投稿 更新日更新

派遣薬剤師の時給相場は3000円。今すぐ収入を増やす方法とは?

高い時給でプライベートな時間も確保しながら働ける派遣薬剤師。なかには時給5,000円といった驚きの求人も存在します。この記事では派遣薬剤師の時給の相場や、時給が高い理由など派遣薬剤師の実態を徹底調査。高時給派遣の求人に出会うための具体的な方法もご紹介します。

この記事に書いてあること

1. 派遣薬剤師の平均時給や相場は?

まずは薬剤師の平均時給や相場を見ていきましょう。

【派遣薬剤師の職場別時給】

職場 時給
ドラッグストア 2,600~3,100円
病院 2,500~3,000円
調剤薬局 2,600~3,000円
企業 2,600~3,000円

※派遣薬剤師に興味がある方は「こちら」の記事も参考にしてください

一般的に地方と都市部では、同じ職業でも給与が違います。派遣で働く薬剤師にも同じことがいえます。

給与を構成する要素は、地域の物価や企業規模、会社の業績などさまざまですが、地方と都市部とではどう違うのでしょうか?

都市部の薬剤師は時給2000~3000円代が相場!

勤務先が都市部の派遣薬剤師は、時給2,000~3,000円代、月収40万円前後が相場です。ここでいう都市部とは、東京に限らず地方都市も含みます。人口が集中している都市部は薬剤師の数も多いため、時給が低くなりがちです。派遣薬剤師は正社員よりも月収・年収ともに低いケースもあるので、給与を上げたくて派遣に転職する場合は注意が必要です。

地方の薬剤師は高時給!なかには5000円超え高額求人も!

地方の派遣薬剤師は、都市部よりも時給が高い傾向があります。その理由は人材不足です。地方は人口が少ないため、薬剤師を募集してもなかなか集まらないのが現状です。少しでも人材を集めるために時給を高く設定しているのです。

都市部と比べると、地方は1,000円ほど時給が高くなっています。時給や勤務日数によっては、月収50万円以上を目指すことも十分可能です。

5000円求人画像

この求人は「薬キャリ」で見つけた島根県松江市の調剤薬局の求人です。時給5,000円で年収600万円以上を目指せる、まさに好条件の求人です。派遣薬剤師は驚くほど高額の時給で働くことができるのです。

このような求人を見て「地方で派遣薬剤師として働きたい!」と思う方もいるかもしれません。しかし地方への転居をともなう転職の場合、慎重に行動しましょう。実は転職先の人間関係が悪かった、駅から徒歩では通勤できずマイカーが必要だった、経営状況が悪くすぐに倒産してしまった、といった大きなリスクが潜んでいるかもしれません。
悔いのない転職をするためにも、働く企業や地域の情報、雇用期間などは入念に下調べをしておきましょう。

2. 派遣薬剤師の時給はパートや正社員と比べて高いの?

【働き方別時給比較表】
※派遣・パートの月収は時給×8時間×20日で算出。

時給 月給 年収
派遣 3,500円 56万円 672万円
パート 2,500円 40万円 480万円
正社員 46万円 552万円

派遣薬剤師の時給は、パート薬剤師と比べると高いといえます。月収では10数万、年収ではおよそ200万円ほどの差が生まれます。同じ時間働くのであれば、派遣で働いた方がパートよりもはるかに多い給与がもらえるのです。

一方、正社員と比べると派遣の方が月収は高いケースが多いですが、賞与などを換算した年収は正社員の方が高く、安定している場合もあります。

しっかりとしたキャリアとビジョンがあれば、派遣薬剤師として高収入を得ることも可能です。終身雇用制度が崩壊しつつある今、派遣薬剤師として自分らしい働き方に挑戦するのも選択肢のひとつでしょう。

3. 派遣薬剤師の時給はなぜ高い?ウラがあるの?

派遣薬剤師の時給が高い理由

時給があまりに高いと「激務なのでは?」「人間関係が悪い職場なのでは?」と不安を抱く方もいるかもしれません。しかしそうではない場合がほとんどです。

派遣薬剤師の時給が高い理由は、単純に人材不足です。

薬剤師の多くが正社員や契約社員として働くなか、あえて派遣で働く人材は少ないのが現状です。そのため「短時間だけ働いてくれる人材が欲しい」「専門スキルをもった人が欲しい」といった職場の要望に応えられる人は少なく、高い時給で人材を集めているのです。

子育てや介護などで第一線から退いている薬剤師も多く、今後はそのような方々が働きやすい勤務形態が増えることが予想されます。

派遣薬剤師の時給は今後下がっていく可能性がある?

日本の医療業界における深刻な薬剤師不足には、さまざまな対策がとられています。

対策のひとつとして注目されているのが、ロボットの活躍です。人工知能やロボットは、単純作業であれば人間よりも正確におこなうことができます。そのため、今後薬剤師に求められる仕事はロボットにはできない業務が中心になると考えられます。薬剤師不足の解消にもつながり、必然的に派遣薬剤師の募集が減り、時給も下がる可能性があります。
派遣薬剤師として働くのであれば、今がチャンスとも考えられます。

4. 派遣薬剤師の時給以外の6つのメリット

派遣薬剤師は決して良いイメージばかりではないかもしれません。しかし、別の角度から見れば、いろいろなメリットがあります。

  • 興味のある分野を極め、スキルアップできる
  • 派遣会社によっては社会保険などの福利厚生が充実している
  • 正社員と同じ内容の業務ができる
  • 勤務時間の融通が利くので、プライベートとのバランスが取れる
  • 働きを評価されれば、正社員へのチャンスがある
  • 残業がない

派遣薬剤師という働き方が気になる方は、まずは派遣会社への登録を済ませておくとよいでしょう。いざ派遣の仕事を探そうとしても、タイミングよく条件の良い求人情報が出ているとは限りません。早めに登録しておくことで、理想の求人情報と巡り合える確率がアップしますよ。

派遣だからこそ出会えた魅力的な職場


Aさん 30歳女性

体力に自信のない私は、子どもを産むタイミングでいったん薬剤師の仕事を辞めました。育児が一段落した頃、ふたたび薬剤師として働きたいと思うようになり、転職サイトに登録。友人からすすめられたこともあり、派遣の仕事を探すことにしました。

担当してくれたコンサルタントはとても良い人で、子育てと家事を両立できる職場を探してくれました。おかげで今は週4・残業ナシで無理なく働いています。ママ薬剤師が多い職場は子育てにも理解があり、とても働きやすいです。

→求人サイトで派遣の求人を探す

5. 高時給の派遣を探すポイントとは?

派遣薬剤師として高時給で働きたい方は、薬剤師や医療業界に特化した転職エージェントを利用しましょう。あらゆる職種を扱う転職エージェントよりも、業界の情報に詳しく、好条件の求人紹介をしてもらえます。

利用方法はいたってカンタン。転職サイトに無料登録し、自分が希望する勤務地、勤務条件を担当者に伝えると、業界に精通した転職コンサルタントが求人先の情報を複数教えてくれます。コンサルタントは求人情報には載っていないような職場の詳しい情報も教えてくれるので、ブランクのある薬剤師やママ薬剤師も安心して仕事を探せます。

数ある転職エージェントのなかでも、ブランク薬剤師やママ薬剤師に人気の「薬キャリ」や高時給派遣求人を多く扱う「ファルマスタッフ」は、派遣への転職を考えるのであれば押さえておきたいところ。ゆくゆくは派遣社員から正社員へ雇用形態を変えたい方には「紹介予定派遣」という働き方もあります。その際は転職エージェントへの登録時に「正社員になりたい」と伝えておくとスムーズでしょう。

派遣という働き方に興味をもったら、まずは転職エージェントに登録し相談してみることが大切。コンサルタントのサポートを受けながらいろいろな情報を集めることが、転職を成功させるための第一歩ですよ。


提携サイト一覧

  • マイナビ薬剤師公式ロゴ
  • ファルマスタッフ公式ロゴ
  • 薬キャリ公式ロゴ
  • リクナビ薬剤師公式ロゴ
  • アプロ・ドットコム公式ロゴ
  • ファゲット公式ロゴ
  • ファーマキャリア公式ロゴ
  • 薬剤師転職ドットコム公式ロゴ
  • ファル・メイト公式ロゴ
  • ジョブデポ公式ロゴ
  • お仕事ラボ公式ロゴ
  • ジョブバディ公式ロゴ

希望条件に合わせて

あなただけの転職サイト比較表をつくる

転職サイト診断 スタート!