福島県の薬剤師求人情報|平均年収やお勧めの病院や薬局を紹介

オススメ転職サイトランキング
1位薬キャリ 正社員向け
スピード対応
病院と薬局に転職実績多数

詳細

2位マイナビ薬剤師 パート求人充実
対面での面談重視
全国対応

詳細

3位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した研修制度
複数登録OK

詳細

福島の薬剤師求人動向

福島県の薬剤師数は平成22年度、医療計画書調べで3,461人います。人口10万人あたり170.6人で全国平均の215.9人を45.3人下回っています。(医療分業)率は平成22年度には全国平均を上回り、国の需要予測でも需要動向は改善しています。しかし、地域により人数の格差が存在します。平成22年度の二次医療圏別にみた人口10万人あたりの薬剤師数をみると福島県内では、いわき地区199.3人に対して南会津地区83.6人で、2.4倍の差があります。これは全国平均からみても高い数値だということが分かります。県内の求人をみると東日本大震災から大きな変化があり、避難区域に避難している方に対しての医療格差や、それに伴い勤務地の求人に大きな差があります。

福島の薬剤師求人の平均年収

福島県では20代の平均年収が5,090,000円、30代は5,470,000円で全国平均の都道府県別転職時の平均が20代では5,610,000円となっていることから全国平均より低い数値になっています。しかし注目したいのが都道府県別の転職時最高年収で、福島県の20代の平均が7,000,000円と他県と比べとても高い数値となっています。県内の薬剤師の求人をみてみると平均400万円から600万円の求人が多いです。また育児休暇や産休、産後の職場復帰のサポートを充実させたり、未経験者には研修があり、ブランクのある方に対しても気軽に相談できます。また働き方を自分で選択でき、シフトの融通が利きくので働きやすい環境にあります。

→福島県の高時給求人を薬キャリで見てみる

福島県で注目度ナンバー1!総合南東北病院で薬剤師のお仕事

総合南東北病院での薬剤師の役割

福島県郡山市に立地する総合南東北病院は脳神経疾患研究所の付属病院です。

薬剤師の業務内容として主に、病棟薬剤業務、高カロリー輸液、抗がん剤などの薬剤管理の指導、混合調剤、安全管理の実施や、治験を行うことが仕事で、中核市である郡山市とその周辺エリアにおいて薬剤師の需要は高く、利用者様お一人お一人の身体の具合に合わせ、質の高い薬剤知識のもとに調剤業務を行っています。調剤管理の指導はもちろん、医師と連携をしてより良いサービスの実施を目指している職場環境です。治験なども行うので幅広く業務をこなしています。

総合南東北病院の勤務制度について

総合南東北病院の勤務制度は、月曜日から土曜日の午前8時30分から午後5時まで、当直の場合は午後4時30分から午前9時までの勤務時間となっています。(日直もあります)

4週7休制で、年次有給休暇は最大40日となり、特別休暇やリフレッシュ休暇などもあります。職員送迎バスが運行し、駐車場が完備されていますから通勤がしやすく、育児休業制度や介護休業制度といった福利厚生も充実しており、社員旅行などのイベントも開催されています。研修制度が豊富なことからスキルアップを目指したい方でも働きやすい職場環境となります。

福島県内の大手調剤薬局 ツルハドラッグ

福島県にあるツルハドラッグは、株式会社ツルハが展開している大手調剤薬局・ドラッグストアです。各種医療機関の処方箋に応需する調剤部門、健康意識への高まりに対応するOTC部門を設けています。地域に愛される日本一のドラッグストアチェーンを目指し、顧客の目線に立ってサービスの提供に取り組んでいます。ドミナントエリア戦略に基づいて店舗網の拡充と収益性の向上に成功しているので、長年に渡って安定的に勤続できます。調剤や医薬品の知識が豊富なスタッフが講師となって出張セミナーを開き、地域住民の健康知識の習得へと繋いでいます。

ツルハドラッグは、実証実験や学術発表大会などがあり、職員自らが積極的に学びの機会を得られます。薬剤師職の場合、基本的に日曜日と祝日が休日のため、暦通りに予定を立てやすいです。顧客の対応によって時間外勤務が発生した際には、時間に応じた残業代が支給されています。地域住民の健康増進から終末期医療まで幅広く携わることができ、OTC医薬品の知識だけでなく調剤業務や在宅医療の経験も培える点が最大の魅力です。

→福島県の大手調剤薬局の求人を薬キャリで見てみる

福島県内の地域密着型調剤薬局 くすりのマルト

くすりのマルトは、福島県いわき市で高い市場占有率を誇っているスーパーマーケットチェーン・株式会社マルトを母体としている調剤薬局です。各医療機関との協力体制を敷き、施設や自宅で服薬療法に取り組んでいる方のサポートに力を注いでいます。健康機器を店舗内に設置し、計測したデータに基づく生活改善策を提案して地域の健康増進にも努めています。将来的にくすりのマルトへ就職する意志を持っている薬学部在籍中の方を対象とする奨学金制度を設け、薬局薬剤師を目指している方々をバックアップしています。

くすりのマルトは、設立以降、無借金経営で売り上げを伸ばしており、経営を安定させています。そのため、安心して継続的に働けます。調剤過誤の実例に基づく勉強会など、専門能力が高まる学術研究の機会が豊富です。独自の研修プログラムを通じて、臨床に役立つ知識の習得と認定薬剤師の取得が可能です。勤務実績によってはアメリカ視察研修に参加できるチャンスもあります。負担が発生しない人員配置に取り組んでいるので、残業はほとんどありません。有給休暇や育児休業を取得しやすく、ライフステージが変化しても勤続できる環境も魅力の一つです。

→福島県の地域密着型調剤薬局の求人を薬キャリで見てみる

福島県で薬剤師におすすめのお仕事エリア

福島県は全国で3番目に面積が大きく、会津、中通り、浜通りの風土や文化が異なる3つの地域が存在します。今回はそんな福島県で薬剤師が働くとしたらどの市町村が良いかランキングにしてみました。

  • 1位:「郡山市」

    福島県のほぼ中央に位置する郡山市は県内と中通りを代表する中核市で産業の中心地です。郡山駅からは東北地方ながら都心部へのアクセスも短時間で可能で、国道4号が市内を通り、幅広い交通網をもっています。ですから薬剤師の求人も豊富で各地方からでも通勤がしやすい環境です。

  • 2位:「福島市」

    福島県の県庁所在地として産業はもちろん、商業施設などが多種多彩に存在する都市で、福島駅からは宮城県や郡山市にアクセスが良好ですから、通勤手段が豊富で薬剤師として働きやすい環境にあります。

  • 3位:「いわき市」

    いわき市は、県内で最大規模の面積、人口を誇る市で浜通りを代表する地区です。広大な土地には繁華街が点在しており、薬剤師の求人募集も多くあります。観光スポットが多数あることから観光産業が魅力的です。

→福島県の薬剤師求人を薬キャリで見てみる

薬剤師の転職は地域密着の転職エージェントがおすすめ

転職を検討する際、事前に転職先の情報がわかってないと不安という方が多いようです。

そんな方におすすめなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、あなたの転職を無料でサポートしてくれます。

  • 薬局や病院のリアルな内部事情を教えてもらえる!
  •  地域密着型の転職エージェントは、地域ごとに担当者を設定し、その地域の薬局や病院を細かくヒアリングしています。年収や業務内容などの表面的な条件だけではなく、薬局長やエリアマネージャーの性格、働いている薬剤師の平均年齢や男女比などの、他の求人媒体では見えにくいリアルな情報を手に入れることができます。

  • 非公開の求人も紹介してもらえる!
  •  好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談することで、一般には公開されていない好待遇の求人を紹介してもらうことができます。

  • わがままな条件も聞いてもらえることが多い!
  •  転職はタイミングが大事なので、今すぐの転職は考えていなくても「残業なし年収600万円以上の求人が見つかったらまた連絡ください」などのわがままな条件提示も可能です。もちろん、今すぐ転職したい場合はそう伝えることで、条件にあった求人を探してもらうことができます。

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」と「マイナビ薬剤師」がおすすめです。

1位薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 薬剤師転職希望者登録数No.1、薬剤師登録数10万人以上
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できるのは薬キャリだけ
  • 提携紹介会社数33社で薬剤師求人の圧倒的網羅率、年間就職者数約7200人

無料登録してコンサルタントに相談する

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張訪問、満足度4年連続No.1を獲得
  • 一人当たりの平均紹介求人数26.4件でトップクラス
  • 独自の求人管理システムで全国を網羅、駅チカ家チカ要望に対応

無料登録してコンサルタントに相談する

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収840万円以上の高時給案件多数
  • 日本調剤グループ独自の研修制度が利用できる
  • 転職支援16年で安心の実績

無料登録してコンサルタントに相談する