転職

2017.10.06

薬剤師転職エージェントをイチから徹底解説!メリットデメリットは?

薬剤師の転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

詳細

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

詳細

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

詳細

転職エージェントって使った方がいいの?
どんな基準で選べばいいの?

転職エージェントに興味はあるものの、実態がつかめずに転職自体が先送りになっている薬剤師もいるでしょう。
その時間は非常にもったいないです。こうしている間にも、条件の良い職場がほかの薬剤師に取られているかもしれないのです。

この記事では、薬剤師転職エージェントのメリット・デメリット、おすすめの転職エージェントなどを詳しく解説しています。

薬剤師転職エージェントのサポート内容

そもそも転職エージェントとは、どのような役割を担っているのでしょうか?
一言でいうと転職を希望する薬剤師と、薬剤師を雇用したい企業をつなぐ役割です。
転職を希望する薬剤師への具体的なサポート内容は以下の通りです。

  • 求人の紹介
  • 転職についての相談
  • 履歴書の添削
  • 給与や勤務条件の交渉
  • 面接の対策
  • 面接日程のセッティング
  • 面接同行

転職を考えている薬剤師が転職エージェントに登録すると、これらのサポートを受けられます。「転職経験がないので右も左もわからない」「転職はしたいけど今後のキャリアが見えていない」「忙しくて仕事を探している時間がない」といった薬剤師には頼もしい味方になってくれるでしょう。

薬剤師転職エージェントを利用するメリット4選・デメリット3選

続いては、転職エージェントのメリットとデメリットを紹介していきます。

薬剤師転職エージェントのメリット4選

【メリット1】自分のキャリアを客観的に見てアドバイスをしてくれる

「転職エージェントって求人を紹介してくれるだけでしょ?」そんなイメージを持っている薬剤師もいるでしょう。
しかしそれは間違いで、キャリア構築などについて相談に乗ってくれる存在でもあるのです。

転職エージェントは薬剤師転職のプロです。自分一人で悩んでいては見えない強みや弱み、さらには改善すべき点などを客観的にアドバイスしてくれるでしょう。

2【メリット2】非公開求人を紹介してくれる

転職エージェントを使うことで、非公開求人を紹介してもらえるようになります。

非公開求人とは、インターネット求人サイトや企業のホームページには掲載されていない求人です。普通に検索していては決して見つかりません。非公開求人には大手や有名企業の案件や幹部クラス候補の求人もあります。

しかし、ここで一つ疑問が生まれます。「求人は公開した方が人が集まるよね?なぜ企業は求人を非公開にするの?
その疑問もごもっともなのですが、それにはきちんとした理由があります。

・機密戦略が含まれる採用情報の詳細を、競合他社に漏らさないようにするため
・高待遇な求人を公開すると応募が殺到し、対応に忙殺されるため

簡単にまとめると、不特定多数の方に求人を見られないようにするためといえるでしょう。
非公開求人の中にはレアな高待遇求人もあるので、これを知らずに転職活動を進めていくのはチャンスを逃していることになります。

転職エージェントを利用するだけで非公開求人も見られるようになりますので、これだけでも転職エージェントを使用する価値はあるでしょう。

【メリット3】応募企業先の情報を詳細に教えてくれる

あなたは今、職場の雰囲気や人間関係に悩んでいませんか?「入社前にこんな職場だとわかっていたら、絶対入社しなかったのに…」そんな思いで働いている方もいるでしょう。

そんな転職の失敗を防げるのも、転職エージェントを活用するメリットの一つです。
転職エージェントは、クライアントである企業に足を運んで、人間関係や雰囲気をプロの目で見ています。そこで得た「リアルで、ネットには出回らない情報」を求職者に教えてくれるのです。

求人情報で「アットホームな職場です!」「残業はありません」といった言葉をよく目にしますよね。これが本当かどうか転職前に把握できるということです。これは転職エージェントを活用しなければ得られないメリットです。

【メリット4】自分の条件に合った求人を紹介してくれる

転職活動は想像以上に手間がかかります。特に仕事をしながらの転職活動となると、クタクタになって帰宅してから膨大な求人の中から自分に合った求人を探さなければいけません。

しかしそんな手間と労力も、転職エージェントを使うことで省けます。転職エージェントに、たとえば「職場は薬局で、家からなるべく近くで給与が30万円以上」と希望を伝えれば、求人を探して提案してくれるのです。

薬剤師転職エージェントを利用するデメリット3選

【デメリット1】コンサルタントの質によってサポートに違いが出る

残念ながら、転職のサポートをしてくれるコンサルタントにはそれぞれ能力差があります。また、コンサルタントと求職者は人間同士ですから、どうしても相性の問題が出てくるのです。

運悪く相性も能力も今ひとつのコンサルタントに当たってしまった場合、転職活動に支障が生じる可能性もありえます。
具体的には、自分に合う求人を紹介してもらえなくなる、業界知識に乏しいので求める回答が得られないなどです。

対策としては「このコンサルタントは何だか合わないな」と感じたら、担当を代えてもらうことです。意外と知られていないのですが、担当変更は良くある話なのです。
また有能なコンサルタントに当たる可能性を高めるために、複数の転職エージェントに登録しておくのも一つの手です。

【デメリット2】電話やメールがしつこい可能性がある

転職エージェントに登録したら連絡がしつこくてうんざりした」という話を聞いたことはありませんか?
ふとスマホを見たときに転職エージェントからの着信履歴が何件もたまっていたら、思わず「しつこいな…」と思ってしまうことでしょう。

電話だけでなく、メールが大量に送られてくるケースもあります。電話ほどのプレッシャーにはならないものの、あまりに高頻度で送られてくると良い気持ちにはなりません。
これを防ぐためには、連絡をして良い時間を前もって伝えておくことです。

【デメリット3】望まない転職をしてしまう可能性がある

転職エージェントは、求職者が理想的な転職ができるように徹底的にサポートをする信条を持っています。

しかし一方で、企業がクライアントであることも事実です。
その気持が先走ってしまうと、薬剤師に対して強引に求人を紹介したり、転職を早くするよう催促してきたりということも起こりえるのです。
転職エージェントのペースに乗せられてしまうと、望まない転職をするはめになってしまいます。

こうならないためにも、自分が転職先に何を求めているのかをハッキリさせておきましょう。希望の条件を明確にして、その条件に合う求人でなければ転職しないという強い意思を持つことが大事です。

薬剤師転職エージェント利用の流れ

転職エージェントを利用した転職は、どのように進んでいくのでしょうか?登録から入社までを時系列でみていきましょう。

転職エージェントへの登録

まずは薬剤師専門の転職エージェントに登録しましょう。経歴や転職希望時期、希望する地域や年収、職種などを入力したら完了です。所要時間は3分程しかかかりません。
具体的な話は改めて担当のコンサルタントに伝えることになるので、ここでは簡単な記載で問題ありません。

コンサルタントとの面談・求人紹介

登録が済んだら、次はコンサルタントとの面談です。かしこまったものではないので安心してください。ほとんどの場合は電話を使ってコンサルタントに希望する条件などを伝えるだけです。

そののち、コンサルタントが希望条件に合った求人情報をメールなどで送信してくれます。興味のある求人があったらコンサルタントに伝えましょう。

書類添削・面接対策

続いては、選考を突破するための対策を行ないます。ここでもコンサルタントが頼もしい存在になってくれます。履歴書の書き方や採用担当者に好印象を与える面接の方法を教えてもらいましょう。

コンサルタントは転職のプロで、しかも応募する企業がどんな薬剤師を欲しがっているかを熟知しています。どうすれば良い印象を与えられるのかをプロ目線で教えてくれます。これは、一人で転職活動をしていたら決して得られない貴重なアドバイスといえるでしょう。

応募・推薦・書類選考

企業への応募は、すべてコンサルタントを通して行ないます。求職者である薬剤師を求人先に推薦してもらう形です。求人先企業の書類選考を通過すれば、次は面接です。

面接

面接といえば転職活動最大の難関ですよね。しかし転職エージェントを活用しているなら安心です。エージェントによっては、希望すれば面接に同行してくれることもあります。
万が一面接中に返答につまってしまった場合も、エージェントがフォローしてくれるでしょう。残業がどれくらいあるのかなど、自分では聞きにくいことも代わりに聞いてくれるので、気まずい思いをせずに大切な情報を入手できます。

内定・入社

面接をクリアし、内定をもらったからといって転職活動は終わりではありません。
入社日の調整や条件交渉など、やることはまだ残っています。
しかし、ここでもコンサルタントが活躍してくれるでしょう。入社希望日をコンサルタントに伝えておけばしっかり調整してくれますし、さらには今勤めている会社の退職に関しても相談に乗ってくれます。

万が一、入社後に待遇面で不満が出てきた場合もコンサルタントに相談できます。面倒なやりとりはコンサルタントが間に入って行ってくれるのでとても便利です。

薬剤師転職エージェントの選び方とコツ

続いては「転職エージェントをどうやって選ぶか?」について説明していきます。
数ある転職エージェントのなかから、どのような基準で選べばよいのでしょうか?

転職エージェントの選び方

薬剤師専門の転職エージェントは一つではありません。国内にいくつか存在するのですが、「どうせどれも同じでしょ?」と適当に選んでしまうと、転職に失敗してしまいます。

なぜなら転職エージェントにはそれぞれ強みがあり、自分の志向と一致しなければ良い結果が出づらくなってしまうからです。
病院に転職したいのに、調剤薬局に強いエージェントに登録したり、派遣で働きたいのに派遣の求人がない転職エージェントに登録すると転職は成功しません。

自分が希望する職場や雇用形態に合わせて転職エージェントを選ぶことが重要です。

おすすめエージェント3選の比較と特徴!

当サイトおすすめの薬剤師転職エージェントを紹介します。
それぞれの強みを確認し、自分の希望する職場や雇用形態に強みを持つ転職エージェントを選びましょう。

マイナビ薬剤師

雇用形態 正社員・パート
調剤薬局 33,395
ドラッグストア 14,786
病院 2,520
企業 284

*2019 年3月現在

大手人材紹介会社のマイナビが運営する薬剤師専門の転職エージェントです。長年に渡って人材業業界をリードしてきたノウハウを活かし、全国の求人を網羅しています。求人の数、バリエーションも豊富で、仕事選びの幅がぐんと広がるはずです。
特に大手の企業やドラッグストアなどとのパイプが太いという特徴があります。

またコンサルタントがすべての職場に足を運んでいるため、求人情報には記載されない職場の人間関係や雰囲気などの情報をより詳しく知ることができます

職場見学や履歴書添削・面接同行など求人紹介以外のサポートも充実しているため、転職初心者でも安心して転職ができるでしょう。

転職したいすべての薬剤師におすすめできるのがマイナビ薬剤師なのです。

マイナビ薬剤師に無料登録してエージェントを利用する

ファルマスタッフ

雇用形態 正社員・派遣・パート
調剤薬局 43,378
ドラッグストア 6,956
病院 2,131
企業 108

*2019 年3月現在

ファルマスタッフは、大手調剤薬局の日本調剤を親に持つ転職エージェントです。だからこそ調剤薬局業界とのパイプが太く、調剤薬局に転職を考えている薬剤師なら絶対に登録しておきたい転職エージェントといえるでしょう。
「年収700万円以上・時給4000円以上」など好条件の求人が豊富なのも大きな特徴です。

また、求職者と直接会って面談をすることで転職後のミスマッチを減らすことができ、企業からも絶大な信頼を得ています。
その結果「ファルマスタッフさんなら…」とほかの転職エージェントよりも良い条件で求人が集まるのです。

ファルマスタッフに無料登録してエージェントを利用する

薬キャリ

雇用形態 正社員・派遣・パート
調剤薬局 17,662
ドラッグストア 3,520
病院 1,128
企業 131

*2019 年3月現在

薬キャリはエムスリーグループであるため、病院や製薬会社など医療現場と太いパイプを持っています。もし気になる病院や製薬会社が求人を出していないとしても、薬キャリのコンサルタントが直接電話をして求人の有無を確認してくれます。

また求職者対応を電話に絞ることで効率的な転職サポートを徹底していることも大きな特徴です。最短3日での転職実績もあるので、「今すぐ転職したい!」という方にはおすすめできる転職サイトです。

薬キャリに無料登録してエージェントを利用する


【おすすめ】薬剤師の転職サイトランキング

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

3位早く転職したいなら「薬キャリ」

  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できる
  • 電話だけでスムーズに転職ができる

無料登録してコンサルタントに相談する