地域名:神奈川

2017.02.03

求人多すぎ!横浜市神奈川区で薬剤師が転職を成功させる唯一の方法

「転職したい」と思っても、多くの求人情報が溢れる転職サイトから、自分に合う職場を探し出すのはなかなか難しいものです

ここでは横浜市神奈川区で転職を考えている薬剤師さんが、簡単に就職先を見つけられる唯一の方法を教えます。

横浜市神奈川区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、横浜市神奈川区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

横浜市神奈川区のエリアの特徴

神奈川県横浜市神奈川区は、横浜市にある18の区のうちの一つです。横浜市で最初にできた区です。

鉄道は、JR東日本横浜線が通っており、神奈川区の東神奈川駅と東京都八王子市を結んでいます。また、JR京浜東北線も通っており、横浜市西区から東京駅を経由して、埼玉県の大宮駅まで続いています。

京浜急行電鉄京急本線は、神奈川県横須賀市から東京都港区まで運行しています。東急東横線も通っており、東京都渋谷区から横浜駅を結んでいます。横浜市営地下鉄ブルーラインもあります。

車で通勤する場合は、国道1号や国道15号の他、多くの県道が通っています。

薬剤師の求人募集をしているこちらの調剤薬局は、JR横浜線大口駅徒歩1分という好立地な場所にあります。また、車での通勤もできますので、お仕事が終わったあとで、お買い物やお食事に出かけるのも大変便利でしょう。

横浜市神奈川区の薬剤師の年収

神奈川県の薬剤師の平均年収は、20代で451万円、30代で523万円、40代で547万円、50代で534万円となっています。

神奈川県は大変人気のあるエリアで、多くの薬剤師の方が神奈川県で働いています。その中でも横浜市は人気が高く、求人の空きが少なくなっておりますので、年収の相場が低めになっています。

住宅街が多い都筑区や横浜市内陸部も人気のエリアとなっています。

湘南エリアや小田原などの西部、相模原、大和などの内陸部などは薬剤師が不足しており、年収の相場が高めとなっています。

横浜市神奈川区にありますこちらの調剤薬局では、700万円という高収入で求人募集しております。パートの場合ですと、時給2,000円となっております。働き方が選べますし、未経験の方や長期ブランクがある方も問題ありませんので、応募しやすい求人だといえるでしょう。

→神奈川県横浜市神奈川区の高時給求人を薬キャリで見てみる

横浜市神奈川区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

神奈川県横浜市神奈川区の薬剤師の求人では、各種社会保険が充実していることに加え、夏季休暇や年末年始休暇がしっかりと取れる態勢が整っているようです。また、お子様を育てる年代の女性に嬉しい産前産後休暇や、出産手当などがあるところが多いので、子供ができてからも働きやすく、復帰しやすい環境が整っていると言えますね。住宅手当は多くの薬局にあるので、引っ越してすぐでも困ることはなさそうです。大手調剤薬局マツモトキヨシの福利厚生は、アニバーサリー休暇や特別休暇などもあるので、大手の方が福利厚生は充実しています。しかし、全体的な充実度で言うと、中小の薬局でも充実している傾向にあるので、働き続けやすい環境と言えそうです。

→神奈川県横浜市神奈川区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

横浜市神奈川区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

横浜市神奈川区は、人口約240,000人で男性の方が多く面積に比べ人口が多い地域です。

区内には、個人病院などの医療機関も多いため、神奈川県内に数多くの店舗のあるマツモトキヨシなどの大手ドラッグストアや個人病院と提携している調剤薬局もありますので、薬剤師の求人募集も行われています。

調剤薬局では、提携の病院からの処方箋に基づく薬の調剤がほとんどで販売スタッフのような接客はなく、接客は服用方法の説明程度ですが、それに比べマツモトキヨシでは、調剤のほかにOTC販売のための接客や薬局運営にも携わる場合もあります。

そのため、薬剤師としての仕事を希望される方や接客販売が苦手な方には、調剤薬局の方がふさわしいようです。

横浜市神奈川区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

神奈川の横浜市神奈川区は、人口が安定して増加し続けている地域です。また、さまざまな企業が利用しているオフィスビルや高層マンションが立ち並んでいることから、生産者人口、特に20歳から34歳の人口が多くなっています。

人口が多い分だけ、これからもどんどん新たな薬剤師の求人が出される見込みです。

勤務時間は週40時間程度が平均ですが、9:00から18:00を基本として19時までとなっている条件も多く確認することが可能です。

しかし、勤め先の調剤薬局やドラッグストアの方針に応じて、21:30や21:00まで勤務している場合もあります。

大手のマツモトキヨシが原則実働8時間、休憩60分であることから考えると、大手と変わらない勤務時間で働ける薬剤師の求人が多い地域と言えます。

横浜市神奈川区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄