地域名:神奈川

2017.02.03

【転職裏技】求人が多すぎる!相模原市緑区の薬剤師が失敗しない方法

「転職したい」と思っても、大量の求人情報が溢れる転職サイトから自分にぴったりの職場を探すのはとっても大変。

ここでは相模原市緑区の薬剤師さんが、転職で失敗しないために相談するべき転職エージェントをご紹介します。

相模原市緑区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、相模原市緑区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

相模原市緑区のエリアの特徴

神奈川県相模原市緑区にはJR線の3路線の他に、私鉄の京王相模原線が乗り入れています。そのため駅近くの薬剤師求人案件であれば、周辺の市町村からでも通勤は十分可能です。

またバス路線も橋本駅から神奈川中央交通バスや京王バス南が運行していて、複数のバス系統が走っているので駅から少し離れた場所でも通勤することはできます。

更に相模原市緑区は津久井地域や相模湖地域などの山間部もあり、そのエリアの薬剤師求人は車通勤OKの案件も多いです。その場合は国道20号線などを利用して、ちょっとした買い物に立ち寄ることもできます。

今回紹介する調剤薬局求人は、相模原市緑区の中心駅である橋本駅から徒歩約5分とアクセス抜群の案件です。橋本駅周辺には商業施設が揃っているので、買い物や食事には困りません。

相模原市緑区の薬剤師の年収

神奈川県の薬剤師の平均年収は20代で4,510,000円、30代で5,230,000円です。ただしこのデータは転職サイトのサービスを利用して転職を成功させた薬剤師から聞き取ったデータであるため、パートやアルバイトなどの非正規労働者や病院勤務者の情報も含まれています。そのため雇用形態や業種別の詳しい情報が知りたい場合は、転職サイトのコンサルタントに確認してみましょう。

今回紹介する相模原市緑区の調剤薬局の薬剤師求人は年収420~620万円と幅がありますが、経験や実績によっては平均年収を上回る620万円も不可能ではありません。収入のことを企業に直接伝えづらい場合は、担当コンサルタントに相談して交渉に当たってもらうのがおススメです。

→神奈川県相模原市緑区の高時給求人を薬キャリで見てみる

相模原市緑区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

総人口約173,200人の神奈川県相模原市緑区は、男性約87,200人女性約86,000人と男性が1,200人ほど多い地区です。

相模原市内では一番少ない約225件の病院や薬局が相模原市緑区内に点在しています。

病院からの処方箋による調剤業務が調剤薬局で行なうことが増え、薬剤師の求人募集も増えているようです。

神奈川県内に多くの店舗を持つ大手ドラッグストアのマツモトキヨシと求人情報を比べると、小規模な調剤薬局であっても社会保険や休暇制度が充実しているためマツモトキヨシとその点の福利厚生については変わりはほとんどありません。

大きな違いとしては、大手ドラッグストアとして本社開催の研修制度を福利厚生としていることとOTC販売や日用品販売を併設していることから、土日休日でなくシフト制による週休2日と言うことです。

薬剤師としての実務経験は日々の仕事の中で行なえる点も同じですが、スキルアップを重視する方には研修制度が整っている大手ドラッグストアの方がメリットがあると言えるようです。

→神奈川県相模原市緑区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

相模原市緑区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

神奈川相模原市は人口約718,000人で、全国814市区中19位の政令指定都市です。一般病院総数は34所あり、こちらは全国で30位となっています。一般病床数も3,948床で全国34位ですが、人口10,000人当たりに換算してみると55床で全国519位ですので、これだけの多さでもまだ十分足りていないということが分かります。こちらの地域では、薬剤師の需要がますます増加することが見込まれます。

相模原市緑区にある調剤薬局の薬剤師の求人情報を見てみると、調剤業務や服薬指導が業務内容である薬局が多いようです。大手調剤薬局のマツモトキヨシの求人と比べてみますと、マツモトキヨシでは調剤業務や服薬指導に加え、OTC医薬品のコンサルティング販売が大きな業務の一つとなっています。顧客の症状や悩みを聞いて最適なお薬を提供するカウンセリングのお仕事には、幅広い商品知識が必要となります。

相模原市緑区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

相模原市は神奈川県の北西部にある、人口が約718,000人の政令指定都市です。日本全国814市区の中では19番目で、現在も人口は増加中です。高齢人口率も24%と高くなっており、一般病院総数は34所、一般診療所総数は407所です。

相模原市緑区には大手調剤薬局が少なく、夜間まで営業している調剤薬局はあまりありません。薬剤師の求人情報を見てみても、勤務時間が午前9時から午後6時までのところが多くなっています。相模原市緑区にある大手調剤薬局のマツモトキヨシと比較してみると、営業時間は午前9時30分から午後10時30分までで、薬剤師の勤務時間は実働8時間の変形労働時間制です。勤務時間が午後10時30分までというのは、中小の調剤薬局に比べると遅いほうですが、他の市区のマツモトキヨシの店舗では深夜まで営業しているところも多いようです。

相模原市緑区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄