地域名:神奈川

2017.02.06

【転職裏技】求人が多すぎる!横浜市青葉区の薬剤師が失敗しない方法

「転職したい」と思っても、大量の求人情報が溢れる転職サイトから自分にぴったりの職場を探すのはとっても大変。

ここでは横浜市青葉区の薬剤師さんが、転職で失敗しないために相談するべき転職エージェントをご紹介します。

横浜市青葉区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、横浜市青葉区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

横浜市青葉区のエリアの特徴

神奈川県の横浜市青葉区のエリアの特徴について説明いたします。

神奈川県横浜市には多くの駅があるので、遠方に自宅があっても、駅に近い薬剤師の求人があった場合は、列車を利用することで通いやすいのが特徴です。列車の路線数も多いため非常にアクセスしやすくなっております。バスも、複数の路線が運行されているため、勤務地が市内どこの位置にも通勤に便利です。幅広い地域の方のご利用いただけます。職場へ車通勤の場合には、国道を利用し、出勤前に買い物や、業務時間後の寄り道もすることが出来ます。

県内でも大きな規模の駅である横浜駅が最寄りの求人であり、駅周辺には食事する店舗が揃っているので、食事には困らない便利な環境がそろっています。

転職を検討の方は是非参考にしてみてください。

横浜市青葉区の薬剤師の年収

横浜市青葉区の薬剤師の年収

神奈川県の薬剤師の平均年収は、20代で4190000円、30代では7510000円です。働きやすい条件がそろっております。また、このデータには非正規雇用者も含まれているため、パートや派遣などを除く正規雇用者のみのデータについては転職サイトにお問い合わせ下さい。さらに詳しいデータで検討することが出来ます。

また、薬剤師の神奈川県の平均金額と、横浜市青葉区のみの平均金額には差があります。今回ご紹介する「神奈川県横浜市青葉区【薬局(調剤)】」の求人では、年収が600万円~876万円です。パートなどの雇用形態もあるため働き方を選べる上、未経験の方でも、非常に応募しやすい求人となっております。

→神奈川県横浜市青葉区の高時給求人を薬キャリで見てみる

横浜市青葉区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

神奈川県横浜市青葉区は、丘の横浜と呼ばれる閑静な美しい街並みと緑豊かな田園風景が見られるきれいな街です。

総人口も、2016年10月1日調べで310,506人です。一般病院数は10所ですが、診療所、歯科医院などを合わせると473所あります。

薬剤師の求人については、青葉区内にあるマツモトキヨシほどに福利厚生は充実していませんが、青葉区の薬剤師求人募集をしている薬局の福利厚生は大手調剤薬局と遜色はなく教育制度が充実しています。新人教育の他にeラーニングの受講や勉強会などにも参加できて資格取得の道も開けます。

その他、車通勤や制服貸与、社宅補助制度、再雇用制度も導入していますので、未経験者やブランクのある人でも働きやすい職場環境が整っています。

→神奈川県横浜市青葉区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

横浜市青葉区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

総人口約3,732,000人の横浜市の中で2番目に人口の多い横浜市青葉区は、人口約310,500人で男女比率で女性が約8,000人多い地区です。

横浜市青葉区は、住宅開発により住宅街の多いためそれに付随して医療機関も点在しています。

そのため、病院などの周辺には調剤薬局や大手のドラッグストアなどもあり、処方箋の処方薬の調剤のための薬剤師の求人募集も多く見られます。

求人にあたり業務内容を一般的な調剤薬局と神奈川に多くの店舗を構えるマツモトキヨシと比較すると、一番大きな違いのポイントは販売スタッフ業務です。

マツモトキヨシでは、調剤薬のほかにOTC医薬品も多く取扱っておりそのほかの美容用品などの接客販売も業務として行なう必要があり、調剤薬局では処方薬の提供は同じですが、接客に関しては服薬方法の説明程度です。

これから薬剤師として転職をお考えの方は、接客販売などの業務の有無で職場を選ぶことが望ましいようです。

横浜市青葉区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

神奈川県横浜市青葉区には近くに総合病院がかなりあることもあり、大手の調剤薬局では薬剤師の求人を出しています。マツモトキヨシでも同様に薬剤師を募集しています。横浜市青葉区の調剤薬局の勤務時間ですが、夜間の19:00頃までとなっています。マツモトキヨシでは21:00頃まで開局しており、夜遅くまで働く場合があります。しかし交代勤務となっているので勤務時間自体は大手の調剤薬局と大差ありません。

マツモトキヨシでは育児をしているママさん薬剤師が働きやすいように短時間勤務にも対応しています。保育園の送り迎えがある場合には、店長や圏域を管轄しているマネージャーに伝えれば、困らないように配慮してもらうことも可能です。

横浜市青葉区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄