地域名:北海道

2017.02.01

薬剤師が札幌市の求人を探す際に陥りがちな罠|賢い転職方法は〇〇

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは札幌市で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

札幌市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、札幌市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

札幌市のエリアの特徴

北海道の人口は現在約550万人ですが、札幌市の人口は190万人を超えております。そのため医療機関も集中しているので、薬剤師求人は北海道で最も多い都市になります。

明治の時代から北海道庁を置き町づくりを進めてきました。現在大通公園のテレビ塔があるところを基点として、碁盤の目に街並みがあります。この公園を境に北側が官公庁街、南側が商業地と歓楽街のススキノ界隈があります。石狩平野にあるため面積が広く、10の行政区で市民の生活を守っています。

ほぼ中心地にJR札幌駅があり、北は稚内、南は函館、東は根室への起点駅になっています。陸路も国道5号、12号、274号、275号がローカル都市に繋がっており、更に道央高速道路も札幌JCTを中心に走ることができます。更に札幌市民の貴重な足になっているのは地下鉄で、南北線、東西線、東豊線が冬場の通勤通学に欠かすことが出来ません。

札幌市の薬剤師の年収

札幌市白石区にある調剤薬局を紹介します。一般薬剤師の正社員とパートの求人で、経験のある人を対象としています。JR函館本線の苗穂駅から徒歩17分、地下鉄東西線東札幌駅からは徒歩21分のところにあります。

正社員の給与は年収を最大650万円まで考えております。年齢の制限はありませんので、経験に応じて給与が決まります。ただし、会社の給与モデルがあり、20代で年収500万円、30代で560万円ですから、この数字を参考にしキャリアを照らし合わせると比較的年収予想も付くかと思います。また、パートの時給は2,000円~2,500円ですから一般的です。通勤帰りに札幌駅や大通公園駅に足を伸ばせる位置に職場があります。

→北海道札幌市の高時給求人を薬キャリで見てみる

札幌市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

札幌市は、北海道最大の都市で人口19万1千人を抱えています。人口全体に占める生産年齢人口率(15-64歳)は63.74パーセント、高齢人口率(65歳以上)は24.69パーセントとなっています。人口も増加傾向にあり、札幌市内では薬剤師をはじめ求人広告も充実しています。薬剤師の求人内容をドラッグストア大手のツルハドラッグと比較すると、福利厚生では大きな相違がないことが分かります。病院では家族手当や通勤手当を保証している求人も見受けられますし、店舗でも時間外手当や薬剤師手当などが含められています。パートやアルバイトであれば経験不問としていることも多く、未経験者でも歓迎されています。それでだけ札幌市は調剤薬局での人材が不足しているということでしょう。

→北海道札幌市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

札幌市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

北海道札幌市は現在総人口が190万人以上、65歳以上の高齢人口率が約25%で、2014年の厚生労働省「医療施設調査」によると一般病院総数が179ヶ所となっています。北海道札幌市での薬剤師(正社員)の求人はかなり多くあり、店舗も地域に密着しており、駅から近い場所にあることが多いです。そのため通勤には電車が便利です。職場はアットホームであることや、休日に関しては週休二日制もしくは4週6休、育児休暇の充実や残業がほとんどないことを謳っているところが多くあります。一方で大手のツルハドラッグは地域に密着したかかりつけ薬局を目指しているのは同じですが、福利厚生や教育制度の充実、大手のネットワークを生かしてどの地域の医療機関からも常に薬を提供できる体制を整えている点が異なります。

札幌市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

北海道札幌市は人口190万人を超える政令都市で北海道の人口の3割にあたり、全国で5番目の都市です。 北海道開拓の拠点として発展し続け、空の玄関口である新千歳空港は全国の空港と結ばれており日本中から人が集まる為、調剤薬局の需要は高く薬剤師の求人数が多い市であると言えます。

大手調剤薬局ツルハドラッグと勤務時間を比較すると週休二日制の週40時間労働シフト制であることは共通していますが、ツルハドラッグは平日9:00〜18:00勤務、土曜日は9:00〜13:00勤務、日曜・祝日は休みとする店舗が多く見られます。 札幌市の薬剤師は平日9:00〜18:00勤務が多く見られますが、夜の時間帯をメインに23:00まで勤務する調剤薬局や土曜日も平日と同様の時間帯勤務とする調剤薬局もいくつかあり、日曜・祝日は休みとする場合が多いようです。

札幌市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄