地域名:北海道

2017.02.01

薬剤師が登別市の求人を探す際に陥りがちな罠|賢い転職方法は〇〇

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは登別市で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

登別市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、登別市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

登別市のエリアの特徴

登別市と言えば「地獄谷」で、北海道でも豊富な源泉を持ち、江戸時代の末に湯宿を設けたのが登別温泉の始まります。

ところが、明治に入って仙台藩士が開拓で鍬を入れたのは隣町の幌別でした。そのため、街が開かれ市役所があるのはJR幌別駅になります。当然市街地なので、病院やドラッグストアなどがあるため薬剤師求人も幌別が中心です。

太平洋に沿ってJR室蘭本線が通っており、JR幌別駅・登別駅など3駅あります。鉄道と並行して国道36号線がありますが、平地が少なく山の傾斜地に住宅が建ち並んでいます。

JR線は札幌から特急で1時間10分、函館からは2時間15分です。バス路線では高速道路があるため、札幌駅から1時間50分で温泉宿に到着です。

登別市の薬剤師の年収

登別市の薬剤師求人は、北海道の地方都市としては多いといえます。調剤薬局をメーンとして病院なども求人があります。

今回紹介する案件は、JR室蘭本線幌別駅から歩いて19分の調剤薬局です。

正社員で年収650万円まで検討の余地があるます。募集は未経験者からでも給与が年収400万円になっており、高額の650万円まで150万円の差がありますので、後は経験が決め手となります。

給与モデルでは30代年収604万円とありますが、この調剤薬局は内科を主体とした処方せんになります。モデモ給与と内科の2点を目安にして自身のキャリアを検討すれば交渉の糸口と可能性が見えてきます。

年齢にこだわらず、高収入を考えた転職のチャンスがあります。

→北海道登別市の高時給求人を薬キャリで見てみる

登別市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

北海道登別市の薬剤師求人は、資産形成に役立つ様々な種類の福利厚生制度を充実させているのが特徴的です。確定拠出年金や持株会、積立制度や購買割引など、利用することで有効に資産形成が進めて行けます。働きながら老後のことまでカバーしていきたい人には最適なのではないでしょうか。北海道の大手調剤薬局であるツルハドラッグでも、こうした社員の資産形成については気を使っています。それに加えて短時間勤務制度などもあるので、働きやすさはこちらの方が上であることも多いです。しかし店舗によっては使える福利厚生の種類が違うこともありますから、自分に必要な制度が何かを把握し、その制度がある求人に狙いを付ける必要があるでしょう。

→北海道登別市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

登別市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

北海道登別市は総務省「住民基本台帳人口・世帯数」によると2016年1月1日現在、人口総数5万101人で高齢人口率が32.99%となっています。そして2014年の厚生労働省「医療施設調査」では一般病院総数が6ヶ所、一般病床数が156床でこれは人口1万人当たり31.14床です。

北海道登別市の薬剤師の求人は調剤薬局と病院を合わせて8件あります。雇用形態は正社員とパートだけでなく、契約・派遣社員もあります。管理薬剤師を募集していたり、小規模経営でアットホームな職場を謳っている所もあります。一方で大手のツルハドラッグは北海道登別市に4件の店舗を持ち、医薬品だけでなく食料品や日用品、さらに特徴として4件の店舗すべてで本を扱っています。

登別市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

北海道登別市は約5万人の都市です。総人口を見ると全国814市区中542位となっていますが高齢人口率(65歳以上)では33.0%で全国174位です。高齢者が多く住む地域の一つです。薬剤師の求人も各調剤薬局から募集があります。登別市の中小・個人調剤薬局の薬剤師の求人情報の勤務時間を見ると9:00から18:00の時間帯の勤務が多いようです。夜間の営業はありません。またこの地域の大手調剤薬局ツルハドラッグでは9:30から18:30の交代制勤務でこちらも夜間の勤務はありません。中小・個人と大手と比べても勤務時間帯はほぼ同じと言えるでしょう。また労働時間も週40時間を目安としている点は同じと言えるでしょう。

登別市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄