転職

2018.06.20

ブラック薬局はここだ!大手と中小で薬局薬剤師の違いを比べてみた

「こんなブラック薬局、もう辞めたい」「もっと楽な職場ないの?」働く薬剤師であれば、一度は職場に不満を抱いたことがあるでしょう。悩みを抱えながらの勤務は精神的にもつらく、仕事にも悪影響が出てしまいます。

この記事では、ブラック薬局の実態やウラ事情、ブラックではない職場の探し方についてのアドバイスをお届けします。

薬剤師の転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 ドラッグストアに強い
対面での面談重視
満足度No.1

詳細

2位ファルマスタッフ 調剤薬局求人が豊富
充実した研修制度
高時給求人多数

詳細

3位ファーマキャリア オーダーメイド求人
コンサルタントが優秀
サポートが手厚い

詳細

1.ブラック薬局ってどんなところ?

近年、「ブラック企業」という過酷な労働状況を表す言葉が世間を騒がせています。もちろん、薬剤師にとっても他人事ではありません。ここでは、いわゆる「ブラック薬局」がどういうものなのかを見ていきましょう。まずは、下の6つのポイントにあなたの勤務先はどれだけ当てはまるでしょうか?

  • 人間関係が複雑、イジメやパワハラ等
  • 残業が多い
  • 離職率が異常に高い
  • 忙しすぎて休憩や有給休暇が取れない
  • 教育制度がない
  • 調剤報酬を不正に請求している

こうしてチェックをすると、改めて「自分の職場ってやっぱりブラックなのかも…」と感じる人もいるかもしれません。実際、これらの条件に当てはまる薬局に勤務していた方の体験談をご紹介しましょう。

女性のアイコン30代女性

連日残業が当たり前。女性にやさしくない過酷な職場

farmama2017032301

毎日夜遅くまで仕事が終わらず、残業続きでした。給料も実際に働いた時間よりもはるかに低いのが当たり前。
薬局は「女性にやさしく」というスローガンを掲げていましたが、福利厚生もあってないようなものだし、育休も取らせてもらえないような職場でした。今思うと、よくあんな職場で働けていたなあと思います。女性にとっては本当に過酷な職場でした。

この体験談は「給料が低い」「残業が多い」というブラック薬局の典型例です。このような過酷な環境で働き続けるのは精神的にもつらいですよね。

給与や労働時間に加え、多くの人が悩んでいるのが職場の人間関係。古株上司の言うことに振り回される、おつぼね薬剤師にいびられる…などなど、毎日決まった人と顔を突き合わせて働く薬局は、人間模様もさまざまです。特に、職員数が少ない小規模の調剤薬局は、いったん職場の雰囲気が悪くなると修復するのがなかなか難しいものです。

また、調剤薬局は忙しい場合が多く「休憩する時間がない」といった不満も。患者を待たせないことが大事とはいえ、息つく間もなく業務にあたっていると心が荒んでしまいます。

ほかにも、「給料が極端に安い」「辞めたくても辞めさせてもらえいない」など、ブラックな要素は多岐に渡ります。

自分の職場がブラックかエージェントに無料で相談する

自分の職場がブラックだった場合→記事の後半へ

2.大手薬局と中小薬局、どちらがブラック?

厚生労働省の資料によると、全国の薬局数は約5万8,000店舗。コンビニがおよそ5万5,000店舗ですから、歩けばすぐに薬局が見るかるような状況です。

そんな多くの薬局を支えているのが、全国に約28万8,000人いる薬剤師たち。このうち56%にあたる約16万1,000名もの薬剤師が薬局に勤務しています。よって多くの薬剤師が、大手と中小で何が違うのか、どちらがブラックなのかということについて気になりますよね。

そこでまず大手薬局と中・小規模の薬局の良いところ・悪いところから見ていき、どちらがブラックなのかについて確認しましょう。

2-1.大手薬局のメリット

  • 教育体制が整っている
  • 福利厚生が充実している
  • 収益が安定している

教育体制が整っている

基本的な研修はもちろん、日々状況が変わる業界事情にもついていけるよう研修システムを用意しているところが多いのが特徴です。また、資格取得をサポートする制度など、スキルアップを希望する方をバックアップする体制も整っています。

福利厚生が充実している

経営母体によっては出産・育児をサポートする制度や、家賃補助制度、財形貯蓄制度などを用意しているところも。特に金銭面での補助はあるのとないのとでは大違い。結婚や出産など、いろいろなライフイベントを重ねていく上でも心強いでしょう。

収益が安定している

全国展開している薬局は多くの店舗でリスクを分担しています。そのため、業績の良し悪しによって収益が大きく変わるといったことはあまりありません。

マイナビ薬剤師に無料登録して求人を検索

2-2.大手薬局のデメリット

  • 転勤がある
  • 調剤以外の仕事が多い

転勤がある

各地に展開している薬局であれば、転勤を命じられる場合もあります。特に家族がいる人や、これから結婚を考えている人にとってはデメリットとなり得るかもしれません。

調剤以外の仕事が多い

小・中規模の薬局であれば調剤業務だけをしていれば済むところが、大手調剤薬局になるとそれ以外の事務仕事が発生します。いわゆるサービス残業です。以下に具体的な体験談を紹介します。

女性のアイコン30代女性

残業代はゼロ!大量の資料作成で朝からバタバタ

1391-1

私は大手の調剤薬局で管理薬剤師として勤めていました。朝は「あの資料を〇時までにそろえてください」というようなメールが同時に何通も来ます。このほかにも調剤以外の仕事が半端なく多く、残業なしには終わらない量でした。部下も仕事が終わらず、毎日みんなで残業して薬歴を入力していました。もちろん、管理職のため残業代は一切出ませんでした。

2-3.中・小薬局のメリット

  • 地域に密着した薬剤師本来の仕事ができる
  • 経営者と近い距離で仕事ができる

地域に密着した薬剤師本来の仕事ができる

規模の小さい薬局は患者さんとの距離が近いのが特徴。患者さんから頼られることも多く、信頼関係も築きやすいです。また、大手に比べると個人に与えられる裁量が多く、やりがいを持って働くことができます。

経営者と近い距離で仕事ができる

社長や店長と近い距離で仕事ができるため、意思疎通がスムーズです。大手特有の「本社は何を考えているの?現場と意思疎通が図れていない…」といったことも発生しづらいでしょう。

マイナビ薬剤師に無料登録して薬局の求人を見てみる

2-4.中・小薬局のデメリット

  • 個人の責任が重い
  • 人間関係に悩むケースが多い

個人の責任が重い

裁量が大きいということは「個人にのしかかる責任が重い」ということです。大手に比べると、自ら率先して動き、判断しなければならない場面もあるでしょう。

人間関係に悩むケースが多い

比較的小さい薬局の場合、少ない人数のスタッフと密に関わっていかなければなりません。たとえ性格が合わない相手であっても、狭い空間の中で業務を行わなければならないのです。このような環境で苦労した方からの体験談が寄せられています。

女性のアイコン30代女性

嫌味や悪口が横行する職場にウンザリ

farmama2017032302

薬をもらうまで2時間待ちも珍しくない、とても忙しい門前薬局で働いていました。私以外は皆ベテランで、わからないことがあって質問に行くと「わからないならやらないでくださーい」と言われてしまいます。また、足りなくなった薬の調剤の監査を頼んだら「アンタは明日休みだから俺に嫌がらせしてるんだね」と嫌味を言われることもありました。

結論:大手にも中小にもブラック薬局は存在する

一般企業の場合、大手であるほど給与水準は高く、労働条件の整備も進んでいるのが一般的です。しかし、調剤薬局の場合は逆の傾向が強いと言われています。なぜなら、中小規模の薬局は簡単に退職者の代わりを用意できないため、調剤経験のある良い人材には長く勤めてほしいと思っているからです。勤務者を長くとどめさせるためにも、給与や待遇面を良い条件にし、囲い込んでいるとも言えるでしょう。

しかし、結局のところは勤め先を「ブラック」と思うかどうかはあなた次第。Aさんにとっては「給料が低くて残業が多い」と不満ばかりの職場でも、Bさんにとっては「給料は満足。残業もこれぐらいなら許せるかな」といった場合もあるのです。また、良い条件がズラリと提示された薬局であっても、あなたが最も重視するポイントが欠けているようであれば長続きしません。一概に大手だから〇〇、中小だから〇〇とも言い切れないため、自分で見きわめていくことが大切です。

コラム 給与が高いとブラック薬局?

規模に限らず、薬剤師の給料はほかの職種と比べると高い場合が多いです。なかには「給料が高いということは、それだけブラックなんじゃないの?」と疑う方もいるかもしれません。

基本的には「高給だからブラック」という考えは誤解です。現在、特に地方においては深刻な薬剤師不足に悩まされています。そのため、それだけの高額給与を払ってでも薬剤師を確保したいのです。

3.もしすでにブラック薬局にいるなら迷わず転職

「転職する勇気もないし、頑張るしかないのかな…」と、ストレスの多い職場で迷いを抱えたまま働いている方もいるかもしれません。

1391-2

しかし、実は薬剤師の7~8割が1度は転職を経験しています。なかには4回以上も転職をしているツワモノも。薬剤師に限らず、昔と違って1社に定年まで勤めあげるという人はほとんどいません。また、一般的には転職回数が増えるにつれて転職しづらくなると言われていますが、医療業界の中でも薬剤師に限っては特別。多くの職場が人材不足に悩まされているので、転職活動において離職経験がマイナスとなることはほとんどないのです。

とは言っても、どうやって転職先を探せば良いのでしょうか。「次の職場もまたブラックだったらどうしよう…」といった不安も尽きないですよね。次のパートでは、ブラック薬局を避け、理想のホワイト薬局と出合う方法を見ていきましょう。

→薬剤師転職サイトの選び方はこちら

4.ブラック薬局に転職しないための手順

具体的にどうしたらブラックな職場を避け、理想的な職場に転職できるのでしょうか。多くの人は、これからご紹介するステップで薬剤師としての転職を成功させています。

STEP1.自分の理想を明確にする

あなたは「理想の働き方」について考えたことはありますか?現在職場に不満を抱いている人は、同じ不満を持たずに済むような職場が良いでしょう。また、「今よりもっとキャリアアップできる職場が良い」「子どもが欲しいから、なるべくママ薬剤師に理解のある職場が良い」など、将来的なビジョンを持つことも大切です。

給与面での理想も大事です。もし今の給与に満足していないのであれば、「年収は600万円は欲しい」「月の給料をあと5万円あげたい」など、どれくらいの金額であればゆとりのある生活が送れるのか、想像してみましょう。

STEP2.薬剤師専門の転職サイトに登録する

自分の理想状態が思い描けたら、いよいよ求人を探しましょう。ブラック企業は避けるためには、何といっても職場の実態を事前に把握することが大事。そのためには薬剤師転職サイト(転職エージェント)のキャリアコンサルタントを頼るのがおすすめです。なぜなら、あなた専任のコンサルタントが求人情報には載っていないような内情や職場環境を徹底的に調べてくれるからです。たとえば、コンサルタントはこのような質問にも答えてくれるのです。

  • 本当にアットホームで働きやすい職場なの?
  • 職場の人間関係は?どんな世代が多いの?
  • 残業はある?あるとしたら毎日どれくらい?
  • 有給はきちんと取れる?
  • 福利厚生は充実している?

どれも自力では調べられないことばかり。転職サイトのコンサルタントは、転職者ができるだけ長く、不満を抱かずに働ける場所を提案しようと必死です。いろいろな実態を包み隠さず話してくれるでしょう。このほかにも、転職サイトを利用するメリットはたくさんあります。

【転職エージェントを利用するメリット】

1.ブラック企業を回避!求人の裏側を教えてくれる
ブラックな職場を避けるためには、職場の実態を把握することが何より大切です。転職エージェントのコンサルタントは求人情報には載っていない裏情報をたくさん持っているので、活用しない理由はありません。

2.優良企業も多数掲載!非公開求人を教えてくれる
実はネット上で公開されている薬剤師の求人情報は一部だけ。求人数が豊富な転職エージェントに登録することで、あなたに合う非公開の求人を教えてもらうことができるのです。「良い転職先はなさそうだな…」と諦めている方も、ブラック求人ならぬホワイト求人に出合える可能性が十分にあります。

3.忙しくても余裕の転職!面接の調整や条件の交渉もやってくれる
働きながらの転職活動の場合、面接などのスケジュール調整が何かと大変です。また、給与などの交渉は自分からは切り出しづらく、ズルズルと後ろ倒しになってしまうことも…。転職エージェントのコンサルタントであれば、そういった面倒な調整や交渉も率先して進めてくれます。

せっかく手に入れた薬剤師という国家資格は、活かし方によってはあなたの生活をもっと充実させるものです。満足できるお給料をもらいながら、イキイキと働くに越したことはないですよね。なぜなら、長い人生において働く時間というのは大半を占めるのですから。

1391-3

ブラックな職場に悩んでいる方は、まずは転職への第一歩を踏み出してみませんか?今よりもっとあなたらしく、輝ける職場に出会えるはずですよ。

【一目でわかる】薬剤師転職サイト比較表

     

おすすめの転職サイト 求人数 面談方法 フォローの充実度
マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師 50,203 対面
  • 圧倒的な求人数を保有しているため、駅チカ家チカ要望に対応可能
  • 全国14か所に支店があり地方でも対面面談を実施
  • 履歴書の添削や面接同行・給与交渉などのトータルサポートに自信

登録はコチラ

ファルマスタッフ 48,391 対面
  • 年収600万円・時給4000円以上の高収入求人が毎日更新
  • 日本調剤グループのノウハウを生かした教育・研修制度が充実
  • 派遣求人が豊富

登録はコチラ

ファーマキャリア
17,628 電話
  • 即日最大10件の求人を紹介
  • 大手人材会社のエース級コンサルタントが多数在籍
  • 一人一人に合ったオーダーメイド求人を作成してくれる

登録はコチラ

※2018年10月現在。ココファーマ調べ。

【薬剤師におすすめ】転職サイトランキング

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張訪問、満足度5年連続No.1を獲得
  • 一人当たりの平均紹介求人数26.4件でトップクラス
  • 独自の求人管理システムで全国を網羅、駅チカ家チカ要望に対応

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給3000円以上、年収600万円以上の高時給案件多数
  • 日本調剤グループ独自の研修制度が利用できる
  • 転職支援16年で安心の実績

無料登録してコンサルタントに相談する

3位オーダーメイド求人なら「ファーマキャリア」

  • あなただけのオーダーメイド求人を作れる
  • コンサルタント一人当たりの担当求職者が少ないので、サポートが手厚い
  • 成約実績300人以上の実績のあるコンサルタントのみを採用している

無料登録してコンサルタントに相談する