転職

2017.10.06

中小薬剤師転職エージェントの利用は危険?おすすめエージェントは?

薬剤師の転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

詳細

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

詳細

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

詳細

「そもそも転職エージェントって何?」
「転職エージェントを利用すると、どんなメリットがあるの?」

転職を成功させる薬剤師の多くが利用すると言われている「転職エージェント」。登録すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

この記事では、転職エージェントの基礎知識から、転職エージェントの紹介、選び方のコツを紹介。転職を考える薬剤師は必見です。

1.薬剤師転職エージェントの9つのメリット
 -どうして薬剤師転職エージェントを無料で利用できるのか

転職活動をしているけど、なかなかうまく行かない…

薬剤師が転職活動に悩んだときに頼りたいのは、薬剤師専門の転職エージェントです。転職エージェントとは、正社員や契約社員などの求人紹介・あっ旋をおこなう人材紹介会社のこと。求人の紹介をはじめ、面接や条件交渉のフォローなど、きめ細かくあなたの転職をサポートしてくれる、心強い存在なのです。

具体的なサポートとしては、次のようなものがあげられます。

(1)求人紹介

薬剤師専門の転職エージェントは、「薬剤師」に特化して求人情報を集めています。そのため、スキルアップしたい方向けの求人も、企業で新薬を研究したい方向きの専門的な求人も、ハローワークや一般的な転職サイトよりも多く持っています。

(2)キャリア相談

転職エージェントは、職場の人や友人には相談しづらい相談にも乗ってくれます。「薬剤師としてどんなキャリアを形成したいのか?」ということをヒアリングしたうえで、あなたの希望に合う求人を紹介してくれますよ。

(3)履歴書・職務経歴書の添削

選考の第一関門である書類選考。転職エージェント経由で仕事を探すと、エージェントが履歴書・職務経歴書を添削してくれます。応募先企業に合わせて完ぺきな書類に仕上げられるので、自信を持って選考に臨めるはずですよ。

(4)面接対策

何度経験しても面接は緊張するもの。あなたがベストを尽くせるよう、転職エージェントは希望者を対象に電話や対面で面接練習をおこなってくれます。改善点をフィードバックをしてくれるので、本番前のよい練習になるでしょう。

(5)面接日程の調整

在職中の薬剤師の転職活動は、面接の日程調整ひとつにしても苦労しますよね。転職エージェント経由の転職であれば、企業側との連絡はエージェントが代行してくれるため、スピーディーに日程を調整できます

(6)面接同行

エージェントによっては、あなたの面接に同行してくれることもあります。慣れない土地で道に迷い、焦ることもないでしょう。
※すべてのエージェントが対応しているわけではないため、詳細は各エージェントにお尋ねください。

(7)給与などの条件交渉

選考が進むと、給料や待遇、入社時期などの条件交渉へ入ります。自分ではなかなか難しい交渉も、薬剤師専門のエージェントが代行してくれるため安心です。

(8)公開求人より条件のよい「非公開求人」の紹介

エージェントの強みのひとつは、一般に公開されている求人に加えて、エージェント自ら企業をまわり、獲得してきた「非公開求人」を持っているということ。非公開求人とは、企業が人材エージェントに個別に相談した、外部に出回る前求人のことです。管理職や専門職の求人など、レアな人気求人を持っているのはエージェントならではでしょう。

(9)以上のサービスが無料で利用できる

薬剤師専門の転職エージェントの利用には、一切お金はかかりません。このような至れり尽くせりのサービスを無料で提供している理由は、エージェントが企業から契約手数料をもらっているからです。

転職エージェント経由で就職が決まると、企業はエージェントに対して既定の手数料を支払います。それが転職エージェントの売上となるのです。

そのため転職エージェントは、企業の要望を叶えるような人材を紹介するためにも、薬剤師の転職希望者を手厚くサポートしているのです。

2.中小薬剤師転職エージェントの利用は危険? 

自分が住んでいる街には、大手の転職エージェントがない

そんな方は、地元の中・小規模の転職エージェントへの登録を考えるかもしれません。(ここでは「上場企業ではなく、各政令指定都市に本社や支店がない」転職エージェントを中小規模と定義します。)

しかしその登録、本当に大丈夫でしょうか?実は、中・小規模の転職エージェントにはデメリットがあるのです。

    【中小規模の転職エージェントを利用するデメリット】

  • 無理やり転職をすすめてくることもある。
  • 実力がいまいちなコンサルタントが担当になる可能性がある。
     (レスポンスが遅い、希望とマッチしていない求人を紹介してくるなど)

このほかにも、大手企業の求人情報が少ないケースがあることも。地元企業で長く働きたい方にはぴったりですが、全国規模の企業に勤めたい方、あえて転勤をして各地域に住んでみたい方などは注意が必要です。また、紹介してくれる求人数が少ないケースや、明らかに希望していない求人を紹介してくるなど、こちらの条件が正確に伝わらないことも

大手企業の求人に限らず、大手の転職エージェントに比べて、中小転職エージェントは求人数が少ない傾向にあります。
あなたのキャリアプランに合わせ、上手に使い分けることが必要でしょう。

あなたも例外じゃない?|転職活動の「落とし穴」にはまった薬剤師

3.薬剤師の転職成功のカギ

薬剤師が転職活動を成功させるためには、転職エージェントの上手な活用がカギとなります。

新卒の就職活動と、ある程度キャリアを積んでからの転職活動では明らかに勝手が違います。中途の転職活動には情報と戦略が必須。その際、心強い相談窓口となるのが転職エージェントなのです。

あなたの理想にもよりますが、転職先の選択肢は複数あったほうがよいもの。まずは一度大手転職エージェントを利用してみて、薬剤師としての未来の可能性がどれだけ広がるのか、聞いてみるのもよいでしょう。

最近は近隣にエージェントの支店がないエリアでも、電話やSkypeなどで対応してくれます。取引企業の支店で求人を紹介してくれることもあるので、登録して損はありませんよ。

なお、転職エージェントを選ぶポイントは「担当者」のスキルや交渉力です。あなたと担当者の相性がよく、担当者のスキル・交渉力が秀でていれば、転職成功の確率もぐっとアップするでしょう。

よりあなたに合う担当者と出合うためにも、最低2社以上の薬剤師専門の転職エージェントに登録し、比較してみることをオススメします。


【おすすめ】薬剤師の転職サイトランキング

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

3位薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できる
  • 電話だけでスムーズに転職ができる

無料登録してコンサルタントに相談する