地域名:沖縄

2017.02.08

【裏技】宮古島市の薬剤師が転職で求人検索のムダを減らす1つの方法

「転職したい!」と思っても、転職サイトには求人情報が大量に溢れていて、希望の職場を探すまでには莫大な時間と労力がかかってしまいます。

ここでは宮古島市で転職を考える薬剤師さんが、ムダなくスムーズに就職先を見つけるための方法をお教えします。

宮古島市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、宮古島市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

宮古島市のエリアの特徴

沖縄県宮古島市は、宮古島の全域の他、5つの島で構成されています。6本の橋が各島を結んでいます。クルマやバイクで移動する折には、透明度の高い海と水平線が織りなす美しい景観を楽しめます。旅客専用の小型ジェット機が発着する宮古空港が地域の玄関口となっています。平良港と佐良浜港が旅客ターミナルの役割を果たしています。宮古島空港や平良港を中心とする路線バスが各大橋を経由して市内各地を繋いでいます。市役所を始めとする生活施設が集積している平良西里に薬剤師の求人が多いです。こちらは、通勤コストの削減を図りやすい求人です。通勤にかかる費用が各種諸手当に含まれているので、定期バスを利用して快適に職場に通えます。

宮古島市の薬剤師の年収

沖縄県の薬剤師の平均年収は451万円から570万円です。同県はリゾート地としての魅力が大きいことから移住希望者が多く、給与相場が低めです。但し、沖縄本島以外の離島は給与水準が高い傾向があります。引っ越し費用を負担して本州からの移住・就職をサポートしている求人が豊富です。宮古島市の平均年収は420万4,300円から551万2,900円です。

この度、紹介する求人先は、年収540万円から650万円を検討可能な調剤薬局です。実務経験がない新卒の方も年間収入360万円で働き始められるので、仕事に定着しやすく、安定的に働き続けられます。また、調剤経験をお持ちの方であれば即戦力として活躍できる上に、今まで培ってきたスキルによって給与アップを望めます。

→沖縄県宮古島市の高時給求人を薬キャリで見てみる

宮古島市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

沖縄県宮古島市の総人口は52000人で生産年齢人口(15歳から64歳)は約60%です。年少人口率(15歳未満)は16%となっています。一般病院総数は4所、一般診療所総数は36所となっており、これらのデーターより今後は高齢化社会が訪れる地域の一つです。その為薬剤師の需要が高まる地域の一つでもあります。宮古島市の薬剤師の求人情報で福利厚生を見てみると、健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険・医療過誤保険に加入されている調剤薬局が大半です。大手調剤薬局のマツモトキヨシでは健康保険・厚生年金と上記の社会保障に加え、財形貯蓄制度・退職年金制度・従業員持ち株会制度があります。大手調剤薬局の方が福利厚生は恵まれているということが分かります。

→沖縄県宮古島市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

宮古島市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

沖縄宮古島市の総人口は52039人で814位中536位でした。そのため、一般病院総数は4ヶ所で814市区町村中389位、診療所は526位となっていて、全国の市町村で比べると医師の人数は少ないです。なので宮古島市の薬剤師は他の所と比べると人口も少ないですが診療所も少ないので一般的な薬剤師よりは多少忙しいと言えます。離婚率も市区町村で2番目に多く、少子高齢化になっているため今後は患者さんの家に直接赴く在宅医療という働き方も増えて行くでしょう。宮古島市の薬剤師の求人情報と大手調剤薬局マツモトキヨシについて調べた所やはり大手の方が色々な面で条件が良いと言えます。求人情報をよく参考にして選んだ方がいいでしょう。

宮古島市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

マツモトキヨシと沖縄県宮古島市の薬剤師の求人情報を比較しますと

マツモトキヨシの勤務時間は変形労働制を採用しているのが特徴です。店舗によって開店時間と閉店時間が異なりますが、その中で自分のシフトを組み込むことになります。1シフトは原則8時間勤務で1時間の休憩時間があります。マツモトキヨシは365日営業しているため、土曜日と日曜日も同じようにシフトを組んで出勤することになりますが、1周間で実労時間が40時間になるようにシフトを調整します。

沖縄県宮古島市の方は勤務時間が固定になっています。平日の勤務時間が8:30~18:30で休憩時間は1時間となっていて、土曜日は勤務時間が8:00~13:00で休憩時間がありません。日曜日と祝日は完全に休みになります。

宮古島市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄