地域名:東京

2017.02.06

【裏技】武蔵野市の薬剤師が転職で求人検索のムダを減らす1つの方法

「転職したい!」と思っても、転職サイトには求人情報が大量に溢れていて、希望の職場を探すまでには莫大な時間と労力がかかってしまいます。

ここでは武蔵野市で転職を考える薬剤師さんが、ムダなくスムーズに就職先を見つけるための方法をお教えします。

武蔵野市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、武蔵野市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

武蔵野市のエリアの特徴

東京都武蔵野市には、JR・京王井の頭線・西武多摩川線など、合わせて4路線の鉄道が通っており、市内に鉄道の駅は5ヶ所あります。路線バスは、関東バス・小田急バスをはじめ、数社の乗合バス事業者が運行しています。さらに、市内の交通空白地域には、コミュニティバス「ムーバス」が走っているので、ネットワークが充実しており、市内のどの地域へも、行くことが出来ます。公共交通機関を利用しての通勤が、とても便利なエリアとなっています。今回こちらのサイトで、薬剤師の求人募集を掲載している調剤薬局を見てみると、JR中央線・総武線「三鷹駅」下車徒歩15分とあります。最寄り駅から徒歩で通える勤務地なので、市内からはもちろん、近隣の地域からの通勤も可能となっています。

武蔵野市の薬剤師の年収

都道府県別の、賃金の水準の資料によると、東京都の賃金の水準は3,830,000円(平成27年厚生労働省のまとめ)です。また、東京都の薬剤師の平均年収は、20代で4,610,000円、30代では4,950,000円(平成24年5月から平成25年4月までのアンケート結果)となっているので、一般の収入の相場よりも、高くなっているのがわかります。こちらの転職サイトでの、薬剤師の求人情報を見てみましょう。武蔵野市の調剤薬局からの募集ですが、年収が4,560,000円から7,500,000円となっており、収入アップをターゲットに入れた転職を希望している方には、注目の条件となっています。詳しい情報を知りたい方は、サイトに尋ねてみてください。

→東京都武蔵野市の高時給求人を薬キャリで見てみる

武蔵野市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

東京武蔵野市は人口約14万人、高齢人工率が2割程度と全国のなかで比較的低い方に位置しています。中年の男女の比率が最も高いという特徴があります。武蔵野市の求人をチェックしていると社員研修に熱心なことがわかります。社内研修はもちろんのことeラーニングの一部費用を負担する会社が多いです。仕事に関連した資格を取得した場合に表彰する制度を設けている薬局もあります。

ココカラファインの薬剤師の福利厚生は薬剤師特別勤務地手当に加えて扶養手当など手当が充実しています。年間休日は約110日となっておりそこに関しては武蔵野市の薬局とあまり変わりはないです。ただ、有給休暇はココカラファインの方が多く更に会社の商品を割引で購入することができます。

→東京都武蔵野市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

武蔵野市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

東京の武蔵野市の人口は、日本全国の市区町村814の中では201位で、比較的人口の多い地域です。医療機関については、一般病院数は10ヶ所で150位、一般診療所数は205ヶ所で110位となっていて比較的充実しています。医師数に関しても人口1万人あたりの医師数は、34.97人と充実していて73位になっています。

高齢化が深刻な地域ではありませんが、現在でも人口が増加中の武蔵野市は初診の患者さんも多く、薬剤師の業務は通常の調剤業務に加えて服薬指導を行う機会も多いでしょう。

そのような中、ココカラファインでの薬剤師の求人では、ドラッグストア事業が展開されているため、店頭で薬剤の服薬指導を行えるスキルと、健康食品などの説明を円滑に行える、お客様とコミュニケーションができる人材が求められています。

武蔵野市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

東京の武蔵野市は人口が138783人で人口増減率は100.9%で、高齢者人口比率は21.81%と全国比率26%と比較するとかなり低いことが分かります。人口が増えていることから判断して薬剤師の求人も需要が高いことが予測されます。武蔵野市の薬剤師の求人は勤務時間は9:00~18:00で週40時間勤務が多く、そして年間休日も120~122日とかなり優遇されています。大手調剤薬局ココカラファインは、勤務時間は9時~20時まで水曜9:00~14:00土曜9:00~17:00日曜9:00~13:00の変形シフト制になっています。休日は月9~10日で年間休日は110日、勤務時間については武蔵野市の薬剤師の方が安定した勤務時間で働くことができるようです。

武蔵野市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄