宮城県の薬剤師求人情報|平均年収やお勧めの病院や薬局を紹介

オススメ転職サイトランキング
1位薬キャリ 正社員向け
スピード対応
病院と薬局に転職実績多数

詳細

2位マイナビ薬剤師 パート求人充実
対面での面談重視
全国対応

詳細

3位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した研修制度
複数登録OK

詳細

宮城の薬剤師求人動向

宮城県が策定した医療計画によると、県内の人口十万対従事者数は全国平均の215.9よりも低い207.6となっています。また、地域によって医療従事者の数に偏りが見られ、都市部に対して過疎地や高齢化の進む地、特に東日本大震災の被災地では深刻な医療従事者不足を起こしています。在宅医療に参加をしている薬局などの数も少ない傾向にあります。一方で、県内に薬局は1087件あり、また医薬分業率は76.1パーセントと高い数値であり、薬剤師にとって専門スキルを発揮しやすい体制が整っていると考えることが出来ます。

諸問題を解決するため、件は動向地域の偏りを解消する目的で過疎地域などへの求人や斡旋を行うなどの取り組みを行っています。

宮城の薬剤師求人の平均年収

宮城県の平均年収は495万円です。男女別で見ると、男性の場合は500万円、女性の場合は341万円と、男性のほうが所得が高い傾向にあります。

薬剤師の場合、平均年収は596万円です。これは全国でも9番目に高い数値となっています。女性は523万円と平均より少し低いですが、それでも県内平均よりは高めの数値であることから、男性女性にかかわらず、県平均よりも高い収入を得られると言えます。

収入アップを目指す場合、特に、都市圏である仙台市に病院や薬局が集中していることから、過疎地などの求人は比較的高待遇を得られます。また、在宅医療に登録している薬剤師数が少ないこともあり、それらの経験もあるとなお収入アップを期待できます。

→宮城県の高時給求人を薬キャリで見てみる

薬剤師が注目する宮城県内の病院・仙台医療センター

仙台医療センター薬剤部の業務内容

独立行政法人国立病院機構仙台医療センターで働く薬剤師の主な業務内容は、入院中の患者さんに向けた調剤業務と注射処方箋に基づいた注射薬の調剤業務・払い出しを中心として、院内製剤(特殊製剤および一般製剤)、無菌調整処理、医薬品の購入や仕入れた医薬品の在庫管理、医薬品に関する情報の収集・管理、入院中の患者さんに対する服薬指導、そのほかお薬に関する相談への対応など広範囲にわたっています。また、仙台医療センターは薬学部の生徒などを対象として実務実習の受け入れを行っているため、実習生の指導にあたることもあります。

仙台医療センターの勤務制度や研修について

仙台医療センターの勤務制度は週休二日制の交代制勤務になります。

仙台医療センターは「がん専門薬剤師」の研修施設に認定されている病院のため、院内では「がん専門薬剤師」養成のための高度な実務研修や医師による講義などが行われています。「がん専門薬剤師」を目指す方には最適の環境と言えるでしょう。また、院内には治験管理室があり、薬剤師を含めたスタッフが治験コーディネーター業務などを行っています。そのため、臨床研究に興味のある方にも適した環境となっています。

そのほか、仙台医療センターは薬剤師を対象とした海外研修なども行っています。

宮城県内の大手調剤薬局 ツルハドラッグ

ツルハドラッグは、札幌に本社を置く上場企業、ツルハホールディングス傘下の薬局で、薬局や、店舗販売業に基づく医薬品等の販売、フランチャイズ店への卸売販売業、介護事業などを主な事業として展開しています。ツルハドラッグは、地盤の北海道を皮切りに、宮城県や岩手県などの東北地方、関東・中部・関西地区など多くの地域に出店しており、そのネットワーク力の強さが売りの企業です。2016年12月現在、店舗数は1715で、資本金が42億5,200万円、社員合計8,472名を抱える大企業です。

薬剤師の業務としては、登録販売者では扱えない1種、2種医薬品などの販売を行い、お客様からの相談を受ける事があります。

勤務時間は朝9時から午後6時が原則ですが、育児・介護で通常のシフトでの勤務が難しくなった場合、短時間勤務制度を取り入れていたり、万一の怪我などで働けなくなった場合に備えた60歳まで給与が保証される保険制度など福利厚生も充実しています。社員は買い物の際に割引される社割制度もあるので便利です。給与水準も高く、通勤手当などの諸手当て制度も充実しています。

→宮城県の大手調剤薬局の求人を薬キャリで見てみる

宮城県内の地域密着型調剤薬局 ダルマ薬局

ダルマ薬局は昭和21年創業の歴史あるドラッグストアです。小規模店舗から大型店までさまざまなタイプの店舗があり、地元宮城県では知名度と信頼感抜群の企業として知られています。2015年にマツモトキヨシ東日本販売に吸収合併されましたが、経営母体が変わっても仙台市青葉区のダルマ薬局 木町通調剤店をはじめ、宮城県や岩手県、栃木県にダルマ薬局が30店舗近く残っています。近年では、LINEを活用して特売情報やクーポンを発行するなど、従来の手法にとらわれない顧客への情報発進にも注力しています。

薬剤師の採用はマツモトキヨシ東日本販売が行っており、勤務時間は実働8時間の変形労働時間制、年間休日は116日です。職種別と階層別に研修制度がシステム化されており、薬剤師としての専門性を高められると同時に、経営についての知識を身につけるサポート体制が構築されています。収入は年棒制となっており、経験や能力、会社の業績や個人評価により決定されるしくみです。福利厚生として、確定居室年金制度と社員割引、財形貯蓄や借上社宅制度などがあります。

→宮城県の地域密着型調剤薬局の求人を薬キャリで見てみる

宮城県で薬剤師におすすめのお仕事エリア

宮城県で働くとしたらどのエリアで働くのが理想的なのでしょうか?薬剤師が宮城県で働くと仮定した場合におすすめのエリアを3つ選んでみました。

  • 1位:大病院が集う宮城県仙台市

    人口100万人を超える大都市である仙台市は当然薬剤師の求人も豊富、また設備が整った大きな病院も多いので病院薬剤師として働きたい人にはオススメです。商業施設も豊富なのでショッピングに便利な環境です。

  • 2位:豊かな海の幸が魅力の石巻市

    世界三大漁場として知られる三陸沖の海の幸が楽しめる石巻市は水産都市して大きく発展してきました。人口は仙台市に次いで県内第二位と多いので薬剤師の需要も期待できます。三陸自動車道の開通で仙台市との行き来も楽になり、石巻市から仙台市へ通勤することも可能になりました。

  • 3位:温泉が魅力の大崎市

    大崎市は面積が県内2位という広大な面積を持つ都市、そのため薬剤師の求人もマイカー通勤可の求人が殆どです。また市内にある鳴子地区は温泉で有名なスポット、仕事で疲れた体を温泉で癒やしたい方に大崎市はオススメです。

→宮城県の薬剤師求人を薬キャリで見てみる

薬剤師の転職は地域密着の転職エージェントがおすすめ

転職を検討する際、事前に転職先の情報がわかってないと不安という方が多いようです。

そんな方におすすめなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、あなたの転職を無料でサポートしてくれます。

  • 薬局や病院のリアルな内部事情を教えてもらえる!
  •  地域密着型の転職エージェントは、地域ごとに担当者を設定し、その地域の薬局や病院を細かくヒアリングしています。年収や業務内容などの表面的な条件だけではなく、薬局長やエリアマネージャーの性格、働いている薬剤師の平均年齢や男女比などの、他の求人媒体では見えにくいリアルな情報を手に入れることができます。

  • 非公開の求人も紹介してもらえる!
  •  好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談することで、一般には公開されていない好待遇の求人を紹介してもらうことができます。

  • わがままな条件も聞いてもらえることが多い!
  •  転職はタイミングが大事なので、今すぐの転職は考えていなくても「残業なし年収600万円以上の求人が見つかったらまた連絡ください」などのわがままな条件提示も可能です。もちろん、今すぐ転職したい場合はそう伝えることで、条件にあった求人を探してもらうことができます。

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」と「マイナビ薬剤師」がおすすめです。

1位薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 薬剤師転職希望者登録数No.1、薬剤師登録数10万人以上
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できるのは薬キャリだけ
  • 提携紹介会社数33社で薬剤師求人の圧倒的網羅率、年間就職者数約7200人

無料登録してコンサルタントに相談する

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張訪問、満足度4年連続No.1を獲得
  • 一人当たりの平均紹介求人数26.4件でトップクラス
  • 独自の求人管理システムで全国を網羅、駅チカ家チカ要望に対応

無料登録してコンサルタントに相談する

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収840万円以上の高時給案件多数
  • 日本調剤グループ独自の研修制度が利用できる
  • 転職支援16年で安心の実績

無料登録してコンサルタントに相談する