地域名:東京

2017.02.02

薬剤師が小平市の求人を探す際に陥りがちな罠|賢い転職方法は〇〇

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは小平市で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

小平市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、小平市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

小平市のエリアの特徴

東京都小平市は、都心へのアクセスの良さから、大きく発展を遂げてきたエリアです。鉄道やバス、道路などすべてにおいての整備が整っていることで知られており、多くの市民の移動を円滑にさせています。鉄道アクセスでは、西武鉄道が中心的な役割を担っています。西武新宿線を軸に、多摩湖線や国分寺線、拝島線と複数路線が走行しており、JR武蔵野線と合わせて、住民を支えています。バスについても、コミュニティバスが走っており、お年寄りなどの移動に使われています。調剤薬局や診療機関も多く点在しており、薬剤師の求人数が増加しています。今回の求人情報では、最寄り駅の小平駅からも徒歩圏内にありますので、通いやすい環境といえます。

小平市の薬剤師の年収

東京都の薬剤師の平均的な年収は、20代のデータになりますが、4,610,000円となっており、同じく都内の同年代の一般的な年収の、約300万円と比較した場合でも、明らかに高収入となっています。小平市の薬剤師の求人についての情報を詳しく知りたい人には、転職サイトの専任担当者に問い合わせることをお勧めします。今回の求人情報では、正社員で、年収が450万円から700万円となっていますので、魅力的な金額といえそうです。パートでの勤務については、時給で2,000円から2,200円ですので、小平市内のパートの時給の平均である、890円よりもはるかに高くなっており、こちらも好条件といえるのではないでしょうか。

→東京都小平市の高時給求人を薬キャリで見てみる

小平市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

東京都小平市は、人口がおよそ18万7千人ということで、814ある市町村のうち、144位になっています。西武鉄道やJR線などの交通アクセスにも恵まれており、人口流入が続いています。高齢者の数も増える中、一般病院数は8床と全国で194位と少ないのが現状です。

薬剤師の求人数が大幅に増えている中、小平市でも多くの店舗が見られるココカラファインと比較した場合には、その福利厚生の内容については、健康保険や雇用保険、厚生年金などが充実しています。また、定期的に勉強会や研修会が行われるなど、大手調剤薬局の方が福利厚生面の充実という点では上回っているといえそうです。従業員のためのカウンセリング窓口も設けられています。

→東京都小平市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

小平市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

東京都の多摩地域の北部に位置している小平市の人口は、約18万7千人で全国の市区町村の814の中では144番目に人口の多い市です。人口はこの数十年以上増加の傾向が続いていて、20歳代から30歳代の人口が比較的多いのが特徴です。高齢人口率は22.57%とさほど高くなく少子高齢化はあまり進んでいない地域です。

小平市の中には8ヶ所の病院があり194番目、診療所の数は125ヶ所で162番目です。人口を考慮すると、これでも医療機関の数は不足していて、薬剤師に求められる業務も多くなります。調剤業務に加えて窓口での薬剤説明や服薬説明などを行う機会が多いです。

小平市では薬剤師の求人が行われていて、ドラッグストア事業を展開中のココカラファインでも求人が行われています。ココカラファインではお客様に信頼され、お客様と共感しあえる薬剤師を求めています。地域住民のお客様に対して親身な健康相談や薬剤説明などを行う必要があります。さらには、長期にわたって一人ひとりのお客様のアフターフォローをする必要があります。

小平市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

東京の多摩地区にある小平市は人口18万人、のどかな雰囲気を感じさせてくれる住宅街です。

小平市にあるココカラファインは小平センタービル内にあり、営業時間は午前10時から午後10時までと長めでシフト勤務になります。

土日祝日も基本的に出勤となりますし、ビルの周辺には図書館やホームセンターがあるなど住宅街の中でも人が集まりやすい場所で混雑して忙しい店舗です。

小平市の薬剤師の求人はパートなどの募集も多く、都合にあわせて働きやすい環境が整っています。週3日からOKだったり、2人体制だったりと小規模なところが多く、専門性を生かした働き方ができます。駅から徒歩圏内で未経験でもOKという求人も多いので始めやすく、長続きできる仕事が揃っています。

小平市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄