地域名:神奈川

2017.02.03

【転職裏技】求人が多すぎる!川崎市川崎区の薬剤師が失敗しない方法

「転職したい」と思っても、大量の求人情報が溢れる転職サイトから自分にぴったりの職場を探すのはとっても大変。

ここでは川崎市川崎区の薬剤師さんが、転職で失敗しないために相談するべき転職エージェントをご紹介します。

川崎市川崎区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、川崎市川崎区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

川崎市川崎区のエリアの特徴

川崎市川崎区は路線が京浜東北線、南武線、鶴見線、東海道本線、京浜急行大師線、京浜急行本線と6本も走っており、さらに川崎駅をはじめ駅数が16個もあるため神奈川県の中でも栄えてるエリアです。また職場からのアクセスは電車だけでなく定期バスもご利用いただけます。または「交通費支給」する職場を選べば川崎市以外の方も通勤可能です。

駅チカで徒歩10分圏内にある薬剤師のお仕事が人気のエリアです。例えば求人の最寄りを川崎駅周辺で探した場合、駅中から直結しているアトレ川崎や人気スポットのラゾーナ川崎ほかミューザ川崎、ルフロン川崎などがあり出勤前に朝食をとったり仕事終わりにショッピングや友達と映画や外食なんてことも楽しめます。

川崎市川崎区の薬剤師の年収

神奈川県の平均年収は20代で4,510,000円、30代で5,230,000円です。ただし、この平均金額はアルバイトやパート、派遣などの被雇用者も対象なのでより詳しく知りたい方は転職サイトの方にお尋ね下さい。

さて、川崎市川崎区ではどうでしょうか。今回、川崎市川崎区の薬剤師求人を残業代にしてみましょう。川崎駅から徒歩10分で通え高年収620万円も目指せ、総合病院の門前薬局なので広々とした店内で落ち着いた雰囲気の職場です。有給消化率が高めでかつ残業も少なめなので仕事とプライベートの両立が可能です。また、処方箋は1日200枚ほど応需し処方元の病院とも連携が良好なため日々の業務でスキルアップが可能です。

→神奈川県川崎市川崎区の高時給求人を薬キャリで見てみる

川崎市川崎区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

神奈川県川崎市は人口が約1,426,000人で、全国で8番目に大きな都市となっており、現在も人口は増加し続けています。また、一般病院総数は35所で全国29位、一般診療所総数は939所で10位です。こうしたことから、この地域では薬剤師の求人数が非常に多くなっています。

川崎市川崎区にある調剤薬局の薬剤師求人詳細を見てみると、健康保険や厚生年金、雇用保険、労災保険などの社会保険が完備されている薬局が一般的です。それに加えて、産休育休制度や介護休暇、財形貯蓄、社宅制度など各種福利厚生が充実しているところもあります。大手調剤薬局のマツモトキヨシと比べてみると、社会保険のほか、買い物割引(10%)や共済保険、新卒・転勤借上げ社宅、提携保養施設など、中小の調剤薬局とはまた違った福利厚生があるようです。

→神奈川県川崎市川崎区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

川崎市川崎区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

川崎市川崎区は、男性が約15,000人ほど多く総人口約227,000人で、前年度に比べて約1.3%人口が増えている地区です。

神奈川県内に多くの店舗をチェーン展開している大手のドラッグストアや大小の病院などの医療機関が約340件ほどあり、病院と提携している調剤薬局などでは薬剤師のニーズが高くなったため、多数の求人募集を行なっています。

薬剤師としての調剤業務はもちろんですが、マツモトキヨシでは調剤とOTC医薬品販売や日用品販売も行っているため、店舗スタッフとともにOTC販売なども行なうこともあるようです。

薬剤師として転職を考えている方で専門性に重視した調剤の仕事をしたい方には、マツモトキヨシのようなドラッグストアと併設した薬局よりも提携している病院からの処方箋による調剤を専門としている調剤薬局の方がふさわしいと言えます。

川崎市川崎区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

神奈川の川崎市川崎区には、非常にたくさん薬剤師の求人が出されています。総人口が増え続けている上に、生産年齢人口と老齢人口の割合がとても高いからです。具体的には、2005年と2010年を比較して13534人、6.6パーセントの人口が増加しています。また、総人口217328人のうち、生産年齢人口が146075人、老齢人口が43138人です。

薬剤師の求人が多い分だけ、その勤務時間も多種多様ですが、19時までに上がれる条件も多く見られます。例えば、9:00から18:00、9:00から19:00の条件を確認できます。

マツモトキヨシが原則実働8時間、休憩1時間の変形労働時間制であることを考えると、それよりも決まった時間で働きやすい職場を探せる地域です。

川崎市川崎区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄