地域名:神奈川

2017.02.03

求人探しは長期戦!?横浜市保土ケ谷区で薬剤師が転職する最短の方法

「転職したい」と思っても、大量の情報が溢れる求人サイトから自力で理想の職場を見つけようとすると、とても長い時間がかかってしまいます。

ここでは横浜市保土ケ谷区で転職を考えている薬剤師さんが、手早く簡単に就職先を見つけられる方法を教えます。

横浜市保土ケ谷区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、横浜市保土ケ谷区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

横浜市保土ケ谷区のエリアの特徴

神奈川県横浜市保土ケ谷区には、主要な交通手段としてJRの東海道本線、横須賀線、湘南新宿ラインなどが通っており、保土ケ谷区の各線の駅を合わせると10箇所もありますので大変便利です。

また、路線バスについては横浜市営バス、相鉄バスが保土ケ谷区内にバス路線を持っておりますので最寄のバス停からこれらのバスを使うことで容易に目的地へ行くことができます。車での通勤が可能な場合も主要道路として国道1号線、首都高もあり近隣からのアクセスもスムーズです。よって薬剤師の求人募集をされている薬局までは比較的簡単に乗り継ぎもできます。

横浜市保土ケ谷区は、その昔、宿場町として知られておりました。現在の国道1号線は東海道と言われており、毎年お正月に行なわれる箱根駅伝では第2区のコースとしてテレビ中継されます。お正月の風物詩を観るのに嬉しい場所ですね。

横浜市保土ケ谷区の薬剤師の年収

神奈川県の薬剤師の年代別平均年収は、20代で4,510,000円、30代で5,230,000円、40代で5,470,000円、50代で5,340,000円となっており、県平均にすると5,137,500円となります。

あくまで、平成28年11月時点での情報ですので、詳細についてはハローワークや求人サイトなのでご確認ください。

実際、薬剤師の神奈川県の平均の金額と、横浜市保土ケ谷区のみの平均金額には差があります。

今回、保土ケ谷区の薬剤師の求人募集を確認すると、年収3,700,000円~8,250,000円まで幅もあります。医療関係であることから安定した収入を得たいという方にはお勧めの仕事ではないでしょうか。今後、必要な年収がどれくらいなのかなどを考えた上で自分にあったな勤務先を見つけてください。

→神奈川県横浜市保土ケ谷区の高時給求人を薬キャリで見てみる

横浜市保土ケ谷区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

毎年人口が増えている傾向にある横浜市保土ケ谷区は、男性約82,000人女性約84,500人の総人口約166,500人で女性の方が2,500人ほど多いエリアです。

横浜市保土ケ谷区内には、約291件の病院や個人医院、薬局などの医療機関があり、病院の処方箋対応が増えていることから調剤薬局では薬剤師の求人募集も多数行なっています。

神奈川県内にも点在している大手ドラッグストアのマツモトキヨシと調剤薬局の薬剤師の求人情報を比べると、正社員の社会保険完備や育児休暇などの休暇制度についてはいずれも充実しており、育児休暇後の復職率も高いようです。

調剤薬局では、それに加え子育てと家庭の両立のための時短勤務を福利厚生に入れている薬局もあるため、子育て中の方には時間的な融通が利く調剤薬局の方が適切と言えます。

→神奈川県横浜市保土ケ谷区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

横浜市保土ケ谷区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

人口約207,000人の横浜市保土ケ谷区は、女性が約1,000人多く前年度と比べると約1,000人位人口が増えている地域です。

住宅地が多いため、病院などの医療機関も点在しその周辺には個人経営の調剤薬局があり、駅前などの商店街には大手のドラッグストアなどもあります。

薬局関係が多いことから薬剤師の求人募集も多々あり、その業務内容を神奈川県内に数多くの店舗を持つ大手のマツモトキヨシと一般的な調剤薬局と比べると、調剤の仕事は同様ですが販売スタッフなどの役割があるのが大きな違いです。

マツモトキヨシでは、OTC医薬品を取扱っているためその販売やアドバイスなども行ない、さらに経営などに興味のある方は薬剤師の仕事をしながら、店内の管理業務などの薬局運営の仕事に携わることもあります。

調剤薬局では、OTC医薬品を扱っている薬局であっても積極的な販売業務などがないため、本来の薬剤師としての仕事で転職したい方には最適と言えます。

横浜市保土ケ谷区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

神奈川県横浜市保土ケ谷区は市を構成する18行政区の一つで、前年比で6000人ほどの人口増加の傾向にあります。特徴としては平均年齢が横浜市全体よりも若干高く、高齢世帯の多いところです。それだけに医療施設や薬局などの需要が高く、医者や看護師や薬剤師などの求人が活発に行われています。

個人の薬局の勤務時間を大手であるマツモトキヨシなどと比較してみると、だいたいは短い傾向になります。理由は正社員よりもパートなどの非正規雇用で、シフト制によるものが多いからです。また営業時間を見ても個人の薬局は短く、中心となっているのが時給制のパートなので、週に40時間弱と短い時間での勤務となります。主婦業を兼ねている人も多く、家庭との両立がしやすいのが特徴です。

横浜市保土ケ谷区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄