投稿 更新日更新

離島薬剤師の求人を探すには?年収やデメリット、業務内容も

離島薬剤師とは文字どおり、離島で働く薬剤師のことです。都会から離れた場所での生活を余儀なくされるため、多くの人は多少給料相場が高くてもそれを仕事とするのはためらってしまうのではないでしょうか。
一方で、都会の騒がしさから離れた生活も悪くないと思える人なら、離島薬剤師として働くことに対して多くのメリットを感じることができるかもしれません。そこで、離島薬剤師の業務内容やその職につく方法などについて説明していきます。

この記事に書いてあること

薬剤師転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

登録

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

登録

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

登録

離島薬剤師という働き方

離島薬剤師という働き方の中その典型例

離島薬剤師の働き方の中でもその典型例といえるのが、小島に一つしかない診療所や小さな病院の院内薬局に勤めるというパターンです。唯一の医療施設なので、そこに患者が押し寄せて大変といったイメージをもつ人もいるでしょう。

仕事のスピードよりもコミュニケーション能力

しかし実際は、島民の総数がそれほど多くないため病院を訪れる人の数も限られています。もちろん、島によって差はありますが、処方箋の数はおおむね1日40枚かそれ以下といった感じです。したがって、離島での仕事にスピードはそれほど必要ありません。大切なのはむしろコミュニケーション能力です。

例えば、プライマリケアの問題があります。プライマリケアとは直訳すると「最初に受ける医療」となりますが、要は日常的な健康に関する相談や緊急時の対応を幅広く行う医療サービスです。医療機関が限られている離島だからこそ、そういったことが重要になってきます。そして、それを実行するには医療従事者が日頃から円滑な人間関係を構築しておく必要があります。

離島薬剤師というと、なんとなく孤独なイメージがありますが、決してそんなことはありません。逆に、人づきあいが大事な仕事であるといえます。

離島での暮らし

また、離島といえば、仕事の他に生活面での懸念があります。多くの人は離島と聞くだけで、不便な暮らしを想像するのではないでしょうか。たしかに、都会と比べればそれは間違いではないのですが、現代ではネット通販を利用すればたいていのものは手に入ります。そのため、実際に暮らしてみたら、意外と不便さを感じない可能性もあります。その辺は人によるといえるでしょう。

離島薬剤師として働くデメリット

次に、離島薬剤師として働くデメリットについて考えてみましょう。

仕事とプライベートの境界があいまい

まず、離島は生活範囲が限られているため、外に出るたびに患者さんや同僚と出会うことになります。そのため、仕事とプライベートをはっきり分けたいと考えている人にとってはつらく感じるかもしれません。

娯楽施設の少なさ

また、通販を利用すればたいていのものが手に入るといっても、娯楽施設の少なさはいかんともしがたいものがあります。離島では東京にあるようなおしゃれなラウンジも家族で楽しめるアミューズメントパークもありません。結局レジャーといえば、マリンスポーツや山登りといったアウトドアが中心になりますが、そういったものに興味がなければ、退屈な生活に飽き飽きしてくる可能性もあります。

交通の便が悪い

特に困るのは移動が大変だという点です。例えば研修会や講習のために本土に渡ろうと思っても、交通の便が悪いうえに交通費も高くついてしまいます。そのため、仕事が終わってから気軽に講習に参加するというのは困難です。

島特有の欠点

さらに、意外なデメリットとしては金属にサビが発生しやすいという点も挙げられます。四方が海に囲まれているため、潮風の影響ですぐに金属が劣化してしまうのです。車やエアコンもあっという間にサビだらけになってしまいます。その他にも、特に南の離島では雨が多くて洗濯物が乾きにくい、見たこともない虫が大量に発生するので虫が苦手な人にはつらいなどといったデメリットもあります。

離島薬剤師として働くメリット

離島薬剤師として働くデメリットをひと通り列挙してきましたが、もちろんメリットも数多く存在します。

高額年収を期待できる点

その筆頭は高額収入を期待できる点です。一般に都市部の調剤薬局やドラッグストアに就職した薬剤師の場合、年収は400万円から500万円といったところですが、離島薬剤師になると600万円から800万円が相場となります。将来に向けてお金をためたい、年収アップさせたいという人にはぴったりの仕事ではないでしょうか。そのうえ、企業が借り上げた住宅を提供されたり、移動手段として車をもらえたりと待遇面でも恵まれています。

アウトドアが好きな人にはたまらない環境

また、人によってはデメリットな点も他の人にとってはメリットとなるケースもあります。例えば、アウトドアが好きな活動的な人にとって、離島はうってつけの環境です。休みの日はスキューバダイビングやサーフィンをしてリゾート気分が味わえます。夜には満点の星空を楽しめ、流れ星を見るなどの経験ができるのも離島ならではです。

患者との距離の近さゆえのやりがいがある

離島薬剤師を続けていると患者との距離が非常に近くなってきます。そのため、患者との会話の機会が少ない都会でのルーチンワークな仕事にむなしさを感じるようになった人にとっては転機となりうる可能性があります。患者と密にコミュニケーションを取り合い、症状が回復して感謝の言葉を聞いたときなどは、大きな喜びを感じるものです。そういった点において、離島薬剤師は非常にやりがいのある仕事だといえるでしょう。

離島薬剤師の求人を探すには

離島薬剤師はもともと求人が少ないので、募集情報が出ること自体がレアケースです。そのため、普通に求人サイトや求人雑誌をチェックしていただけではめったにお目にかかることができないでしょう。薬剤師専門の転職サイトなら離島薬剤師の転職情報がたまに載っていることもありますが、それも決して多くはありません。そこで、おすすめなのが転職エージェントです。まずエージェントに登録し、転職アドバイザーと面談をして自分の希望条件を伝えます。そうしておけば、要望と合致した求人が入ってきた時点で情報発信をしてもらえるので、せっかくの求人を見逃してしまうという心配もなくなります。

転職エージェントに登録して離島薬剤師の求人に巡り合える可能性を高める

また転職エージェントに登録すると、一般には公開されていない非公開求人を紹介してくれる可能性もあります。ただし転職エージェントの数は多く、どれだけ求人情報をもっているかは業者によって異なるので注意が必要です。少しでも可能性を高めようと思えば、なるべく大手で、しかも薬剤師専門のエージェントを選択することが大切なポイントです。


また、できれば1つの会社だけでなく、複数のエージェントに登録しておくのがよいでしょう。その方が離島薬剤師の求人に巡り合える可能性が高くなるからです。一般的な転職の場合は、あまり多くの転職エージェントに登録すると、連絡がありすぎて対応しきれなくなってしまうというデメリットがあります。

しかし、離島薬剤師一本に目標を絞っているのなら少し多めに登録しておいた方がよいかもしれません。最善を尽くし、少ないチャンスをものにしていきましょう。

おすすめの薬剤師転職サイト

rankno1

マイナビ薬剤師

求人数得意な職場サポート
体制
61,053 企業・DS
  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得(※)
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 豊富な求人数!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

(※)薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査(2019年10月楽天インサイト)

rankno2

ファルマスタッフ

求人数得意な職場サポート
体制
62,337 調剤薬局
  • 年収600万円・時給3,000円以上の高収入求人が豊富
  • 日本調剤グループのノウハウを活かした教育・研修制度が充実
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富
rankno3

薬キャリ

求人数得意な職場サポート
体制
9,373 病院
  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向けの求人検索ができ、「産休育休取得実績あり」などの求人が探しやすい
  • 最短3日|電話だけでスムーズに転職ができる

※求人数に派遣求人は含めていません。

※2021年3月時点ココファーマ調べ


提携サイト一覧

  • マイナビ薬剤師公式ロゴ
  • ファルマスタッフ公式ロゴ
  • 薬キャリ公式ロゴ
  • リクナビ薬剤師公式ロゴ
  • アプロ・ドットコム公式ロゴ
  • ファゲット公式ロゴ
  • ファーマキャリア公式ロゴ
  • 薬剤師転職ドットコム公式ロゴ
  • ファル・メイト公式ロゴ
  • ジョブデポ公式ロゴ
  • お仕事ラボ公式ロゴ
  • ジョブバディ公式ロゴ

希望条件に合わせて

あなただけの転職サイト比較表をつくる

転職サイト診断 スタート!