沖縄県の薬剤師求人情報|平均年収やお勧めの病院や薬局を紹介

オススメ転職サイトランキング
1位薬キャリ 正社員向け
スピード対応
病院と薬局に転職実績多数

詳細

2位マイナビ薬剤師 パート求人充実
対面での面談重視
全国対応

詳細

3位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した研修制度
複数登録OK

詳細

    登録の際の注意点
  • 地域限定の求人は人気が高く早い者勝ちです。転職希望時期は3か月以内と伝えることで、優先的に紹介してもらえます。
  • エージェントからの電話には少なくとも1回は必ず対応しましょう。本人確認ができない場合、登録が解除されて非公開求人が見れない可能性があります。

沖縄の薬剤師求人動向

沖縄県内の薬剤師の数は医療計画によると平成22年の時点で1,981人います。平成20年の時点では1,903人であり、緩やかに増加を認めていますが、人口10万あたりに換算すると142.2人で、全国平均の215.9人を大きく下回っている状態です。また、医療圏別で比較すると、県の南部圏域では1,257人と一番多く、次いで中部の499人、北部の112人、八重山の62人、宮古の51人となっています。

薬剤師全体の約6割が調剤薬局に努めている他、病院で勤務する人を含めると就業率は97.3%と非常に高いです。今後、国の需給予測では需給動向は改善傾向にあり、特に若く専門性の高い人材の求人情報が増加することが予測されています。

沖縄の薬剤師求人の平均年収

沖縄県では20代から30代といった若い世代の薬剤師に関する求人情報が多く、その分平均年収も高い傾向にあります。この世代における県内の薬剤師の平均年収は約550万円となっており、全国平均の530万円を上回っています。一方で県全体で見ると約516万円となっており、全国平均をやや下回る結果となっています。地域別でみると八重山地方や宮古地方では極めて貴重な人材として重宝される傾向にあり、実に700万円以上の収入を得ることができることも珍しくありません。これらの地区では週休2日制が確保されているだけでなく、年間に有給が20日間も取得できるなど、かなり福利厚生面でも恵まれている求人情報が多く大変魅力的と言えます。

→沖縄県の高時給求人を薬キャリで見てみる

沖縄県立中部病院においての薬剤師の状況

沖縄県立中部病院の業務内容

沖縄県立中部病院は県内において最も評判の良い医療機関です。看護師などを募集していますが、薬剤師についても求人を出しています。業務内容については、調剤業務などが主な仕事となります。医者が患者に処方する薬について相互作用をもたらす危険性などや薬の処方歴を確かめたうえで調剤していきます。患者に渡すときには、薬を服用する方法や投薬期間そして副作用について説明しなければなりません。さらに製薬会社から抗がん剤の治療に関する新たなプロジェクトを持ち掛けられた場合においても、医者との仲介役に努めることもあります。

沖縄県立中部病院の勤務制度

勤務制度について沖縄県立中部病院は救急医療も担当しているので、夜中に勤務する職員もいますが、薬剤師の場合だと深夜勤務は基本的にありません。非正規での採用になると勤務時間が朝8時30分から夕方の5時15分までです。休みに関しては一週間で2日あります。調剤専門で採用されるためには病院での勤務の経験は問われません。調剤専門で働くと一ヶ月あたりの労働時間が124時間となり、一日あたりに換算するとおよそ6時間ほどになります。残業は基本的にありません。また土曜日や日曜日そして祝日にも出勤することはないです。

沖縄県内の大手調剤薬局 マツモトキヨシ

株式会社マツモトキヨシは、本社を千葉県松戸市に置く国内最大手のドラッグストアチェーンです。創業は1932年で、現在店舗は全国に722店舗、沖縄県内には22店舗が展開しています。

大手のドラッグストアチェーンということもあり、研修などのスキルアップの場が充実していることが一番の特徴です。衣料品や化粧品の知識に関することから基本的な接客マナーの勉強会、独自の通信教育が充実しているなど学べる内容や方法も様々あり、スキルアップが望めます。また、店舗での実績や本人の希望などによっては本部スタッフ、店長などへのキャリアアップが可能であることも魅力となっています。

勤務はシフト制で、原則として実働8時間となっています。年間休日は108日。慶弔休暇、介護休暇、産前・産後の休業、育児休暇などの制度が整っているほか、社会保険の完備、画定拠出年金など福利厚生の面でも充実しており、女性にも働きやすい環境です。

業務内容は、調剤業務、OTC医薬品の管理および販売、服薬・健康に関する指導、その他接客、店舗内業務全般などです。

→沖縄県の大手調剤薬局の求人を薬キャリで見てみる

沖縄県内の地域密着型調剤薬局 ふく薬品

ふく薬品は、沖縄県を中心に店舗を展開している株式会社ふく薬品が管轄している調剤薬局です。介護の基本である排泄ケアの知識の普及に努め、在宅療養中の方と介護する近親者の方々のサポートに力を注いでいます。様々な事情によって外出を困難とする方、定期的に介護おむつを購入する必要がある方のために、電話注文の商品を無料で配達するシステムを整えています。調剤薬局・ドラッグストアを併設したコンビニエンスストアを開設し、地域住民の生活をきめ細やかに支援しています。

ふく薬品は、薬剤師の方であれば今までの経験を活かして年収500万円以上を目指せる職場です。各種保険を完備し、長年に渡って安定的に働ける環境を構築しています。週休二日制を採用して年間休日数を100日以上確保していることから、ライフワークバランスを維持しやすく、プライベートの充実化を図れます。勤務時間と曜日を社員の希望に合わせて決定しているので、ライフスタイルに応じた働き方を模索できます。遠隔地から職場に通う方に考慮して通勤手当を支給しています。また、アットホームな雰囲気も大きな魅力の一つです。

→沖縄県の地域密着型調剤薬局の求人を薬キャリで見てみる

沖縄県で薬剤師におすすめのお仕事エリア

本土から離れている沖縄県は人気のある地域なので、今回は現地で薬剤師の需要が高い場所を紹介していきます。

  • 1位:那覇市

    県庁所在地である那覇市には数多くの企業が進出しています。また琉球文化にまつわる建物もたくさんあるので、国内や海外から観光客が連日押し寄せています。自家用車での通勤が基本です。

  • 2位:宮古島市 

    宮古島市は離島ということもあって食料品などの物価が高いのですが、本土から離れていることもあって、独自の生態系に恵まれれています。そのため仕事でストレスが溜まってもリフレッシュできます。

  • 3位:糸満市 

    糸満市は沖縄の最大規模の都市ではないので、会社よりも住宅の方が多い街なのですが、自然が豊かであり特に海岸の方へ行けばサンゴ礁が見られます。そのため気分転換しやすいところです。

→沖縄県の薬剤師求人を薬キャリで見てみる

薬剤師の転職は地域密着の転職エージェントがおすすめ

転職を検討する際、事前に転職先の情報がわかってないと不安という方が多いようです。

そんな方におすすめなのが地域密着型の転職エージェント!3つのメリットで、あなたの転職を無料でサポートしてくれます。

  • 薬局や病院のリアルな内部事情を教えてもらえる!
  •  地域密着型の転職エージェントは、地域ごとに担当者を設定し、その地域の薬局や病院を細かくヒアリングしています。年収や業務内容などの表面的な条件だけではなく、薬局長やエリアマネージャーの性格、働いている薬剤師の平均年齢や男女比などの、他の求人媒体では見えにくいリアルな情報を手に入れることができます。

  • 非公開の求人も紹介してもらえる!
  •  好条件の求人は、応募者が殺到することを防ぐために非公開になっていることが多いです。転職エージェントに相談することで、一般には公開されていない好待遇の求人を紹介してもらうことができます。

  • わがままな条件も聞いてもらえることが多い!
  •  転職はタイミングが大事なので、今すぐの転職は考えていなくても「残業なし年収600万円以上の求人が見つかったらまた連絡ください」などのわがままな条件提示も可能です。もちろん、今すぐ転職したい場合はそう伝えることで、条件にあった求人を探してもらうことができます。

地域密着の転職エージェントは「薬キャリ」と「マイナビ薬剤師」がおすすめです。

1位薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 薬剤師転職希望者登録数No.1、薬剤師登録数10万人以上
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できるのは薬キャリだけ
  • 提携紹介会社数33社で薬剤師求人の圧倒的網羅率、年間就職者数約7200人

無料登録してコンサルタントに相談する

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張訪問、満足度4年連続No.1を獲得
  • 一人当たりの平均紹介求人数26.4件でトップクラス
  • 独自の求人管理システムで全国を網羅、駅チカ家チカ要望に対応

無料登録してコンサルタントに相談する

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収840万円以上の高時給案件多数
  • 日本調剤グループ独自の研修制度が利用できる
  • 転職支援16年で安心の実績

無料登録してコンサルタントに相談する