地域名:福島

2017.02.01

【裏技】須賀川市の薬剤師が転職で求人検索のムダを減らす1つの方法

「転職したい!」と思っても、転職サイトには求人情報が大量に溢れていて、希望の職場を探すまでには莫大な時間と労力がかかってしまいます。

ここでは須賀川市で転職を考える薬剤師さんが、ムダなくスムーズに就職先を見つけるための方法をお教えします。

須賀川市で転職したい薬剤師が相談するべき転職エージェントは?

家から徒歩30分圏内など、限られたエリアで転職を希望する薬剤師は、職場探しで悩むケースが多いようです。

そんな方が相談すべきなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、須賀川市でのあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

メリット1:就職先のリアルな内部事情を教えてもらえる!

地域ごとの担当者が薬局や病院にヒアリングし、詳しい職場事情を教えてくれます。求人情報に載っている条件のみならず、上司の性格や働いている薬剤師の雰囲気、平均年齢、男女比などのリアルな情報を入手できます。

メリット2:好条件な非公開求人も紹介してもらえる!

>好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談すると、そのような「一般には公開されていない好待遇の求人」を紹介してもらえます。

メリット3:わがままな条件も聞いてもらえることが多い!

転職は何よりタイミングが大切です。今すぐの転職は考えていなくても「年収600万円以上・残業ナシの求人が見つかったら連絡をください」「とにかく年収アップしたい」などのワガママな条件提示もOK!

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」がおすすめです。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 33社を一括検索!圧倒的求人数で全国の求人を網羅
  • 職種×勤務地で絞り込んだ求人検索が可能!
  • 医療機関に強い親会社との連携で年間転職者「7200人以上」

無料登録してコンサルタントに相談する

転職では「情報が命」と言われているのも事実です。薬キャリを他の転職エージェントと比較してみるのも良いでしょう。

→転職サイトの比較表はこちら

須賀川市のエリアの特徴

福島県須賀川市は福島県の中通りに位置し、人口は約77,000人で須賀川駅を中心に東北本線や奥久慈清流ラインの愛称で親しまれる水郡線があります。市内には国道4号が通り、県内産業の中心である郡山市や福島市からもアクセスが容易にでき、東北自動車道須賀川ICもあるので勤務地への通勤に便利です。また市内には福島交通須賀川営業所があり高速バスが利用しやすくなっています。そして福島県の窓口である福島空港もあり、薬剤師の求人から、多くの通勤手段を選択することができます。休日には日本三大火祭りの一つに数えられ、400年以上の歴史がある松明あかしや、特撮で有名な市内出身の円谷英二にちなんだ町おこしも行われています。福島空港を利用すれば家族で遠方に旅行へいくこともできます。

須賀川市の薬剤師の年収

福島県の薬剤師の平均年収は20代で5,090,000円、40代で5,840,000円です。この情報はパートや派遣等の非正規雇用の情報も含まれています。詳しい平均年収を知りたい方は、転職サイトに問い合わせてください。福島県内と須賀川市の平均金額は求人によって違いがあります。須賀川市の薬剤師の求人をみてみると須賀川駅から徒歩10分の場所にあり、正社員で年収600万円を目指せるそうです。マイカー通勤が可能で、調剤経験があれば年齢にかかわらずチャレンジが可能です。また産休、産後の復帰率は100%を実現し、自己希望でない転居を伴う転勤はありません。ブランクや未経験者でも気軽に相談でき、離職率が低く応募のしやすい求人でしょう。

→福島県須賀川市の高時給求人を薬キャリで見てみる

須賀川市の薬剤師の福利厚生(大手調剤薬局との比較)

須賀川市の調剤薬局における薬剤師の求人には、健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険が福利厚生に含まれています。福島県内の大手調剤薬局であるツルハドラッグを見てみると、上記に加えて従業員持ち株会制度や、通信教育などの教育や研修が充実しています。またクラブ活動もあって、社員間のコミュニケーションの場も設けられています。

須賀川市は、人口7万7千人ほどの都市で、65歳以上の高齢者は26%を占め、この高齢者率は年々上がってくることが見込まれます。よって、この地域の医療機関や調剤薬局の薬剤師の需要は今後高くなることが予想されます。

求人の中には、未経験の方を歓迎するものや、育児時短勤務制度を取り入れている企業も多く見られます。

→福島県須賀川市の福利厚生が充実している求人を薬キャリで見てみる

須賀川市の薬剤師の業務内容(大手調剤薬局との比較)

須賀川市がある福島県は、全国平均に比べて高齢人口の多い県ですが、須賀川市は、東北縦貫自動車道やJR東北本線、東北新幹線、福島空港など交通の便が良いため、65歳以上の高齢人口率は福島県の約30%に比べて5%程度小さく、子供や働く人の多い市です。そのため、業務は小さい子供へのわかりやすい服薬指導や働く人に対するスピーディーな調剤が求められるでしょう。

ツルハドラッグのような大手調剤薬局であれば、最新の調剤機器が揃えられていたり、システムが整っていたりと調剤を簡単にする工夫がなされていますが、中小薬局の場合は、薬剤師にいかに効率よく、また間違いなく調剤するかが求められます。

また、地域の薬剤師は、転勤が少なく、一度求人に応募したらその薬局で働き続けることになるので、地域の人と親しくなれ、患者に深く関わりながら仕事ができるでしょう。

須賀川市の薬剤師の勤務時間(大手調剤薬局との比較)

福島県須賀川市の人口は79,000人となっており生産年齢人口率(15歳から64歳)は61.6%高齢人口率(65歳以上)は24.9%となっています。今後高齢化が進むと思われる地域の一つでもあります。このため薬剤師の需要も高まると予測されます。須賀川市の中小・個人調剤薬局の薬剤師求人情報の勤務時間を見てみると8:30から18:30の間の勤務が多い傾向にあります。週の総労働時間は40時間を基本としている調剤薬局が多いです。また大手調剤薬局のツルハドラッグの勤務時間を見てみると9:30から18:30の間で交代制勤務が導入されています。勤務時間帯は少々違いますがそれほど差はない状態です。総労働時間もどちらも40時間を基本としているので同じと言えます。

須賀川市 の求人情報例

実際の求人検索で出てきた求人の主要情報をまとめました

検索結果 新着掲載:更新予定
給与 月給:
時給:-
勤務時間 <<正社員>>
<<パート>> –
基礎情報 諸保険:
その他
新卒歓迎: 未経験可: 土日休み:
諸手当: 在宅: 昇給:

エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄