投稿 更新

派遣薬剤師も産休育休をとれる!期間・条件・給付金について徹底解説

「派遣の産休育休制度ってよくわからない…」
「派遣薬剤師でも産休育休は取れるのかな?」
これから派遣で働こうか考えているママ薬剤師にとって、産休育休は重要な制度ですよね。

この記事では産休育休の制度や期間について詳しく説明し、給付金や妊娠中の派遣の働き方についても解説していきます。派遣の制度について理解して子育てと仕事をうまく両立させましょう。

この記事に書いてあること

オススメ派遣会社ランキング
1位薬キャリ 派遣求人数
7,208件

詳細

2位ファルマスタッフ 派遣求人数
4,816件

詳細

3位 ファルメイト 派遣求人数
3,347件

詳細

※2019年9月時点ココファーマ調べ。

派遣薬剤師も産休育休が取れる!期間・条件を詳しく解説

「産休や育休は正社員じゃないと取れないのではないか…」
そのように思っている方がいるのではないでしょうか?しかし実際はそんなことはありません。産休・育休ともに派遣薬剤師であっても取得可能です。

まずは産休や育休の制度や条件などの基礎からご説明します。

派遣薬剤師の産休制度は「産前休業」と「産後休業」に分かれる

「産休」とよく言いますが、実は産休には「産前休業」と「産後休業」の2種類に分かれます。それぞれ説明していきます。

産前休業について

出産予定日の6週間前から出産日当日まで休業することができます。産前休業は絶対に取る必要のある休暇ではありません。人によっては産前休業を取れる期間をそのまま休まれる方もいますし、出産ギリギリまで働かれる方もいます。

「出産日は産前休業と産後休業のどちらに含まれるの?」と疑問に思われる方が多いのですが、出産日は産前休業に含まれるので覚えておきましょう。

もし産前休業を取得したい場合は、出産予定日の6週間前まで(双子以上の場合は14週間前まで)に派遣会社に連絡しましょう

産後休暇について

産後休暇は出産した翌日から8週間までの休暇を指します。産前休暇と異なり、産後休業は法律によってこの期間は休まなければいけないと定められています。そのためどんなに働きたくても働くことはできません。

家庭の事情などにより、できるだけ早く仕事に復帰したい方もいるかと思います。そのような方は、産後休業の例外について確認しておきましょう。

医師が「働いても大丈夫ですよ」と認めた場合に限り、出産から6週間が経過すると働けるようになります。基本的に出産から8週間が経過しないと働き始められないのですが、医師が認めた場合に限り例外として6週間が経過すれば働けるようになるということです。

産休については、産前休業と産後休業があること、それぞれ取得可能な期間や制限が異なることをまずは覚えておきましょう。

派遣薬剤師の育休は1年間取得できる

次に育休についてお話していきましょう。

育休とはその名の通り、子供が生まれた後に育児のために休業することです。基本的には1年間育休を取れます。1年が経過するまでお休みを取れるので、その間に保育園の手続きなどを進めていきます。

なかなか思うように保育園が見つからない場合は1年だった育休の期間を1年6ヶ月まで延長することができます。それでもまだ預け先が見つからない場合は、最長で2年間まで育休の期間を延長することも可能です。

派遣薬剤師が育休を取得する場合は条件を満たす必要あり

注意したいのは、すべての派遣薬剤師が育休を取得できるわけではないということ。育休を取得するための一定の条件には以下のようなものがありますので、事前に確認しておきましょう。

【育休取得の条件】

  • 同一事業主に引き続き1年以上雇用されている
  • 子供の1歳の誕生日以降も引き続き雇用されることが見込まれる。
  • 子供の2歳の誕生日の前々日までに労働契約の期間が終了し、かつ当該労働契約の更新がないことが明らかである人は除く。

条件を満たしていれば、派遣会社に申請を出すことで育休の取得ができます。

ママ薬剤師が気になる産休育休取得中のお金事情

「産休育休取得中の給付金はどれくらいもらえるのだろう?」と疑問に思う方も多いでしょう。
ここからは産休育休取得中の給付金について説明していきます。

出産育児一時金

妊娠4か月以上で出産した場合、加入している健康保険から1児につき42万円の出産育児一時金が支給される。

出産手当金

出産を伴う休業をカバーするために、加入している健康保険から支給される制度。
出産日前42日から出産日後56日までの欠勤1日についての標準報酬日額の3分の2の金額が支給。

※被扶養者・国民健康保険に加入している場合は支払われないので注意。

育児休業給付金

雇用保険に加入している方が育児休業をした場合に支給される制度。
育休開始から180日までは休業開始時の賃金の67%、育休開始181日目から子供の1歳の誕生日までは休業前の50%の給付が支給。

産休育休中の社会保険料の免除

産休育休において、会社が保険組合に申し込むことで休業期間中の社会保険料が免除される。

上記の給付金は派遣会社が保険に加入している場合のみ取得することができます。派遣会社に登録する前に保険に加入しているかどうか確認しておきましょう。

派遣会社によって産休育休の条件が異なる?

産休育休はどの派遣会社でも取ることができますが、産休育休が取れる条件や付随する給付金制度は派遣会社によって異なります。派遣会社は慎重に選びましょう。

ココファーマでおすすめする派遣会社は、「薬キャリ」です。なぜ薬キャリがオススメなのか、3つのポイントをここではご紹介していきます。

【特徴1】就労3ヵ月から育休が取得可能

1つ目のポイントは「就労3ヶ月で育休を取得可能」であること。通常であれば育休は、1年以上就労しないと取得できません。しかし薬キャリなら、たったの3ヶ月で取得できるのです。必要な就労期間が非常に短いので、すぐに子供が生まれるママ薬剤師でも気軽に派遣を始められます。

妊娠しているけどどこかで働けないかな?出産予定が違いけど大丈夫かな?と不安な方でも、薬キャリなら問題ありません。

【特徴2】ママ薬剤師向けの求人検索ができる

2つ目のポイントは「ママ薬剤師にぴったりな求人を見つけられる」ということ。薬キャリに登録したらまずは実際に求人を探してみてください。「シフト柔軟対応」や「週2勤務~」といったママ薬剤師に嬉しい条件で求人を探せることに気がつくはずです。他の派遣会社にこの検索機能はありません。

また薬キャリには、すでに多くのママ薬剤師が登録しているため、コンサルタント自身もママ薬剤師についての知識がとても豊富で質の高いサポートを受けられることもポイントです。

【特徴3】各種保険完備

3つ目のポイントは、「健康保険、雇用保険、厚生年金保険、労災保険のすべてが完備されている」こと。正社員と同じような福利厚生がしっかりと整っています。

薬キャリのすごいところは、これにプラスして「出産時に出産育児給付金とは別に9万円の給付金がある」「高額医療負担や介護負担の対象になる」という点。

これでもかというくらい、ママ薬剤師に嬉しい制度が完備されています。これなら初めてママ薬剤師になったという方でも安心して働けますね。

薬キャリを利用したママ薬剤師の口コミ評判

いくつか薬キャリ派遣会社を利用した薬剤師の口コミをご紹介します。

  • 20代女性
    評価5

    細かい気遣いがうれしかったです

    家から30分以内、土日のみの勤務という条件で薬キャリに相談しました。私が提示した条件にあった案件を登録翌日に電話にて数件紹介してくれました。
    また、過労で体調を崩した事を気遣ってくださるなど、とても親身にして下さり、大変助かりました。豊富な他者前例をもとに自分にとって必要なアドバイスを頂けるのでおすすめです。

  • 30代女性
    評価4

    希望に合う条件の求人を紹介してくれました

    薬キャリに派遣社員として登録させて頂きました。やはり大手というところもあり、仕事の案件が多かったです。
    私は家庭の事情もありフルタイムで働くことができなかったのですが、希望条件に合う仕事をちゃんと紹介して頂き、派遣として働くことは初めてでしたが、担当の営業の方のフォローのおかげで楽しく働かせて頂いております。

推奨薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 就労3ヵ月から育休が取得可能(他社は6ヵ月~1年が多い)
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できるのは薬キャリだけ
  • 各種保険も完備で給付金ももらえる

無料登録はこちら

【ママ薬剤師向け】派遣Q&A

Q.1派遣薬剤師として働いている途中に妊娠してしまったら?

派遣期間中に妊娠してしまった場合は、基本的には本人の意思で働き続けるかどうかを決定することができます。妊娠が発覚した時点で派遣会社に電話・メールなどで相談しましょう。

もし妊娠後も働き続けるためには妊婦健康診断審査を定期的に受ける必要があります。

【妊婦健康診断審査】

  • 妊娠23週までは4週間に1回
  • 妊娠24週から35週までは2週間に1回
  • 妊娠36週以後出産までは1週間に1回
  • 医師などが上記と異なる指示をした場合は、その回数

Q.2産休育休取得後すぐに派遣薬剤師として仕事に戻れる?

薬剤師業過は売り手であるため、すぐに仕事に戻ることは可能です。ただし前働いていた派遣先と同じ職場・条件を希望する場合は、すぐに求人が見つからない可能性があります。

休業後スムーズに仕事に戻るために、派遣として働き始める1~2か月前くらいから派遣会社の担当コンサルタントと連絡を取り、条件の擦り合わせをすることをおすすめします。

以上です。ご執筆お疲れ様でした。