地域名:神奈川

2017.02.06

【転職豆知識】薬剤師が横浜市南区で求人を探す時に借りるべき猫の手

「求人情報が多すぎて探すのが大変!」

「求人情報を見る暇がない…」

転職したい薬剤師にとって、求人情報集めは何かと手間がかかるもの。まさに猫の手も借りたい状態ですよね。

ここでは横浜市南区で転職を考える薬剤師がスムーズに転職するためのお手伝いをする「転職エージェント」を紹介します。

横浜市南区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、横浜市南区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

横浜市南区のエリアの特徴

神奈川県横浜市南区は市を構成する18の行政区のひとつで、人口密度が最も高いのが特徴です。交通はJR根岸線、横浜市営地下鉄ブルーライン、京急線が通っています。バスも5社が乗り入れており市内の移動はとても楽で、市街地からのアクセスも良くなっています。薬剤師の求人を探している場合、駅やバス停の近くを狙うと通勤しやすく便利です。道路も整備されていて、マイカー通勤が可能な場合はドライブがしやすい環境と言えます。

石川町駅を最寄りとした場合、駅前にはカフェやレストランといった飲食店が多く、ランチタイムの利用から、仕事が終わった後にお茶を飲んで休憩する、夕食を食べていくなど使い勝手が良く便利なエリアとなっています。

横浜市南区の薬剤師の年収

神奈川県で働いている薬剤師の平均年収をチェックすると、20代が450万円、40代が540万円と専門職にしては低く感じるかもしれません。ただこの数値にはパートや契約社員といった非正規雇用者も含まれていて、除いた正式な数値が知りたい場合は転職専門サイトの方に問い合わせてください。横浜市南区で求人募集をしている調剤薬局を例にすると、正社員が550万円から700万円となり、パートの時給が2000円からになります。福利厚生がしっかりとしていて、休みも週休二日制をとっているところが多くなっています。

職場としては調剤薬局の他にも病院やドラッグストアがあり、未経験者やブランクがある人も積極的に雇用していますから、募集しやすいです。

→神奈川県横浜市南区の高時給求人を薬キャリで見てみる

横浜市南区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

人口約3,732,000人の神奈川県横浜市の中で約195,000人の人口の横浜市南区は、人口密度が横浜市で2番目に高く前年度に比べて少し人口が増えている地区です。

約295件の大小の病院や薬局、全国にチェーン展開している大手ドラッグストアが点在しています。

調剤薬局では調剤業務が増えたことにより薬剤師の求人募集も多数あります。

求人情報をマツモトキヨシと比べてみると、正社員のための雇用保険や健康保険などに加入、産休や育児休暇などの休暇制度については、どちらも福利厚生として整えていますが、研修制度を福利厚生に入れている点が大きな違いです。

実務経験のない方やブランクのある方などのための勉強会や指導は調剤薬局でも行なっているようですが、新任研修やスキルアップ研修などの研修制度は、大手のドラッグストアの方が充実していると言えます。

→神奈川県横浜市南区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

横浜市南区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

神奈川横浜市は日本の814市町村の中で最も人口が多い市です。そのうち横浜市南区の人口は約19万人で横浜市の18区の中でいちばん人口密度が高い地域となっています。

横浜市全体としては、人口はわずかながら増加傾向にあり、高齢人口率が701位/814となっているので高齢化のスピードは少しゆるやかです。

当然一般病院数は4位/814と多いのですが、人口10,000人当たりの医師数が240位/814なのでそう多くはありません。

横浜市南区の薬剤師の求人は人口密度が高いエリアでの勤務となる為、調剤薬局業務は日々数多くこなす必要があると考えられます。

なお大手ドラッグストアのマツモトキヨシでは調剤業務と平行して、OTC薬の接客販売なども行っています。

横浜市南区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

横浜市は神奈川県の東部に位置する県庁所在地で、人口は約3,689,000人です。日本全国にある814市区の中で一番大きな都市となっています。それゆえ、医療機関の数も非常に多く、一般病院総数は113所、一般診療所総数は2,915所もあります。65歳以上の高齢人口率が23%で、人口も依然増加傾向にあることから、これからさらに薬剤師の求人が増えることでしょう。

横浜市南区にある調剤薬局では、勤務時間が9時から18時までのところが多くなっています。また、週労働40時間のシフト制を導入しているところもあります。大手調剤薬局のマツモトキヨシの場合ですと、横浜市南区にある店舗の営業時間が9時から21時30分までと、8時から23時までで、実働8時間の変形労働時間制となっています。大手薬局では深夜勤務もあるようです。

横浜市南区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄