地域名:神奈川

2017.02.06

【転職裏技】求人が多すぎる!横浜市鶴見区の薬剤師が失敗しない方法

「転職したい」と思っても、大量の求人情報が溢れる転職サイトから自分にぴったりの職場を探すのはとっても大変。

ここでは横浜市鶴見区の薬剤師さんが、転職で失敗しないために相談するべき転職エージェントをご紹介します。

横浜市鶴見区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、横浜市鶴見区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

横浜市鶴見区のエリアの特徴

神奈川県横浜市鶴見区といえば、東京都心からのアクセスも申し分ないエリアとして知られています。鶴見区内には、JR京浜東北線をはじめ、鶴見線や京急線、東急東横線などの複数の路線に加え、横浜市営バスなどのバスアクセスも豊富なため、ベッドタウンとして人気があります。複数の駅がありますが、駅周辺には、調剤薬局や診療機関があり、医師や看護師などとともに薬剤師の求人数が急速に伸びています。今回取り上げました薬剤師の求人につきましては、最寄り駅が菊名駅になりますので、利便性には事欠きません。駅前には、たくさんのファッションショップやレストラン、遊戯施設などがありますので、勤務の後の時間も有意義なものになるでしょう。

横浜市鶴見区の薬剤師の年収

神奈川県の薬剤師の平均年収は、20代では、4,510,000円となっています。この金額については、神奈川県内の同世代の年収である、おおむね250万円と比較した場合、かなりの差があります。この差については、薬剤師として勤務するために必要になる資格の有無などによるものです。横浜市鶴見区の求人情報については、転職サイトに尋ねることで、詳細をチェックすることが可能です。興味のある方は、是非とも問い合わせてみてください。今回の求人情報についてですが、年収が、360万から750万円という魅力的なものになっています。パートの時給についても、1,800円から2,500円と横浜市鶴見区内の平均を大きく上回っており、好条件です。

→神奈川県横浜市鶴見区の高時給求人を薬キャリで見てみる

横浜市鶴見区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

神奈川県横浜市鶴見区は、男性が約148,600人と女性が約138,900人と男性の多い地区で、前年と比べると2000人以上人口が増えています。

薬剤師の求人については、大規模なマツモトキヨシはもちろん、住宅街の病院に提携した調剤薬局も多くの募集を行なっています。

福利厚生については、マツモトキヨシの店舗では休暇制度がしっかりとしており、産前産後や育児休暇制度も採用しています。

調剤薬局でも、社会保険などの加入や介護休暇など充実した福利厚生が整ったところが多く、新人社員向けやひとりひとりにレベルに合った研修を実施している薬局もあります。

そのため、調剤師として経験の浅い方の転職の場合には、研修制度を設けている調剤薬局が望ましいようです。

→神奈川県横浜市鶴見区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

横浜市鶴見区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

総人口約3,732,000人の横浜市の中で最も人口の多い横浜市鶴見区は、男性の方が約10,000人多い約287,500人で、前年度と比べると約2,000人ほど人口が増加しています。

大きなエリアに相応しく病院やクリニックなどの医療機関も多く点在し、それに連携して大手のドラッグストアや調剤薬局も多くあります。

病院からの処方箋による処方薬の提供はそれらの薬局で行なうため、薬剤師の求人も多く見られます。

一般的な調剤薬局と神奈川県内に数多くの店舗展開しているマツモトキヨシとの業務内容についてを比べると、調剤薬局では薬剤師としての調剤とそれに関する服用の説明が主で、薬局の運営などを行なうことはほとんどありません。

マツモトキヨシでは、OTC医薬品なども取扱っているためOTC販売などの接客販売のほか、興味のある方はマネージメント業務などの薬局運営に関わることもあるのが大きな違いです。

そのため、接客業務が苦手で薬剤師の仕事に専念したい方には、調剤薬局を見つけることをお勧めします。

横浜市鶴見区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

神奈川県横浜市鶴見区は、人口約287,400人と横浜市で3番目に人口が多い地域です。

そのためマツモトキヨシをはじめとする全国でチェーン展開している大手のドラッグストアも多く、住宅街には個人病院と提携している個人の調剤薬局もあります。

薬剤師の求人については、マツモトキヨシの変形労働時間制の原則1日8時間のシフト制の勤務時間に比べ、一般的な調剤薬局では夜遅い営業時間ではないため、シフト制でも午前9時から午後6時までと午前10時から午後7時までの2つの時間帯や、平日と土曜日の就業時間が異なる勤務時間がほとんどです。

夜遅い時間まで仕事ができない方には、固定された勤務時間の調剤薬局の方が働き易いと言えます。

横浜市鶴見区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄