地域名:神奈川

2017.02.03

【転職裏技】求人が多すぎる!横浜市瀬谷区の薬剤師が失敗しない方法

「転職したい」と思っても、大量の求人情報が溢れる転職サイトから自分にぴったりの職場を探すのはとっても大変。

ここでは横浜市瀬谷区の薬剤師さんが、転職で失敗しないために相談するべき転職エージェントをご紹介します。

横浜市瀬谷区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、横浜市瀬谷区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

横浜市瀬谷区のエリアの特徴

神奈川県横浜市瀬谷区は、横浜駅中心部や都内へのアクセスも良いことから、大きく発展を遂げてきました。鉄道では、相模鉄道が大きな役割を果たしています。横浜市瀬谷区内にJR線の駅はありませんが、相模鉄道を使うことで横浜駅に容易に出ることが可能なため、利便性が高まっているのです。道路については、国道16号と246号がメインとなります。横浜市瀬谷区では、人口流入も続いており、調剤薬局や診療機関、ドラッグストアなどが増加の一途をたどっています。薬剤師の求人も多く、人材確保に努める機関や店舗が増えています。今回の求人は、三ツ境駅から歩いても5分という、大変通いやすい調剤薬局です。三ツ境駅周辺には、オシャレなお店も多くありますので、仕事が終わってからの時間も楽しくなるでしょう。

横浜市瀬谷区の薬剤師の年収

神奈川県の薬剤師の平均年収は、20代になりますが、4,510,000円となっています。同じく神奈川県内の同年代の一般的な年収の、おおむね274万円と比較しても、かなりの高収入ぶりがわかります。横浜市瀬谷区の薬剤師の求人の詳細について、興味関心がある方は、専任担当者がいる転職サイトの窓口に問い合わせてみてください。今回の求人では、正社員の募集となっていますが、年収が600万円以上ですので、破格といってもいいのではないでしょうか。横浜市瀬谷区にお住まいの一般的な方の年間収入が約462万円ですので、その金額をはるかに上回っています。こちらの調剤薬局では、離職率も低いと評判ですので、応募しやすいでしょう。

→神奈川県横浜市瀬谷区の高時給求人を薬キャリで見てみる

横浜市瀬谷区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

横浜市瀬谷区の薬剤師求人の中には,住宅手当だけではなくて、社宅支援制度を準備しているところまであります。他府県から働きに出てくる人はまず住居の心配をしなければなりませんが、住む場所に関する福利厚生がしっかりしていると、その点で心配がないのがいいですね。神奈川県の大手調剤薬局と言えばマツモトキヨシがありますが、それと比較をしてみても住宅に関する支援度は上です。しかし、大手の場合は中小にはない豊かな研修制度がありますから、すでに地元に住んでいるという方にはそちらの方が魅力的に映るかもしれません。珍しいものとしては、独立開業支援制度も見受けられます。将来的に自分の店舗を持ちたいなら、悪くはない選択肢になるでしょう。

→神奈川県横浜市瀬谷区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

横浜市瀬谷区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

神奈川横浜市瀬谷区は、横浜市という単位で見た場合に、全国814の市町村のうち、人口では1位となっています。恵まれた交通アクセスや経済的情勢もあり、人口は増加の一途をたどっています。しかしながら、高齢人口率についても、23.24%と高くなってきており、その動向については注視していく必要があります。

高齢化への対策も進む中、薬剤師のニーズも拡大しており、調剤薬局の求人数も増加しています。横浜市瀬谷区では、大手調剤薬局のマツモトキヨシの数も増えています。マツモトキヨシでは、医薬品に加え、化粧品や日用品なども販売しています。それに比較した場合、調剤業務の他にも服薬相談や飲み合わせの相談など、業務内容は多岐に渡ります。

横浜市瀬谷区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

神奈川県横浜市の人口の増減率は、103%で人口増加地域になります。そして65歳以上の高齢者の割合は23.24%で27年度の全国平均26%をかなり下回っていることが分かります。半面、働き盛りの15歳~64歳までの生産人口年齢比率が著しく伸びていることが理解できます。人口増加率が高い為、薬剤師の求人も増加していることが予測されます。横浜市瀬谷区の薬剤師の求人の勤務時間は、9:00~18:00で週40時間で年間定休日が120~125日が多いようです。大手調剤薬局マツモトキヨシの求人の勤務時間は10:00~22:00で週休2日で週40時間変形労働制で年間定休が116日となっています。やはり営業時間が長い分、夜間勤務の負担が大きいようです。

横浜市瀬谷区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄