地域名:東京

2017.02.06

薬剤師が多摩市の求人を探す際に陥りがちな罠|賢い転職方法は〇〇

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは多摩市で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

多摩市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、多摩市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

多摩市のエリアの特徴

東京都多摩市は、東京都西部に位置しています。都心にも近いことから、ベッドタウンとして成長を果たしてきたエリアの一つです。交通アクセスについても、多くの路線があります。京王線や小田急線、南武線などが鉄道アクセスの中心を担っており、各路線には複数の駅が点在しています。駅周辺には、調剤薬局や診療機関、ドラッグストアなどがありますので、薬剤師のニーズが極めて高くなっています。今回の求人では、最寄り駅になる、京王多摩センター駅及び小田急多摩センター駅から歩いても5分という抜群の環境にあります。交通費も全額支給になりますので、嬉しい限りです。駅の近くには、オシャレなショップや美味しくて評判のレストランなどもありますので、勤務に行くのも楽しみになりそうです。

多摩市の薬剤師の年収

東京都の薬剤師の平均年収については、20代で見た場合、4,610,000円となっています。同じ東京都内で、同年代の一般企業に勤める人の年収のおおむぬ300万円に比較しても、かなり魅力的といえます。多摩市の求人動向についての、詳細部分を知りたい方は、転職サイトに尋ねてみてください。思わぬ情報が得られるかもしれません。今回の紹介求人については、正社員になりますが、年収にして450万円から700万円ということで、かなりの好条件ということは間違いありません。多摩市内の全体の平均である、約450万円よりもはるかに高くなっています。未経験も可能となっていますので、採用される可能性は大きいといえるでしょう。

→東京都多摩市の高時給求人を薬キャリで見てみる

多摩市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

東京都多摩市は多摩ニュータウンの中心で、人口は約148,000人です。一般病院は6所あり、一般診療所は109所あります。人口は年々増加していますが、高齢人口率が26%と高くなっています。多摩市では、薬剤師の需要がさらに伸びるものと推察されます。

多摩市にある調剤薬局の薬剤師求人情報では、健康保険などの社会保険制度が充実している薬局が多くなっています。また、賠償責任保険や医療過誤保険に加入しているところもあります。その他には、社宅や寮、従業員購入割引制度、退職金制度、保養所などの福利厚生がある調剤薬局もあるようです。

大手調剤薬局のココカラファインと比べてみますと、子供が2歳になるまでの育児休業や小学校入学までの時短勤務、介護休業、福利厚生業者ベネフィット・ワン、退職金などのほか、さまざまな福利厚生が充実しています。

→東京都多摩市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

多摩市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

東京の多摩市は昭和40年代から多摩ニュータウン計画が進められていて、現在でも東京首都圏に通勤するサラリーマンのベッドタウンとして発展している市です。その人口は約14万7千人で全国の市区町村814の中では186番目に人口の多い市となっています。年齢別人口としては、大学などが近いため20歳代の若い人も多く居住しているのが特徴です。

医療機関としては、多摩市内に病院は6ヶ所。市区町村の中では257番目となっています。診療所は109ヶ所で184番目です。医師数に関しては人口1万人あたりの医師数が26.45人となっていて135番目に多い結果となっています。

人口から考慮すると病院が少々足りない状態になっています。この地域の薬剤師の業務としては調剤業務や服薬指導などの業務が多くなります。

この地域で求人が行われているココカラファインでは、ドラッグストアでの店頭での商品説明を行う人材を募集しています。お客様とスムーズにコミュニケーションを取れるような能力が重視されるでしょう。

多摩市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

東京多摩市は都心から電車で約30分の自然の豊富なベッドタウンです。この10年で人口増減率はほぼ変わらないものの、老齢化率は伸びており、市内の全人口のうち4人に1人が65歳以上の年齢層で占められています。

多摩ニュータウンの中心部に位置したこのエリアには、大型病院を含めて一般病院が6ヶ所あり、調剤薬局も病院の周辺及び駅前中心エリアに集中しています。

薬剤師の求人について見ると、勤務時間は平均的に9:00~20:00時の範囲で収まっており、週休2日制を採用している調剤薬局がほとんどです。また、シフト制を採用している調剤薬局も多く見受けられます。

この点については、大手調剤薬局のココカラファインと比較してもさほどの違いはないようです。

多摩市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄