地域名:神奈川

2017.02.03

【転職裏技】求人が多すぎる!川崎市中原区の薬剤師が失敗しない方法

「転職したい」と思っても、大量の求人情報が溢れる転職サイトから自分にぴったりの職場を探すのはとっても大変。

ここでは川崎市中原区の薬剤師さんが、転職で失敗しないために相談するべき転職エージェントをご紹介します。

川崎市中原区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、川崎市中原区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

川崎市中原区のエリアの特徴

神奈川県川崎市中原区は市を構成する7行政区のひとつで、東京都心部や横浜のアクセスに恵まれ人口や世帯数が区の中で最も多いのが特徴です。複数の路線が利用できて、東日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、東京急行電鉄などがあります。また路線バスも走っていて、市内の移動に困ることがなく、市街地からも通いやすいです。駅はどこも発展しており、薬剤師の求人を探すなら駅やバス停から近いと通勤が楽になります。

最寄りが新丸子駅の場合、周辺にはカフェやファストフードといった飲食店が立ち並んでいて、ランチや仕事が終わった後の休憩場所として使い勝手がいいです。コンビニやスーパーも多く、買い物場所に困ることはなく恵まれた環境だといえます。

川崎市中原区の薬剤師の年収

神奈川県で働いている薬剤師の平均年収は20代が450万円、40代が540万円と全国で比較すると中程になります。ただこの数字の中にはパートや契約といった非正規雇用者も含まれていますから、正社員のみで知りたい場合は転職専門サイトの方で問い合わせてみてください。川崎市中原区で調剤薬局の求人では年収が380万円から650万円となり、これは正社員と契約社員の差、さらにキャリアや資格の有無で変わってきますので、自分の働きたい形で確認することが必要になります。

健康保険や厚生年金はもとより、産休や育休の実績もあり福利厚生がしっかりとしています。また育児休暇だけではなく介護休暇にも対応しているのが魅力となっています。

→神奈川県川崎市中原区の高時給求人を薬キャリで見てみる

川崎市中原区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

神奈川県の川崎市中原区は、再開発によりタワーマンションが多く建つ、話題の武蔵小杉を中心とした地域です。お洒落なエリアとして若い夫婦を中心に人気がありまは大学病院や総合病院、個人病院など様々な医療施設が充実しています。川崎市中原区の薬剤師の求人情報を見ると、年間休日120日以上で駅近といった好条件が多くあります。また、健康保険や雇用保険等各種社会保険が充実している求人が多いです。

CMでも有名なドラッグストアであるマツモトキヨシの求人と比較すると、充実した研修制度等大手ならではの福利厚生が用意されています。店舗によって勤務日相談可能なパート勤務が募集されている等、安心して長く勤務できる条件が揃っているようです。

→神奈川県川崎市中原区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

川崎市中原区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

神奈川県川崎市中原区は、再開発が進んだ武蔵小杉を中心にマンションの建設が進み、都心への通勤も大変便利な事から、他県からの流入者もどんどん増えています。人口が増えれば当然、診療する医療機関の絶対数も必要で、初診の患者さんも数多くいらっしゃいます。マツモトキヨシのような大手ドラッグストアの場所だけでは薬剤師さんは賄いきれません。スポット的に地域の医療機関と連携した調剤薬局など、スピーディーで効率的な業務遂行が求められます。人口が増加し続けている川崎市中原区エリアでは、そのようなフレキシブルに働ける薬剤師の求人が多くあり、一般的な調剤から服薬指導、在宅ケアなど、薬剤師さんが様々なフィールドで活躍しています。

川崎市中原区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

神奈川県川崎市の人口増減率は、107.4%と人口増加地域で全国814市区中23位になっています。高齢人口率19.21%と極端な落ち込みがあり高齢者の割合が低いエリアになっています。逆に工業地帯でもあり15歳~64歳までの生産年齢人口率67.55%と非常に高く、地域の人口増加の要因になっています。当然人口増加率がアップしている為薬剤師の求人も増加していることが予測されます。川崎市中原区の薬剤師の勤務時間は、9:00~19:00で土曜日は9:00~13:00の週休2日制で、年間休日122日が一般的です。調剤薬局マツモトキヨシの求人における勤務時間は、10:00~19:00で土曜日は10:00~14:00の年間休日116日で2年目以降は122日となっています。中小や個人の調剤薬局と比較して年間休日が少ないようです。

川崎市中原区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄