地域名:福島

2017.02.01

【裏技】喜多方市の薬剤師が転職で求人検索のムダを減らす1つの方法

「転職したい!」と思っても、転職サイトには求人情報が大量に溢れていて、希望の職場を探すまでには莫大な時間と労力がかかってしまいます。

ここでは喜多方市で転職を考える薬剤師さんが、ムダなくスムーズに就職先を見つけるための方法をお教えします。

喜多方市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、喜多方市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

喜多方市のエリアの特徴

福島県喜多方市は会津地方の北部に位置する場所にあり人口は約5万人です。喜多方市には喜多方駅を中心とした6つの駅があり、薬剤師の求人によって磐越西線の列車や会津乗合自動車、磐梯東都バス、福島交通などの路線バスを利用したり、国道121号は山形県米沢市や会津若松市に、国道459号を利用すれば新潟県からアクセスすることができるので自分に合う通勤環境を選択できます。喜多方市は蔵の町と呼ばれるほど市内の街並みには蔵が多く、また日本三大ラーメンの一つである喜多方ラーメンが有名で、市内には喜多方ラーメンのお店がたくさんあり仕事の休憩時間や、休日に家族と喜多方ラーメンのお店を巡ったり蔵のある街並みの観光を楽しむことができます。

喜多方市の薬剤師の年収

福島県と喜多方市の平均年収を比べると、福島県の平均は20代で5,090,000円、40代で5,840,000円です。このデータは、パートやアルバイト、派遣等の非正規雇用者の年収も含まれているので注意が必要です。詳しいデータが知りたい方は転職サイトの方に尋ねてみてください。一方喜多方市の薬剤師の求人は正社員で400万~750万円となっていて最高年収が少し高めです。勤務地は喜多方駅 徒歩17分(森と水とロマンの鉄道)でマイカー通勤が可能のようです。また調剤経験のない方には手厚い研修が用意されています。給与は経験等により優遇され、その他待遇面も充実しているので長期間働きたい薬剤師の方や調剤経験のない方でも応募のしやすい求人です。

→福島県喜多方市の高時給求人を薬キャリで見てみる

喜多方市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

喜多方市内の一般的な薬剤師の求人を見ると、社会保険の完備、薬剤師賠償責任保険、慶弔や育児、介護のための休暇、賞与、昇給、従業員持株制度、社宅や寮があるなど福利厚生が充実しているところが多くなっています。通勤手当や住宅手当、家族手当など各種手当が充実しているところが多いことも特徴です。また、市内大手のドラッグストアであるツルハドラッグの求人では福利厚生は社会保険、各種休暇、賞与、LTD制度、育児・介護のための短時間勤務制度などとなっています。ツルハドラッグとその他薬局の福利厚生について比較してみると、どちらが良いとは言い難く、個人の状況によって変わってくると言えそうです。

福島県喜多方市はここ数年人口減少率が高いエリアです。高齢化が進んでいることもあり、薬剤師の需要は今後も増えていくことが予想されます。

→福島県喜多方市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

喜多方市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

福島県喜多方市の総人口は約5万人です。生産年齢人口率(15歳から64歳)は55.2%ですが高齢人口率(65歳以上)は33%もある高齢者が多い地域で一般病院総数は5所、一般診療所総数は27所あるので今後も薬剤師の求人が見込める地域です。喜多方市の中小・個人調剤薬局の業務内容は調剤・服薬指導・薬歴管理・在庫管理と調剤薬局で一般的な業務となっています。それに比べ大手調剤薬局のツルハドラッグでは上記の業務内容に加えカウンセリング業務や薬や健康食品等の販売接客も含まれる場合があります。業務内容としては大手調剤薬局の方が多く経験や知識が必要でしょう。また今後は各調剤薬局も在宅医療に対応していくようになるでしょう。

喜多方市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

福島県喜多方市は年間180万人もの人が訪れる観光都市です。しかし、人口は5万人ほどとあまり多くは無く、近年ではさらに減りつつあります。喜多方市の薬剤師の求人を見ると、勤務時間は9時から18時の間での週40時間ほどのシフト制というのが平均的なようです。土曜日を含めた週二日が半日営業となっているところが多く、4週6休など休日数が少な目の求人も見受けられます。一方で、福島県内で大手の薬局であるツルハドラッグの求人では、勤務時間は調剤部門の場合は9時から18時の間、OTC部門の場合は9時から23時までの間でそれぞれシフト制となっています。調剤部門の場合は他薬局とほぼ同じ勤務時間ですが、OTC部門の場合はシフトによっては終業時間が遅くなることがありそうです。

喜多方市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄