地域名:東京

2017.02.02

薬剤師が国立市の求人を探す際に陥りがちな罠|賢い転職方法は〇〇

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは国立市で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

国立市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、国立市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

国立市のエリアの特徴

東京都国立市の交通アクセスはJR東日本中央本線、南武線となり、中心は「国立駅」になります。バスも出ていて、路線からコミュニティバスまで走っていて、さまざまなエリアを通っていますから移動しやすいのが特徴です。薬剤師の求人を探すなら国立駅を中心をした場所がおすすめになり、東京都はいえ郊外となり車通勤が可能となるところも多く、市街地からも通いやすくなっています。

駅前はロータリーができて整備されており、商業施設や飲食店が豊富です。カフェやファストフード、ファミリーレストランなど気楽に利用できる店舗が多く、銀行や郵便局といった金融機関もそろっていますから、ランチや仕事帰りに外食を楽しみ、お金の管理も行いやすくなっています。

国立市の薬剤師の年収

薬剤師の年収に関しては平均値で見てみると東京都は450万円前後で、島根県や大分県、鳥取県といった地方都市は550万円前後で平均値が100万円以上高いのですが、東京都国立市で転職を考えた場合、750万円も見つけやすくなっています。平均値というのは正規雇用者だけではなく、パートや契約社員なども含まれていて、東京や大阪といった都市部は非正規雇用者が多く、平均となると低くなる傾向があります。正規雇用だけを詳しく知りたい場合は、転職サイトなどで調べることをすすめます。

キャリアのある薬剤師の求人の場合は高額報酬が提示される傾向が高く、パートやアルバイトの時給も高額のケースが多いです。福利厚生もしっかりとしていて、就職先として責任は重大ですが見合った収入を得ることができます。

→東京都国立市の高時給求人を薬キャリで見てみる

国立市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

東京都国立市は65歳以上の高齢人口率が22%と全国814位中738位になっています。人口増減率は103%となっており少しずつ増え続けているのが特徴です。薬剤師の求人に関してはアルバイトとパートのものが一定以上ありますが、やはり正社員として薬剤師を歓迎する会社の方が多いです。制服や靴は無料で貸してくれるうえに、1年に1度は健康診断を無料で受けさせてくれます。アルバイトでも正社員でも健康保険に加入できるうえに、スキル応じた研修を受けることができます。

ココカラファインでは時短勤務制度を利用できるので、育児をしやすい就労環境が整っています。また、広域地域手当に加えて家賃補助をしてくれる寛大な会社です。

→東京都国立市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

国立市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

東京の国立市の人口は7万5千人程度となっていて全国の市区町村814の中では、380番目となっています。しかし、国立市の中には病院が2ヶ所しかなく市区町村順位では606番目となっていて病院不足に悩まされている地区です。診療所の数は82ヶ所となっていて243番目です。診療所の数は人口に見合ったぶん程度は確保されていると言えるでしょう。

医師数に関しては、人口1万人あたり11.74人の医師がいることとなり644番目となっています。この結果は、医師不足に悩まされていることを表しています。

この地域の人口は年々増加の傾向にあり特に20歳代から40歳代の人口が多く、初診の患者も多いです。そのため、薬剤師の業務は調剤業務の他にも服薬指導に時間を取られることも多いです。

この地域で求人を行なっているココカラファインでは、ドラッグストア店舗での店頭販売業務が多いです。POPなども上手に併用しながらお客様に正しい薬剤知識を紹介する努力が必要になります。

国立市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

東京都国立市の薬剤師の求人情報を見てみると中小・個人調剤薬局の勤務時間は、9時から18時半という調剤薬局と9時から19時という調剤薬局があり基本はこのどちらかの勤務時間帯になります。また大手調剤薬局のココカラファインの勤務時間を見てみると10時から22時となっています。どちらの調剤薬局もシフト勤務を導入しています。そしてどちらも総労働時間は週40時間が基本で中小・個人調剤薬局の中では週36時間勤務というところもあります。国立市は人口8万人程度ですが人口増加率は104%、生産年齢人口(15歳から64歳)は66%となっており今後高年齢化が進むと予測される地域でそれと共に薬剤師の需要が高まる地域でもあります。

国立市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄