地域名:神奈川

2017.02.06

薬剤師が横浜市の求人を探す際に陥りがちな罠|賢い転職方法は〇〇

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは横浜市で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

横浜市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、横浜市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

横浜市のエリアの特徴

神奈川県横浜市は、18区から成る日本で最も人口の多い市であり、薬剤師の求人も非常に多くあるエリアと言えます。そのため交通網はかなり整備され横浜市営地下鉄をはじめ、JR東日本や鉄道各社の複数路線を利用することができます。そのため勤務先にも最短でアクセスできる場合が多く、勤務地が駅構内にあることも珍しくありません。自宅から徒歩で最寄りまでアクセスできるなら、毎日の出勤も大変便利になります。さらに路線バスが横浜市内を十分にカバーしているので、仮に自宅が駅チカでなくてもバスを利用して駅まで簡単にアクセスできます。もしマイカーを持っているなら市内の至るところにあるコインパーキングを利用することもできます。

横浜市の薬剤師の年収

横浜市内における薬剤師の求人は好待遇である場合が少なくありません。東京都と比較しても遜色のない条件を提示している求人もあります。例えば、東京都の薬剤師転職時の平均年収を見てみると、20代が461万円、30代が495万円、そして40代が544万円となっています。そして横浜市の薬剤師の平均収入と比較すると、20代が451万円、30代が523万円、さらに40代が547万円となっています。20代でこそ東京都を下回っていますが、30代と40代では横浜市が上回っています。実際に求人欄をチェックすると、正社員では年収700万円としている病院や調剤薬局もあります。またドラッグストアでの派遣社員やアルバイトでも概ね高時給を得ることができるでしょう。

→神奈川県横浜市の高時給求人を薬キャリで見てみる

横浜市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

神奈川県横浜市は人口が約370万人で814位中1位となっているので非常に多くの病院等が薬剤師の求人を出しています。かなり多くの求人があるので実務経験を問わない会社から経験者だけ求めるところまで幅広いです。どの会社も年間2回はボーナスを出して昇給の機会も与えています。OJT形式でのトレーニングも行われることがありますが、それは新卒で入社した人や経験があまりない人のみのケースが多いです。

経験者でも希望を出すことで製薬会社が行う研修などの外部で開催されるトレーニングに参加できます。

マツモトキヨシだと転勤借り上げ社宅制度が利用できるほか、従業員の健康に配慮してインフルエンザ予防接種を行っています。個人評価や業績別のボーナスも支給されます。

→神奈川県横浜市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

横浜市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

神奈川県んお東部に位置する都市部の横浜市の人口は、約368万人で全国の市区町村814箇所の中では1番目に人口の多い市です。このエリアは長い期間にわたって人口が増加しており、現在でも増加中です。特に30歳前後の働き盛りの年齢層の人口が多いのが特徴です。

横浜市の中には113ヶ所の病院があり4番目、2915ヶ所の診療所があり2番目です。

病院も診療所の数も他の市区町村と比較すると多いですが、人口が多いため間に合っていないのが現状で、薬剤師の仕事も調剤業務の他に窓口業務を行わなければならないほど多忙となります。

マツモトキヨシは横浜市でのさらなるドラッグストア事業の展開を狙っていて、店舗拡充のために求人を行なっています。マツモトキヨシではお客様の美と健康のために事業展開を行うことを目指していますので、薬剤師も薬剤知識だけではなく化粧品などについての商品知識も必要になります。

横浜市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

神奈川県横浜市にはクリニックや大学病院などがたくさんあり、薬剤師の需要がかなり高い地域です。そのため大手の調剤薬局やドラッグストアでは薬剤師の求人をかなり出す傾向があります。勤務時間ですが、大手の調剤薬局では19:00頃には全ての業務が終了しますが、マツモトキヨシの場合には23:00頃まで仕事である場合があります。しかし実際には交代での勤務なので、勤務時間自体は通常の調剤薬局と大差ありません。仮に終電近くまで仕事がある場合でも電車で通勤しているスタッフには配慮してもらう事が出来ます。

マツモトキヨシでは育児をしているママさん薬剤師でも働きやすいように短時間勤務に対応しています。事前に店長に伝えておけば良いです。

横浜市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄