地域名:東京

2017.02.02

青梅市で薬剤師が転職!平均年収や福利厚生など求人情報を徹底調査

膨大な求人情報から「理想の職場」を探し出すのはとっても大変。場合によっては思わぬブラック求人に引っかかってしまうことも…。

ここでは青梅市で転職を考えている薬剤師さんに向けて、カンタンに好条件の就職先を見つける方法を紹介します。

青梅市のエリアの特徴

東京都青梅市は都の多摩地域北西部に位置していて、島嶼部を除いた東京都の市町村では4番目に面積が広いのが特徴です。交通はJR東日本青梅線と御岳登山鉄道が乗り入れていて、中心となる駅は青梅駅になります。またバスが5社のバス会社が乗り入れていて市内のあちこちに移動しやすく、市街地から来訪する場合でも困ることがありません。こちらのエリアで薬剤師の求人を探す場合、駅チカや停留所の傍で考えると通勤が楽になります。

青梅駅の周辺には飲食店が立ち並び、カフェやベーカリーなど手軽に利用できるところが多く、ランチタイムだけではなく仕事帰りの休憩先として重宝します。コンビニや弁当店もあり、食事のテイクアウトがしやすいです。

青梅市 の求人動向

青梅市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

青梅市は日本首都である東京都にあって、人口10万人を超える都市です。

自然も多く残るエリアですが、発展もしている為に医療施設も整っており、調剤薬局についても多数存在してます。

その為、薬剤師の求人情報も充実したものとなっていて、福利厚生も厚生年金や雇用保険、労災保険や健康保険と言った各種保険がしっかり整っている場合が多く、この職種で働くには考えておきたい薬剤師賠償責任保険についても、用意されているケースがしばしばあるようです。

知名度の高い調剤薬局であるココカラファインを見てみると、通常の社会保険に加えて、薬剤師賠償責任保険も加入しているので安心と言えます。

また、育児休暇や育児中の勤務時間短縮制度と言った嬉しい物も用意されており、大手ならではの充実した内容です。

→東京都青梅市の福利厚生が充実している求人を薬キャリに問い合わせる

青梅市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

東京都の多摩地域の北西部に位置している市である青梅市の人口は約14万人で、全国の市区町村の814の中では200番目に人口の多い市です。2005年まで増加の傾向が続いていた人口は、この10年ほど減少の傾向に転じています。人口の年齢分布は日本全国の傾向とほぼ同じとなっていて、強いて傾向を挙げるとすると30歳代の男性の人口が多く、70歳以上の女性の高齢者の人口が多いです。

青梅市の中には8ヶ所の病院があり194番目、診療所は93ヶ所あり213番目です。

比較的医療機関の数は多い方ですが、人口に対してはまだ医療機関の数は足りていない状況です。薬剤師に求められる業務も調剤業務に加えて薬剤説明や服薬説明などの窓口業務も兼務することが多くなります。

青梅市の中でも薬剤師の求人が行われています。ココカラファインでも求人が行われていて、ドラッグストア事業を展開すべく、ドラッグストアの店頭にて接客販売を行える薬剤師を求めています。特にOTC販売などが行える必要があります。

青梅市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

青梅市の人口増減率(2010年から2015年の調査)は-1.41パーセントで、減少傾向がみられました。そして65歳以上の高齢者は人口の28.10パーセントということなので、全国平均よりもかなり高くなっています。青梅市にある病院数は16ヶ所(2016年10月日本医師会調べ)もあるため、人口10万人あたりの施設数は多いのですが、薬局数はほぼ平均に留まっており、今後の増加が予想されています。

このエリアの一般調剤薬局が出している薬剤師の求人要項によると、やや早めの8:30頃から営業を開始しているところが目立っています。閉局時間は18:00から19:00で、土曜日には12:30頃までという店舗も珍しくありません。

東京の大手調剤薬局は夜遅くまで営業しているところが多く、ココカラファインでも21:00過ぎまでオープンしている店舗がほとんどです。そしてこちらの薬剤師は、シフト制(週40時間)で働いています。

青梅市の薬剤師の年収

東京都で働いている薬剤師の平均年収は20代が460万円、40代が540万円です。意外と低いと思われるかもしれませんが、この数値内にはパートや契約社員といった時給制の非正規雇用者も含まれています。正社員だけの詳しいデータが必要な場合は、転職専門サイトの方で問い合わせてください。青梅市の調剤薬局で求人しているケースですと、一般薬剤師の正社員で420万円から700万円となり、キャリアや資格の有無によって異なりますが、わりと高めの設定です。パートの時給も3500円から4500円など高額が見込めます。

仕事先として調剤薬局や病院施設だけではなく、最近はドラッグストアの需要も高まっていて、好みに応じて選ぶことが可能です。

→東京都青梅市の高時給求人を薬キャリに問い合わせる

薬剤師の転職は地域密着の転職エージェントがおすすめ

ここまで読んで、「もっと高年収で働きたい」 「好条件で働くためにはどうすればいいの?」と思った方。

より良い条件で働くためには、2つのコツを抑えるのがポイントなんです。

  • 面談で年収や福利厚生の希望条件をしっかり伝える
  • 自分のスキルをアピールする

とはいえ転職はただでさえ不安がつきもの。自分で条件交渉やアピールをするのは難しいですよね。そんな薬剤師におすすめなのが、地域密着型の転職エージェントです。あなたの不安を解消し、理想の職場探しをフルサポートしてくれます。

さらに地域の病院や薬局、ドラッグストアなどの職場事情にも詳しいですから、これほど頼りになる存在はありません。 エージェントを活用する3つのメリットを紹介します。

転職エージェントを利用するメリット

1.非公開の求人を紹介してもらえる!

高収入、高待遇などの好条件求人は、応募者が殺到するので非公開になっているケースが多いです。いわば「お宝求人」といえるこれらの求人。どうすれば見ることができるのでしょう?

答えは「転職エージェントに相談すること」です。転職エージェントは非公開求人を数多く抱えています。これらは転職エージェントを経由しないと決して紹介してもらえません。驚くような高待遇の求人を紹介してもらえるかもしれませんよ。

2.わがままな条件でも聞いてもらえる!

誰だって条件の良い職場で働きたいものですよね。たとえば年収は高め、残業時間は少なめ、福利厚生は厚め、といった具合です。 しかし「こんなわがままが通る職場はないだろう」と考え、妥協して仕事を探すものです。そこで転職エージェントの出番です。わがままと思える条件でも、まずはエージェントに要望をぶつけてみましょう。膨大な数の求人リストの中には、あなたの要望をすべてかなえる求人があるかもしれません。

今すぐの転職は考えていなくても「残業なし年収600万円以上の求人が見つかったらまた連絡ください」などのわがままな条件提示も可能です。

3.薬局や病院のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域密着型の転職エージェントは地域ごとに担当者を設定し、クライアントである薬局や病院に足を運んでいます。実際に現場の薬剤師と話し、雰囲気なども肌で感じていますから、その職場のリアルな一面を把握しています。 薬局長やエリアマネージャーの性格、働いている薬剤師の平均年齢や男女比、そして気になる人間関係なども事前に教えてもらえるでしょう。

いままで職場の雰囲気人間関係で苦労した薬剤師には転職エージェントの活用を強くおすすめします。

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」「マイナビ薬剤師」「ファルマスタッフ」がおすすめです。

1位薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 薬剤師登録者数No.1!年間2万人以上の転職を支援
  • ママ薬剤師向けの求人検索ができる唯一の紹介会社
  • 高い専門性と迅速な対応で条件交渉・求人の内情調査も実施

無料登録してコンサルタントに相談する

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 全国13か所の支店で面談実施!地方への出張面談もあり
  • 全国の駅チカ・家チカ求人を網羅
  • エージェントが担当エリアごとの年収相場や求人情報を徹底調査!

無料登録してコンサルタントに相談する

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収800万円以上の高時給求人が多数
  • 派遣スタッフへの手厚い教育サポートを実施
  • 待遇・福利厚生重視の求人情報あり

無料登録してコンサルタントに相談する

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄