地域名:神奈川

2017.02.06

薬剤師が逗子市の求人を探す際に陥りがちな罠|賢い転職方法は〇〇

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは逗子市で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

逗子市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、逗子市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

逗子市のエリアの特徴

神奈川県逗子市は、海に近いこともあり、その恵みを受けるかたちで発展を遂げてきました。横浜や東京方面へのアクセスも良好なこともあり、人口も多くベッドタウンとしての人気も根強くあります。交通アクセスの根幹を担うのが、東京方面にも伸びる鉄道です。JR横須賀線と京急線が中心的役割を果たしています。メインになるのが、逗子駅と新逗子駅になります。この二つの駅周辺を中心に繁栄しており、診療機関やドラッグストア、調剤薬局などが点在しています。今回の薬剤師求人では、最寄り駅の逗子駅からの距離は、比較的離れていますが、バスが走行しており、15分で着くことが可能ですので、毎日の通勤にもストレスを感じることはないでしょう。

逗子市の薬剤師の年収

神奈川県の薬剤師の平均年収は、20代のデータで、4,510,000円となっており、同じ神奈川県内の同世代のおおむね250万円と比較した場合、高収入といえるのではないでしょうか。逗子市内の求人の細かい点については、転職サイトの担当者に尋ねてみてください。今回の求人情報を見てみましょう。正社員の募集となっていますが、年収は600万円となっていますので、かなりの高収入です。年収にこだわる人も満足の数字といえそうです。パートの方についても、時給2,000円以上となっており、逗子市の平均の880円よりも格段に高くなっており、魅力十分です。未経験者や長期ブランクの方も相談可能になっていますので、応募しやすくなっています。

→神奈川県逗子市の高時給求人を薬キャリで見てみる

逗子市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

神奈川県の三浦半島近くに位置する逗子市は、総人口約9,148,100人で約15,000人ほど女性が多く、少子高齢化が進み人口が減る傾向にある市です。

約134件の病院や薬局などが点在し、調剤業務が増えたことにより薬剤師の求人も行なっています。

逗子市内の調剤薬局と多くの店舗を全国にチェーン展開している大手のドラッグストアマツモトキヨシと求人情報を比べてみると、マツモトキヨシでは、OTC医薬品や日用品を扱うドラッグストアと併設していることから、日祝日も営業しているため週休2日制でも土日休みではなくシフト制という点が異なります。

調剤薬局では、土日休みの完全週休2日制が多く見られ、土曜日に出勤の場合でも半日出勤などで日祝日休みも福利厚生としています。

そのため、お子さんの休校日に合わせて日祝日に休みを取得したい方には、大手ドラッグストアよりも調剤薬局の方が適切と言えるようです。

→神奈川県逗子市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

逗子市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

神奈川の逗子市の人口は約5万8千人となっていて全国の市区町村814の中では、483番目となっています。逗子市の中には一般病院は2ヶ所しかなく606番目で、一般診療所については44ヶ所で305番目です。医師数については人口1万人あたり13.17人の医師数となっていて577番目で医師不足が目立つ地域です。

同様に薬剤師も不足の傾向で、薬剤師一人にかかる負担は大きいものになるでしょう。

逗子市はまだ人口が増加中で、初診の患者さんが薬局を訪れることも多いです。今後高齢化も進んでくることが予想されますので、高齢者に対してもわかりやすく服薬指導を行えるスキルが必要です。

この地域で求人を行なっているマツモトキヨシは、ドラッグストアでの薬剤販売となるため、来客したお客様に対しての対応をスムーズに行えるコミュニケーション能力が必要となります。

逗子市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

神奈川県逗子市の薬剤師の求人をチェックしてみると、柔軟性を持った勤務体系をとっている調剤薬局を多く目にすることになります。

逗子市では、高齢人口率が30%を超える値で推移しており、由々しき事態となっているのです。官民挙げて取り組まなければいけないといえるでしょう。逗子市にも、近代化の波が訪れており、マツモトキヨシのようなスケールメリットを持つ企業の台頭が見られています。マツモトキヨシでは、医薬品のみならず、雑貨や食料品なども、揃えているのです。勤務する薬剤師の勤務時間については、営業時間内でのシフト制を採用しています。

一方、市内の調剤薬局では、朝の9時から夜20時までの間での8時間勤務が主流のようです。

逗子市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄