地域名:東京

2017.02.06

薬剤師が新宿区の求人を探す際に陥りがちな罠|賢い転職方法は〇〇

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは新宿区で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

新宿区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、新宿区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

新宿区のエリアの特徴

東京都新宿区は国内でも有数の繁華街を抱えていて、交通アクセスは良好なものとなっています。中心は「新宿駅」となり、JR山手線をはじめとして数多くの路線が乗り入れているメガターミナルです。近隣はもちろん、区外や東京都の他からも通いやすい立地となっていて、薬剤師の求人を探している場合、通勤に困ることはありません。バスも運行していて駅チカ以外でも通いやすく、どこを選んでも問題はないです。

駅を中心にして商業施設が立ち並び、仕事が終わった後にウィンドーショッピングを楽しむことができます。グルメスポットも多く、ファストフードからレストラン、内容も和洋中をはじめ多国籍料理がそろい、仕事先として素晴らしい環境です。

新宿区の薬剤師の年収

新宿区の平均年収は20代で46万円台、40代で540万円台となっていますが、これらの数値には正規雇用者だけではなく、フリーターや契約社員といった非正規雇用者も含まれていてばらつきがあります。詳しく知りたい場合は転職情報サイトなどで確認することをすすめます。薬剤師の場合は一般正社員で580万円から650万円、管理職として650万円から、休日出勤などに特別手当が支払われるケースが多く、福利厚生もしっかりとしています。

求人先としては病院や薬局、さらにドラッグストアなどもあり、勤務時間や仕事内容が異なっています。特徴としてはチェーン展開している店舗の場合、複数店で働く場合があり、自分の理想に適したところを見つけることが大切です。

→東京都新宿区の高時給求人を薬キャリで見てみる

新宿区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

新宿区は、総人口約338,500人でそのうち約41,300人が外国人在住者で東京都内有数の繁華街のある地区です。

大学病院や個人病院、薬局などが約1124件点在し、都内23区内で5番目に医療機関が多い地区でもあります。

調剤薬局での調剤業務も増えたことにより、調剤薬局のニーズに応じ多数の薬剤師の求人募集があります。

求人情報を区内の調剤薬局と数多くの店舗展開している大手のドラッグストアチェーンのココカラファインと比べると、社会保険などの加入や休暇制度などの福利厚生は同様に充実しています。

サプリメントや日用雑貨を取り扱うドラッグストアと併設しているココカラファインでは、職場以外の店舗でも社員割引を利用しお得な値段で取り扱い商品を購入ができることも福利厚生に含めていることが、大きな違いと言えます。

→東京都新宿区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

新宿区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

東京の新宿区の人口は、全国の市区町村の中で78番目に多い32万6千人となっています。そのため、病院数は814市区町村の中で99番目、診療所は21番目となっています。それでも、人口密度の高い新宿区は、病院や診療所の数が足りていないため、薬剤師の業務内容は他の都道府県と比較して忙しい状況となっています。高齢者比率も高まっている地域であるので、薬剤師の業務内容としては、調剤業務に加えて、薬の説明を丁寧に行う服薬指導の業務が多くなってきています。特に大手調剤薬局と比較すると、ココカラファインで求人している人物像としては、服薬指導に関してしっかりと行える人、健康食品の接客販売やカウンセリング業務などが行える人が望まれています。

新宿区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

東京都新宿区は、人口が326309人と非常に多く、その人口のほとんどが15歳から64歳の人で占めています。一般病棟の数も医師の数も比較的多いので、その分薬剤師の求人も多くあります。新宿区の薬剤師の勤務時間は、おおよそ9時から19時の間で、シフト制のところが多いようです。1週間の勤務時間は40時間ほどなので、平均的といえるでしょう。一方、大手調剤薬局であるココカラファインの勤務時間は、7時から22時の間で1日平均8時間、週40時間ほどです。営業時間が長く、変形労働制なので、夜に勤務することもあります。地元の薬剤師は、信頼関係を築いたりできる点で必要な存在であり、ココカラファインなどの大手調剤薬局は、営業時間が長いことが、時間に縛られずに気軽に利用できるという良い点につながっているといえるでしょう。

新宿区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄