地域名:北海道

2017.02.01

【転職裏技】求人が多すぎる!札幌市厚別区の薬剤師が失敗しない方法

「転職したい」と思っても、大量の求人情報が溢れる転職サイトから自分にぴったりの職場を探すのはとっても大変。

ここでは札幌市厚別区の薬剤師さんが、転職で失敗しないために相談するべき転職エージェントをご紹介します。

札幌市厚別区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、札幌市厚別区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

札幌市厚別区のエリアの特徴

札幌市厚別区は、高収入で薬剤師の求人を行っている職場がたくさんあります。札幌市の東端で江部市と接していますが、大都市に珍しい広大な森林公園が憩いの場となっています。

JR北海道の函館本線・千歳本線が通っておりますが、千歳本線は札幌から苫小牧までの鉄道ですが、南千歳で新千歳空港駅の支線があります。そのため道外から、来札する人たちの玄関口は厚別の「新札幌駅」になります。更に、新札幌駅からは地下鉄東西線が札幌都心にまで開通しているので、鉄道の要衝になっているのです。

新札幌駅周辺は札幌の副都心として開発された地域で、電力・郵政や行政機関が集まっています。国道12号線・道道3号が、新札幌駅を目指して開削されていますし、道央高速道路のインターチェンジもあるためマイカー通勤も可能です。新札幌駅には大型のショッピングセンターやデパートもあるので勤め帰りには買い物もできます。

札幌市厚別区の薬剤師の年収

札幌市厚別区の薬剤師求人は業種が多いため、希望に応じた職場を選ぶことが可能です。今回紹介する調剤薬局の職場は、地下鉄東西線新さっぽろ駅から徒歩4分の好立地にあります。札幌副都心の中心地ですから、通勤にも便利なところです。未経験者や長く休まれてブランクのある方も受け付けていますので応募しやすい案件です。

正社員とパートの採用で、経験のある方には優遇措置があります。正社員の場合は年収を390万円~600万円とキャリアに応じています。パートの場合は、時給を経験に応じて2000円~2500円となっています。経験に応じて給与が決まりますので、無理をしないで勤めることができます。土日に休みもとれますので家庭と仕事の両立も可能です。

→北海道札幌市厚別区の高時給求人を薬キャリで見てみる

札幌市厚別区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

北海道札幌市厚別区は、市の東部にある人口約12万8000人の街です。区の平均年齢は45.4歳・高齢化率28%で全国の平均より少し早く高齢化が進んでいます。

札幌市厚別区の薬剤師の求人を見てみると、各種社会保険の完備や交通費の支給がある薬局が多いようです。大手ドラッグストア ツルハドラッグと福利厚生面を比較してみると、薬剤師国家試験準備制度や自己育成手当てが付くなど、安心してキャリアを積んでいけるような環境が整えられています。また保養所などの施設の利用や独身マンションが用意されるなど、札幌市厚別区の中小薬局と比較して待遇面が充実をしています。本社や研修センターなどで新入社員の研修が行われたり、OTCの集合教育なども実施され、キャリアを磨きながら仕事ができます。

→北海道札幌市厚別区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

札幌市厚別区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

札幌市厚別区は、北海道内でも札幌市のベットタウンとして急速に都市化の波に乗った地区です。札幌中心部と市営地下鉄東西線で繋がり、通勤通学者で地下鉄駅が賑わいます。その乗降客を相手にドラッグストアーの店舗を展開しているのがツルハドラッグ株式会社です。現在、札幌市厚別区に6店舗を開設し、店舗運営を担う薬剤師や登録販売者の求人募集をしています。ツルハドラッグの場合、院外処方せんを処理する調剤室併設型ドラッグストアーでの経営が主体ですので、一般医薬品や医薬部外品及び化粧品等を販売する部門担当として登録販売者を多く採用しているとのことです。それに対して、札幌市厚別区内にある調剤専門薬局では、区内の医療法人総合病院や内科と眼科及び歯科等の診療所から出される院外処方せん受付を仕事の柱に据えて経営をしています。近年、寝たきり老人の問題が社会問題化してきており、区内の調剤専門薬局の薬剤師の仕事にも、在宅訪問方式の保険医薬品の届け業務が加わってきています。

札幌市厚別区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

北海道札幌市は人口が約1,914,000人で、国内第4位の政令指定都市です。人口は現在も増加しており、札幌市での薬剤師求人募集は非常に多く、お仕事が見つかりやすい地域となっています。病院も179所あり、全国の市区の中では2番目の多さです。一般病床数も全国2位で、21,961床もあります。

札幌市厚別区では、勤務時間が午前9時から午後6時までの調剤薬局が多くなっています。それ以外の薬局でも、午後5時台や午後7時台に勤務が終わるところが多く、夜間営業を行っている店舗はあまり見られません。大手調剤薬局のツルハドラッグでの薬剤師の勤務時間は、平日の午前9時から午後6時までとなっており、中小の調剤薬局の勤務時間と変わらないようです。

札幌市厚別区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄