地域名:神奈川

2017.02.03

【転職裏技】求人が多すぎる!横浜市磯子区の薬剤師が失敗しない方法

「転職したい」と思っても、大量の求人情報が溢れる転職サイトから自分にぴったりの職場を探すのはとっても大変。

ここでは横浜市磯子区の薬剤師さんが、転職で失敗しないために相談するべき転職エージェントをご紹介します。

横浜市磯子区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、横浜市磯子区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

横浜市磯子区のエリアの特徴

神奈川県横浜市磯子区の交通アクセスは根岸線、京急本線、金沢シーサイドラインなどがあります。他の移動手段として路線バスも複数出ていますから、エリア内のほぼあらゆる場所に行くことが可能です。そのため磯子区内で薬剤師の求人を求める場合、市街地からでも通いやすい条件がそろっています。また薬局の利用者のことを考えて、駅やバス停から徒歩15分以内であることが多く、職場として魅力的です。

駅前は商業施設がありますから、ファッションアイテムやグルメのスポットに困りません。業務後にショッピングを楽しむこともできますし、食事の場所もファストフードやカフェ、レストラン系が揃っていて選べるのが嬉しいポイントになっています。

横浜市磯子区の薬剤師の年収

神奈川県の薬剤師の年収は全国平均から見て中ほどで、初任給は450万円前後、キャリアを積んだ30代や40代の場合は600万円台が平均値となり、努力次第ではさらに高額も目指せます。またこれらのデータは正規雇用だけではなく、パートや契約社員といった非正規雇用者も含まれていますから、より詳しい情報が知りたい場合は転職サイトなどに問い合わせてみてください。

横浜市磯子区で求人を探せば、転職に関してはキャリアを持っていれば年収600万円台が普通となります。東京や大阪と並ぶ大都市である神奈川県も磯子区の場合は家賃や物価はやや落ち着いていますから、暮らしやすさもあります。薬剤師の需要は高く、探せば自らの求める条件が見つかります。

→神奈川県横浜市磯子区の高時給求人を薬キャリで見てみる

横浜市磯子区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

横浜市磯子区は、横浜市の総人口約3,732,000人のうちの約166,500人が在籍し女性の方が男性よりも約3,000人ほど多い地区です。

区内には、大規模な病院や個人医院、薬局などが約260件あります。

病院と提携している調剤薬局や調剤を併設している大手のドラッグストアでは、調剤業務が増えたことにより多数の薬剤師の求人募集を行なっています。

求人募集の福利厚生面を神奈川県内にもチェーン展開しているマツモトキヨシと一般的な調剤薬局とを比べると、健康保険や労災保険などの社会保険の完備、産休や育児休暇などの女性が働き易い待遇を整えている点ではいずれも同じです。

相違点としては、週休2日制であってもマツモトキヨシでは、ドラッグストアを併設しているため土日休みではなく、シフト制による休日ということです。

子育てと仕事を両立したい方には、お子さんの学校の休みに合わせて土日祝日休みの多い調剤薬局を選ぶことが望ましいと言えます。

→神奈川県横浜市磯子区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

横浜市磯子区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

横浜市磯子区は、横浜市の総人口3,732,000人のうちの約166,500人が在籍し女性がやや多く、前年度よりも少しだけ人口増加しています。

横浜市磯子区内には、個人病院などの医療機関も住宅地などもにも点在し、その周辺には病院と連携している調剤薬局も点在しています。

商店街や駅前などには神奈川県内に数多くの店舗を構えている大手のドラッグストアもあり、いずれも薬剤師のニーズが高く求人募集も多く見られます。

調剤薬局と大手のドラッグストアのひとつのマツモトキヨシと業務内容を比べてみると、マツモトキヨシでは調剤とOTC販売を併設しているため、OTC医薬品に関する説明や接客販売も行ないます。

調剤薬局によってはOTC医薬品を取扱っている薬局でも、薬剤師が販売スタッフのように接客販売を行なうことは少なく、専門性を活かしたよく調剤業務のみとしていることが多いようです。

そのため、薬剤師として転職を考えている方には、調剤薬局の方が適切と言えます。

横浜市磯子区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

神奈川は都道県別にみて東京都に次ぐ第2位の人口数となり、横浜市磯子区も同様です。こちらのエリアは再開発が進んでおり、人口数の増加が見込まれています。そのため医療機関の数も多く、比例して調剤薬局の数も増えて薬剤師の求人も活発に行われているのです。

市内の個人店と大手調剤薬局であるマツモトキヨシの勤務時間を比べてみると、個人店の方が時間的な融通が付くことが多く、正社員よりもパートや契約社員の方が多く、特に子供のいる母親が勤めている傾向が高いです。理由としては働き方の都合が付きやすいところで、大手と比べて営業時間も短いのが特徴になっています。主に9時から19時の営業時間が多く、その中でシフト制を導入して週40時間で働く人が多くなっているのです。

横浜市磯子区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄