地域名:岩手

2017.02.01

薬剤師が釜石市の求人を探す際に陥りがちな罠|賢い転職方法は〇〇

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは釜石市で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

釜石市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、釜石市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

釜石市のエリアの特徴

釜石市は、岩手県の南東部にあり、三陸復興国立公園の中にあります。太平洋に面し、リアス式海岸で有名です。

JR東日本釜石線や山田線が通っています。また、三陸鉄道南リアス線もあります。路線バスは、岩手県交通のバスが走っています。

国道は、国道45号や国道283号があります。また、県道は、岩手県道4号釜石港線などたくさんあります。三陸自動車道などの高速道路も通っています。

今回ご紹介する薬剤師の求人は、JR釜石線小佐野駅から徒歩5分という、駅からとても近い場所にある調剤薬局です。駅からすぐなので、業務が終わったあとで急いで帰りたい方にも、お買い物やお食事をして、寄り道をして帰りたい方にも、大変便利な場所にある職場です。

釜石市の薬剤師の年収

岩手県の薬剤師の平均年収は、20代の方ですと、416万円です。30代では650万円で、40代では422万円、50代では600万円となっています。

岩手県では、数年前に薬学部が新設されました。しかし、まだまだ日が浅いので薬剤師不足は解消されていません。岩手県内では、盛岡市周辺が人気のエリアとなっていて、年収の相場は450万円くらいでしょう。パートの方だと、時給2,000円くらいとなっています。それ以外の地域は薬剤師不足ですので、年収の相場がもう少し上がります。特に海沿いのエリアでは人材不足が顕著で、600万円くらいの求人も数多くあります。

釜石市の調剤薬局では、650万円という高額な収入の求人を出しています。未経験でも長期ブランクがあっても応募することができます。

→岩手県釜石市の高時給求人を薬キャリで見てみる

釜石市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

岩手県釜石市では幅広い年齢層で経験者・未経験者問わずスタッフを募集している薬局があります。人口およそ39000人のこの街では、クリニックでも未経験者と経験者ともに薬剤師の求人を出しています。それぞれ通勤交通費はもちろんのこと社外で行われる研修に参加させてくれるところが多いです。他にも薬剤師賠償責任保険・厚生年金・健康保険などに加入できる内容の求人を出している薬局が目立っています。

ツルハドラッグでは月額5万円まで支給される通勤手当に加えて、家族手当・時間外手当など複数の魅力的な手当てを支給します。また、介護や育児で家事が忙しくなったら勤務時間を短縮することも可能です。そのため休職などすることなく働き続けることができます。

→岩手県釜石市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

釜石市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

岩手県釜石市は、高齢化社会に悩む市町村のうちの一つになっています。過疎化も進んでおり、大きな課題として取り上げられています。65歳以上の高齢者が占める割合も急速に増加しており、全国で71位となっています。その一方で一般病院総数は4床となっており、全国814の市町村のうちで389位です。増え続ける高齢者の割には、病院数が足りていないという実情が浮き彫りになっています。釜石市にも多く点在するツルハドラッグでも、医薬品を多く扱うことから薬剤師の活躍に頼る現実があります。求人件数も増えています。そんな中、一般の調剤薬局の業務としては、調剤薬局業務の他にも、服薬相談やお薬手帳の交付、飲み合わせなどの注意喚起などがあげられます。

釜石市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

岩手県釜石市は全国でも高齢化が進んでいる市として知られています。高齢人口率は、36.12%となっており、全国で814の市町村の中でも71位という順位になっています。

釜石市の薬剤師の求人を見ると、時代の変化とともに、勤務時間についても多様性が生まれていることがわかります。市内には最近になってから、ツルハドラッグなどの大規模調剤薬局までが出店するなど、住民の利便性は良くなってきています。ツルハドラッグでは、営業時間が長いということもあり、土日祝日を含めてのシフト勤務体系になっています。

一方、釜石市の調剤薬局では、概ね朝9時から夜19時までの間での8時間勤務が基本のようです。一日8時間、週40時間勤務が一般的です。

釜石市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄