

薬剤師が台東区の求人を探す際に陥りがちな罠|賢い転職方法は〇〇

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは台東区で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

台東区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、台東区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

台東区のエリアの特徴

東京都台東区には、JR・地下鉄各線・私鉄各線を合わせ、合計15の鉄道路線が走っていて、鉄道の駅も33ヶ所あるため、駅から近い職場を探しやすいエリアと言えます。路線バスも、都営バス・京成バスなど、複数の乗合バス事業者に加え、台東区が委託したコミュニティバスも運行しているので、公共交通機関を使っての通勤が、とても便利な地域です。こちらの転職サイトで薬剤師を募集している、台東区の調剤薬局からの求人情報を見てみると、最寄り駅はJR「鶯谷駅」・東京メトロ「根津駅」・JRおよび私鉄各線「日暮里駅」の3駅となっていて、それぞれの駅から徒歩圏内(8分から10分)とあります。多くの路線が乗り入れている駅なので、都心からはもちろん、郊外からの通勤も可能な立地です。

台東区の薬剤師の年収

厚生労働省のまとめによると、東京都の賃金の水準は、3,830,000円(平成27年の統計)となっています。薬剤師の平均年収は、20代で4,610,000円、30代では4,950,000円(平成24年5月から平成25年4月までのアンケート結果)となっているので、一般の平均相場よりも、高めなことがわかります。今回こちらの転職サイトで、薬剤師の求人を行っている台東区の調剤薬局では、年収4,800,000円から6,000,000円とあり、収入アップをターゲットに入れた転職には、注目の求人情報です。給与は、経験や能力を考慮した上で決定ということなので、詳しい条件や情報を知りたい方は、サイトに問い合わせてみてください。

→東京都台東区の高時給求人を薬キャリで見てみる

台東区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

台東区は、東京23区内でも特別区の1つで、人口はおおよそ186000人です。台東区は上野や浅草を含み、都心に位置している為、求人も数多いことが特徴です。福利厚生に厚く、薬剤師賠償責任保険や社会保険などが完備されている求人が多いようです。スキルアップの為の認定薬剤師取得支援がある求人もあります。東京都台東区のココカラファインの福利厚生を見てみると、育児支援が手厚く、育児休暇や時短勤務などにも対応しており、子育てしながら働きやすいよう配慮されています。もちろん、社会保険は完備され、借り上げ社宅制度もあります。教育制度が充実しており、能力開発セミナーやマネジメント研修、スペシャリスト研修などがあります。小さな子どもを育てる薬剤師が、働きながらスキルを磨くことが出来る環境が整っているようです。

→東京都台東区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

台東区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

台東区は、男性が約5,000人多い総人口約194,000人でそのうち約14,600人の外国人が在住している地区です。

約580件のココカラファインのような大手ドラッグストアや薬局、病院などの医療機関があり、調剤を行なう薬局関係の薬剤師の求人も多くあります。

薬剤師の業務について東京都内にもチェーン展開しているココカラファインと台東区内の調剤薬局とを比べてみると、資格を活用した調剤業務はもちろん、このほかに販売スタッフや店舗スタッフのような業務の有無が異なります。

ココカラファインでは、OTC医薬品や日用品を取扱っているため調剤業務だけでなく、お客様の対応などの接客販売も行なう場合もあるようです。

病院と連携した調剤薬局では、ほとんどがOTC販売を行なっていないため薬剤師として専門性を追求した仕事に専念したい方には、大手ドラッグストアよりも調剤薬局が望ましいでしょう。

台東区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

東京都台東区の人口はここ10年ほどはほとんど変わっていませんが、住民の平均年齢は上がってきています。それに伴い医療施設、及び薬局などの需要が伸びていて、薬剤師の求人も増えています。

市内の個人調剤薬局と大手であるココカラファインなどと勤務時間を比べた場合、個人店の方が勤務時間が短いのが特徴です。理由としては営業時間があげられて、個人店は朝の9時から19時、大手の場合は10時から22時くらいまでが平均値になります。また大手は年中無休ですが、個人店は土日が定休日である、もしくは土曜日は半日営業など全体を通して少ないです。さらに正社員よりもパートが中心となって働いているケースが多くなり、勤務時間に関しては短く、平均的にはシフト制で週40時間程度と考えられます。

台東区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄