地域名:東京

2017.02.02

薬剤師が大田区の求人を探す際に陥りがちな罠|賢い転職方法は〇〇

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは大田区で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

大田区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、大田区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

大田区のエリアの特徴

東京都大田区には、JR・私鉄各線・地下鉄など、合わせて10路線の鉄道が走っており、駅も49ヶ所あるので、駅から近い職場を探しやすいエリアとなっています。路線バスは、京浜急行バスグループや東急バスをはじめ、数社の乗合バス事業者が運行しているので、ネットワークが充実しており、公共交通機関を利用しての通勤が、大変便利です。大田区には、一般診療所が564ヶ所、病院が27ヶ所もあり、全国平均よりも医療機関が多くなっています。それにともなって、調剤薬局も多い地域です。こちらの転職サイトで薬剤師の求人を行っている調剤薬局を見てみると、JR京浜東北線「大森駅」下車徒歩4分なので、駅から近い勤務地です。大森駅は、東京駅まで17分、横浜駅まで22分なので、郊外からの通勤も可能です。

大田区の薬剤師の年収

東京都の薬剤師の年収は、20代で平均4,610,000円、30代では平均4,950,000円というデータになっています。(2012年5月から2013年4月までのアンケート結果)東京都の賃金の水準を見てみると、3,830,000円(2015年厚生労働省のまとめ)なので、薬剤師の収入は、一般の賃金水準よりも高くなっています。今回こちらの転職サイトで薬剤師の求人を行っている、大田区の調剤薬局を見てみましょう。「年収800万円も相談OK!」となっており、収入アップを見込める募集となっています。正社員の求人で、3,900,000円(新卒)から8,000,000円ということなので、詳しい条件などを知りたい場合は、サイトに問い合わせてみてください。

→東京都大田区の高時給求人を薬キャリで見てみる

大田区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

大田区は、総人口約717,000人で男女比率は女性が約1,000人程多く、15歳未満の子供よりも70歳以上の高齢者の方が多い地区です。

東京23区内で医療機関が最多の世田谷区に次いで約1,470件の病院や薬局などがあり、それに伴い薬剤師の求人募集も多数見られます。

大田区内にもチェーン展開しているココカラファインと調剤薬局の福利厚生面を比較してみると、各種保険への加入や未経験者に対する研修についても双方ともに充実しています。

ココカラファインは、医薬品のほかにも日用品や化粧品などを販売しているドラッグストアと併設しているため社員割引を利用して、サプリメントやメイク用品などを割引価格で店内で購入ができるのがメリットです。

その反面、土日も営業していることから土日休日はローテーションでの取得となり、調剤薬局では土日休日の完全週休2日制も多数ありますでの、それぞれの利点と自分のライフスタイルを考えて職場選びをすることが望ましいと言えます。

→東京都大田区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

大田区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

東京との東京23区の中では南部に位置している大田区の人口は約69万3千人で全国の市区町村814の中では23番目に人口の多い区となっています。人口推移については1995年までは減少傾向でしたが、その後は増加の傾向に転じています。ビジネス街に近いこともあり、ビジネス街に働きに出るサラリーマンが多く30歳前後の働き盛りの年齢層の人口が多いのが特徴です。

大田区内には27ヶ所の病院があり42番目となっていて、診療所の数は581ヶ所で22番目です。医師の充実度を表す指数は151番目となっています。

比較的、医療機関と医療従事者数が充実しているように見えますが、それでも医療機関や医療従事者は不足の傾向で、薬剤師の仕事も忙しくなります。一般的な薬局での薬剤師の仕事も調剤業務だけでなく服薬説明などの窓口業務も兼務しなければならないでしょう。

大田区内にて求人が行われているココカラファインではドラッグストアの店頭での接客販売業務を行うこととなります。薬剤はもちろんですが健康食品などについての商品知識も必要です。

大田区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

東京都大田区の人口は平成10年から少しずつ上昇傾向にありますが、少子高齢化の影響で高齢者の占める割合が増えているのも特徴です。そのため医療施設の需要が高まっており、薬剤師の求人も積極的に行われています。

薬剤師として薬局を就職先とした場合、ココカラファインなど大手ドラッグストアと個人の調剤薬局のどちらを選択すべきか悩むこともあり、この時に勤務時間をチェックするのも大切です。ココカラファインの営業時間を見ると10時~22時で年中無休、フルタイムのシフト制を導入しているところが多いです。対して個人店は9時~18時で土曜日は半日営業、定休日が設けられています。働いている薬剤師はパートが多く、勤務時間を平均すると週に45時間となるようです。

大田区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄