地域名:神奈川

2017.02.03

【裏技】小田原市の薬剤師が転職で求人検索のムダを減らす1つの方法

「転職したい!」と思っても、転職サイトには求人情報が大量に溢れていて、希望の職場を探すまでには莫大な時間と労力がかかってしまいます。

ここでは小田原市で転職を考える薬剤師さんが、ムダなくスムーズに就職先を見つけるための方法をお教えします。

小田原市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、小田原市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

小田原市のエリアの特徴

神奈川県小田原市は、西湘地域における中核的な都市の役割を果たしています。5つの鉄道事業所が乗り入れ、近隣の都市へと連絡しやすい鉄道環境が整っています。小田原駅と鴨宮駅の周辺には、商業施設が集中すると共に、薬剤師の求人が豊富です。ターミナル駅の機能を持つ小田原駅を中心にバス路線が運行し、山間の地域と市街地の間の往来を支えています。小田原厚木道路や東海道の他、幹線道路の整備が精力的に進められているので、箱根・伊豆・横浜からのマイカー通勤も比較的スムーズに行えます。求人先の調剤薬局は、小田急電鉄小田原線富水駅から徒歩2分程度で到着できる好立地です。新松田や小田原の方面からも鉄道を利用して通いやすいです。

小田原市の薬剤師の年収

神奈川県の薬剤師の平均年収は514万円です。年代ごとに額が異なり、20代は400万円代後半ですが、30代・40代・50代は500万円代前半となっています。都市部よりも山あいの地域において薬剤師の需要が高く、高い給与を望めるチャンスが多いです。一方、小田原市の平均年収は428万円から550万円です。今回紹介する求人先は、年収400万円から650万円を提示している調剤薬局です。安定的に高収入を得られるので、意欲的に従事できるだけでなく、キャリアアップを図りやすいです。働きながら独立の準備を進めたい方にピッタリです。また、大手調剤薬局の利を生かして楽しく働ける環境づくりを推進している点も大きな魅力です。

→神奈川県小田原市の高時給求人を薬キャリで見てみる

小田原市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

神奈川県小田原市は比較的高齢者が少ない地域で人口は約19万人ほどいる都市です。規模が小さい薬局の場合はパートだと健康保険や厚生年金・労災保険に加えて通勤手当が上限2万円と決まっている薬剤師の求人が多いです。正社員の場合は退職金に加えて年間に1回定期健康診断を受けれる職場が珍しくないです。更に薬剤師賠償責任保険にも加入できるので、この街のドラッグストアや病院ではより安心して日頃の仕事に専念することができます。また、借り上げ社宅制度も数は少ないですが利用できる会社があるので、生活費を節約することも可能です。

マツモトキヨシでは財形貯蓄制度があるので、社員になれば将来に向けてしっかり蓄えを残すことが可能です。

→神奈川県小田原市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

小田原市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

神奈川の小田原市の人口は約19万8千人となっていて全国の市区町村814中では135番目で比較的人口がお多い市です。医療機関については一般病院は11ヶ所あり135番目、一般診療所の買うは148ヶ所で141番目です。医療機関については人口に見合った施設数となっています。医師数については人口1万人あたり19.9人の医師数となり若干の不足傾向です。

薬剤師についても若干の不足傾向となるため、その業務は他の市区町村と比較すると少々忙しくなるでしょう。

小田原市の人口はここ数年減少気味で今後高齢化が進むことが懸念されています。高齢者に対してわかりやすく服薬説明ができるスキルが求められます。

この地域で求人を行なっているマツモトキヨシは、ドラッグストア事業を展開していて化粧品など幅広い商品の取り扱いがあります。そのため、薬剤のみならず化粧品など幅広い商品知識を持つことも必要になるでしょう。

小田原市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

神奈川小田原市は人口約20万人弱の街ですが、同じ県内で比べてもご高齢者の割合は高いようです。また、都心へのアクセスが良いためにミドル世代の会社員も少なくありません。一方で病院の医療施設は人口に対して多いとは言えず、結果的に町のドラッグストアを利用する頻度は高くなります。ここで薬剤師の勤務時間を大手調剤薬局と、ドラッグストア大手のマツモトキヨシと比較してみました。大手調剤薬局の場合は9:00~18:00で年間休日は110日、マツモトキヨシは実働8時間で年間休日は116日となっています。ほぼ同じように思えますが、マツモトキヨシのほうがシフトに柔軟に対応してくれるようなので、求人を探している場合にはぜひこちらも参考にしてみてください。

小田原市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄