地域名:東京

2017.02.02

薬剤師が豊島区の求人を探す際に陥りがちな罠|賢い転職方法は〇〇

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは豊島区で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

豊島区で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、豊島区でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

豊島区のエリアの特徴

東京都豊島区には、JR・私鉄各線・地下鉄各線など合わせて11路線の鉄道が通っていて、鉄道の駅が36ヶ所もあります。そのため、駅の近くの職場を見つけやすい地域という特徴があります。路線バスも、都営バス・西武バスをはじめ、4つの乗合バス事業者が運行しているので、ネットワークが充実しています。公共交通機関を利用しての通勤には、とても便利なエリアといえます。こちらの転職サイトで薬剤師の求人を行っている、豊島区内の調剤薬局は、都営大江戸線「落合南長崎駅」下車徒歩2分という立地です。新宿まで、乗り換え無しで13分というアクセスの良さなので、新宿をターミナル駅とする郊外からの通勤にも、良い条件となっています。またこちらは、交通費全額支給となっています。

豊島区の薬剤師の年収

東京都の薬剤師さんの平均年収の調査結果を見てみると、20代で約4,610,000円、30代では約4,950,000円(2012年5月から2013年4月までのアンケート結果)となっているようです。厚生労働省がまとめた資料によると、東京都の賃金の水準は、全国でもっとも高く、3,830,000円(2015年9月現在)なので、薬剤師の収入は、一般の平均よりも高いことがわかります。今回こちらの転職サイトで求人を行っている、豊島区内の調剤薬局を見てみましょう。年収3,760,000円から6,500,000円となっており、収入アップをターゲットにした転職にはうれしい条件となっています。給与は、経験・能力等を考慮して決定するとあるので、詳しい情報を知りたい方は、サイトに尋ねてみてください。

→東京都豊島区の高時給求人を薬キャリで見てみる

豊島区の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

大学キャンパスの多い豊島区は、約300,000人の人口の東京都内有数の繁華街のうちのひとつの繁華街があり、大手ドラッグストアも点在している地区です。

医療機関も多いことから、薬剤師の求人募集も多数あり、調剤薬局でも社会保険完備や年次有給休暇などの福利施設が充実しています。

大手ドラッグストアのココカラファインと比較しても、福利厚生面でも大差がなく、薬剤師免許をお持ちの方であればブランクのある方や未経験者歓迎のほかにも、認定薬剤師のための単位取得研修などのサポートをしている調剤薬局もあります。

そのため、転職するにも多彩な福利厚生を用意しているところを多く見受けられるため、希望する職場を見つけ易いと言えます。

→東京都豊島区の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

豊島区の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

豊島区の人口は、男性約147,000人、女性144,500人と男性が多く5年前に比べて約2%程度人口が増えている地区です。

商業地区と住宅地区を併せ持つ豊島区内には、薬局などを含む医療機関が約859件と多く、調剤薬局も増えたことから薬剤師の求人募集も多数あります。

東京都内にもチェーン展開している大手のドラッグストアのココカラファインでは、OTC医薬品や日用品を取扱うドラッグストアと併設してい店舗なため、薬剤師資格を活用した調剤業務のほかに、OTC販売などの接客販売も行ないます。

それに比べ、豊島区内の病院と提携している調剤薬局では、病院から処方された処方箋に基づいた調剤薬の提供がほとんどで、個人経営の小規模な薬局でも受付業務などを兼務する程度で販売スタッフのような業務はないようです。

そのため、OTC医薬品についても幅広い知識をお持ちたい方や接客の好きな方には、ココカラファインのような大手のドラッグストアへの転職も最適と言えます。

豊島区の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

東京都にある豊島区は、住民の意識による交通の便利さがメリットとして挙げられています。そのため、薬剤師の求人を募集しているドラッグストア及び調剤薬局は、駅から徒歩10分圏内に位置していると見受けられます。また、勤務日数に関しては、シフト制週40時間の店舗が多い傾向にあります。その他には、少ないところで1日4時間、多いところで1日9時間の店舗もあるようです。平均的には、18時から20時の時間帯に勤務時間が終わる場所が多いですが、稀に21時から22時の時間帯までというところもあります。勤務時間に関しての相談OKという記載がある店舗も多くあります。一方、ココカラファインでは、週40時間の変形労働制、週休2日という決まった制度が整っています。

豊島区 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄