投稿 更新日更新

30代薬剤師は理想の職場に転職できる?おすすめの職種も大公開 

「30代の薬剤師でも転職ってできるの?」

「30代でも未経験の職場に転職できるのかな?」

30代に差し掛かると、一度キャリアを見直したいと転職を考える薬剤師も多くいます。とはいえ新しい仕事にチャレンジしたいと思っても、なかなか転職の実情が分からず、一歩踏み出す勇気が出ない方もいるでしょう。

しかし30代薬剤師はスキルも知識も身に付いているため、転職で理想の職場を見つけられる可能性は大いにあります

そこでこの記事では、30代薬剤師が転職を成功させるためのコツや未経験でも転職できるおすすめの職種を紹介。ポイントを押さえて、理想の職場を見つけましょう。

この記事に書いてあること

1.薬剤師の30代はもっとも転職の多い年代。転職できる可能性は十分にある!

薬剤師のなかでも、30代は転職する方が多い年代です。その転職事情について、詳しくみていきましょう。

30代ならまだまだ遅くない!転職は有利!

「30代での転職はもう遅いのでは…」と思っている方も多いかもしれません。しかし実際は、薬剤師の中で30代がもっとも転職の多い年代なのです。

というのも30代は結婚や出産・育児といった、ライフイベントが多い年代。しかも働き盛りであるため、さらなるキャリアアップを目指して転職にチャレンジする薬剤師も多くいます。

また30代なら、企業側も「長く働いてくれるはず」「今後活躍する可能性がある」と判断して、積極的に採用。特に薬剤師業界は人手不足なので、30代で未経験の職種だとしても、採用される確率は高いといえます。

転職は40代・50代と年齢を重ねるにつれ、採用難易度は上がってしまう実情もあります。そのため「もう30代だから…」と不安にならず「まだまだ30代!」と一発奮起して挑戦してはいかがでしょうか。

30代薬剤師はどんなきっかけで転職してる?よくある転職理由

30代で転職を考えたとき「ほかの薬剤師はどんな理由で転職を考えるのだろうか」と気になる方もいるでしょう。

200人の転職経験のある薬剤師に調査をしたところ、転職理由の上位5位は以下のようになりました。

1位 環境・生活の変化(50%)
2位 待遇への不満(47%)
3位 人間関係(29.5%)
4位 会社の将来への不安(22%)
5位 スキルアップできない(19%)

(n=200 ネグジット総研調べ・複数選択方式)

薬剤師の転職では、配偶者の転勤や子どもの進学などライフスタイルの変化がトップですが、全体的にみると「待遇面での不満」が多い傾向です。

また厚生労働省「平成30年雇用動向調査結果の概況」によると、30代の転職者が前職を辞めた理由で一番多かったのが「給料等収入が少なかった」(14.8%)、続いて「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」(13.4%)といった待遇面による理由でした。

これらの結果から踏まえると、薬剤師問わず30代の転職者は年収アップや待遇面の不満解消を理由に、転職を決意している方が多い年代のようです。

また結婚や出産・育児を機に、「もっと柔軟に働きたい」と働き方を根本から考え直す方が多いのも、30代の特徴かもしれません。

30代薬剤師の平均年収(給与)はいくらぐらい?

転職で年収アップを狙うなら、まずは30代薬剤師の平均年収を押さえておきましょう。ポイントは「平均年収額」と「年収の上がり幅の大きさ」です。

まず1つ目のポイント、「平均年収額」から見ていきましょう。

国税庁「賃金構造基本統計調査」によると、30代薬剤師の平均給与総額は568万1300円です。ちなみに同庁「令和元年分民間給与実態統計調査結果」によると、全職種の平均給与総額は436万円。

30代の給料だけを比べても、薬剤師は全職種より100万円以上高いことが分かりますね。

ちなみに薬剤師という職業は、男女の年収差が少ないという特徴もあります

薬剤師の男性30代の平均年収は600万6000円、女性は535万6600円と男女差は65万円程度です。一方、全職種だと男性の平均年収は540万円、女性296万円となり男女で244万円もの差があります。

年収の男女差が少ない理由として、薬剤師は就業時間があらかじめ決まっているため、女性でも家庭と両立しながらキャリアアップが図りやすい職種であること、また管理薬剤師といった管理職に女性が多い点が挙げられます。

続いて2つ目のポイント、「年収の上がり幅の大きさ」です。年代別の平均年収を以下の表でご覧ください。

職種 20代 30代 40代 50代
調剤薬局 450~500万円 500~650万円 600~750万円 600~800万円
ドラッグストア 480~600万円 500~650万円 550~800万円 550~700万円
病院 380~450万円 450~550万円 550~600万円 550~700万円
CRC・CRA 500~550万円 550~600万円 580~700万円 680~800万円
品質管理 480~500万円 500~580万円 550~700万円 680~750万円
薬事・学術 400~500万円 480~550万円 550~700万円 680~800万円
MR 500~700万円 680~800万円 700~1,000万円 700~1,000万円
研究開発 500~550万円 550~650万円 600~700万円 700~1,000万円
※当サイトがエージェントへのヒアリングにより調査

職場によって異なるものの、20代薬剤師と比較すると全般的に30代薬剤師の年収の上がり幅は大きくなります。

そのため30代薬剤師の転職は、年収アップを狙いやすい年代だといえます。今の年収や平均年収と比較し、より高い年収が見込める職場を探してみましょう

2.30代薬剤師が転職しやすい・おすすめの職種とは?職種別に特徴も紹介

30代薬剤師が転職しやすい職場は、調剤薬局やドラッグストア、病院などが挙げられます。

特に年々店舗数が増え人手不足が深刻なドラッグストアや調剤薬局は、転職難易度も低め。大手チェーンであれば、研修制度も充実しているので未経験でも安心して働けますよ。

では、それぞれの職場の特徴を見ていきましょう。

30代薬剤師におすすめの職種【調剤薬局薬剤師】

調剤薬局の場合、大手や中小など規模を問わず、30代でも転職しやすい職場です。しかも調剤薬局は人手不足のため、未経験でも積極的に採用してくれるでしょう。

とはいえ完全な未経験だと、ピッキング作業や服薬指導、薬歴・在庫管理の業務に苦戦する可能性もあります。

少しでも不安がある薬剤師は、未経験者向けの研修制度やOJTなどの環境が整っている企業を選ぶのがおすすめです。

に大手チェーンの調剤薬局は、研修制度を用意しています。中小規模の薬局で求人情報に研修制度の有無に触れていない場合でも、先輩薬剤師からの指導による研修があるケースも。念のため、面接時に確認しましょう。

30代薬剤師におすすめの職種【ドラッグストア薬剤師】

ドラッグストアの店舗数は年々増加傾向であるため薬剤師の需要は高く、こちらも転職しやすい職場といえます。

特に地方のドラックストアは、人材確保が急務。都市部に比べて高年収、高時給の求人が多く、年収アップを図りたい薬剤師にとっては狙い目です。

大手ドラッグストアチェーンであれば、研修やマニュアルもしっかりと用意されているので安心ですね。

ただしドラッグストアは、医薬品以外に日用品や化粧品なども販売しており、商品の発注や在庫管理といった薬剤師業務以外の仕事が増える可能性も。

年収と比例して、業務の幅が広がる点は把握しておきましょう。

30代薬剤師におすすめの職種【病院薬剤師】

調剤薬局やドラッグストアよりはやや転職難易度は上がりますが、病院薬剤師も30代におすすめの職種です。

ちなみに病院は一般的に、急患を受け入れる「急性期病院」と長期の療養が必要な患者を受け入れる「慢性期病院」の2種類があります。病院薬剤師が未経験なら「慢性期病院」をおすすめします。

緊急度の低い患者が多い慢性期病院なら、比較的時間に余裕があり研修制度が整っているケースも多いようです。また急性期病院と比べると取り扱う薬も少なく業務の幅も狭いため、自分のペースでしっかり働けるはずです。

また慢性期病院の場合は患者の入れ替わりも緩やかなため、一人ひとりの患者としっかりコミュニケーションが取れます。患者からの感謝や信頼が、仕事へのモチベーションになっている薬剤師も。

ただし年収面では、他の職場よりも100万円程度低め。病院薬剤師は「年収を上げたい」というよりも、「やりがいを持って働きたい」という方に適している職場だといえます。

3.30代薬剤師が転職を成功させるポイントは3つ!失敗しないための注意点も

30代はまだまだ転職しやすい年代であるものの、20代の若手薬剤師と比較すると難易度は上がるのは事実。だからといって慎重さを失うと転職失敗を招いてしまいます。

特に30代は結婚や出産といったライブイベントをきっかけに転職する人も多いため、長く働ける職場を選ぶのが大切です。

ここでは、30代薬剤師が転職活動時に気をつけるべきポイントを確認していきましょう。

転職先の希望条件を明確にして優先順位をつける

理想の職場を探すためには、まず自分の理想を知ることから始めましょう。

理想、つまり希望条件は誰しも持っているものですが、転職活動で大切なのは希望条件に優先順位をつけることです。希望条件をできるだけ細かく書き出し、職場に望んでいることをしっかり把握しましょう

書き出す際は「高年収」といった抽象的なものではなく「年収500万以上」「時給2500円以上」など、なるべく具体性に描きましょう。

希望条件を書き出して優先順位をつけていければ、どんな職場を探すべきか明確になります。

すべての条件を満たす職場に出会える可能性は、残念ながらそう高くはありません。そのため優先順位が明確になれば、応募すべき職場が自ずと絞られてくるはずです。

優先順位という応募基準があれば、入社後の「こんなはずじゃなかった…」というミスマッチも防げるでしょう

将来のライフプランを踏まえて転職先を選ぶ

結婚や出産などのライフイベントが多い30代の転職は、将来のライフプランも加味した選択が必要です。

せっかく良い条件で転職しても、結婚や出産で働けなくなってしまうと、次の転職先探しが大変です。特に女性薬剤師の場合は柔軟に働ける職場を探すのが良いでしょう。

たとえば産休育休制度がしっかりしているのか、その制度に利用実績があるのかなどです。

育児がひと段落しているママ薬剤師は、家庭と仕事を両立しながらキャリアアップも目指せる職場かといった視点も大切にしましょう。

転職サイトを利用する

30代が転職活動で失敗しないためには、プロのサポートが受けられる転職サイトを利用しましょう。

転職サイトに登録すれば、経験豊富な転職エージェントにキャリア相談ができますし、希望条件に合った求人も紹介してくれます

希望条件を伝えば代わりに求人を探してくれるので、忙しい人にもぴったり。

ただし適当に転職サイトに登録してしまうと、希望する求人を紹介してもらえない可能性も。事前に転職サイトそれぞれの特徴や、サポート体制を確認しておきましょう。

【正社員、それとも派遣、パート?】30代薬剤師におすすめの雇用形態

30代の転職で雇用形態を迷った場合、仕事における目的を明確にしたうえで選びましょう。

たとえばライフステージに変化がない30代であれば、さらなるキャリアアップを狙って正社員での転職を目指すのが良いでしょう。一方で結婚や出産の可能性を考え、長く働けるように支援制度が整っている職場がおすすめです。

効率良く年収アップしたい薬剤師なら、派遣も選択肢のひとつ。特に派遣薬剤師は即戦力として期待されるため、経験や能力に自信のある方は高時給で働けるはず。

契約期間はあるものの、さまざまな職場で働けるのでスキルアップも叶いますよ。

育児中なら、勤務時間が調整できるパート薬剤師がおすすめです。責任ある仕事を任せられるケースも少ないため、精神的な負担が少ない働き方ができます。薬剤師であれば、育児がひと段落したら正社員の道も目指せるのもメリットといえるでしょう。

とはいえどの雇用形態であっても、メリット面だけでなくデメリットをしっかりと見極めたうえで働くことが大切です。

優先順位を考え、目的に合った働き方を選びましょう。

4.求人数・好条件求人・相談方法が成功のカギ!30代薬剤師おすすめ転職サイト3選

転職サイトを選ぶ際は「求人数」「好条件求人数」「相談方法」の3つの軸で比較して選びましょう。

「求人数」・「好条件求人数」共に多いほうが、選択肢が増えるため希望の求人が見つかりやすいといえるでしょう。

「相談方法」はしっかりと相談したいのであれば対面、早く転職したいのなら電話を選ぶのがおすすめです。

おすすめの転職サイト 求人数 好条件求人数 相談方法
マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師 62,362 29,125 対面
  • 豊富な求人数を保有しており、「年収600万円以上」「残業なし」などさまざまな要望に対応可能
  • 業界でもトップレベルの支店数があり、地方でも対面相談が可能
  • 履歴書の添削や面接同行・給与交渉などのトータルサポートに自信

無料登録する

ファルマスタッフファルマスタッフ 61,777 30,545 対面
  • 年収600万円・時給4,000円以上の高収入求人が毎日更新
  • 日本調剤グループのノウハウを生かした教育・研修制度が充実
  • 派遣求人数が5,000件以上でトップクラス

無料登録する

薬キャリ
薬キャリ
10,092 2,025 電話
  • 即日最大10件の求人を紹介してくれるスピードが強み
  • コンサルタントと電話で話すだけのスムーズな転職活動が可能
  • 「産休・育休取得実績あり」などママ薬剤師向け求人検索が充実

無料登録する

※2020年12月時点ココファーマ調べ
※「-」はデータなし
※好条件求人=「年収600万円以上」「残業なし」
各社、Webツール等でも面談可能です。

5.【番外編】30代でも薬剤師になれる?資格さえあれば転職先はある

ここからは番外編として「30代から薬剤師を目指せるのか」について、紹介します。

結論からいうと「可能」ですが、薬剤師資格を取得するためにお金と時間を十分に確保しなければなりません。具体的にみてみましょう。

薬剤師資格を取得するには、大学入学から少なくとも6年はかかります。薬科大もしくは薬学部に入学して6年間で教育課程を修了。さらに薬剤師の国家資格に合格しなければいけません。

しかも大学6年間の学費は、国立大で約350万円、私立大で約1200万円と膨大な費用が発生します。お金が必要だからといって仕事をしながら、薬剤師を目指すのはほぼ不可能。学業に専念しなければ、資格取得は難しいでしょう。

とはいえ、その高いハードルを越えて薬剤師資格を取得さえできれば、転職先が見つかる可能性は大いにあります

というのも昨今は薬剤師不足のため、企業は年齢や経験の有無に問わず積極的に採用しているからです。資格さえあれば、仕事は見つかりやすいはず。

30代だからと諦めずに、頑張りましょう!

6.まとめ

一般的に転職が難しいとされる30代。しかし薬剤師であれば、30代でも転職できる可能性は高く、転職によって年収アップやキャリアアップも目指せます。

そして30代薬剤師の転職で大切なのは、将来を見据えた職場選びです。30代薬剤師は結婚や出産・育児といったライフイベントが増えるため、長く働ける職場が見つけられるかがカギとなります。

初めての転職で不安な場合には、プロにサポートしてもらえる転職サイトの活用がおすすめ。転職エージェントにキャリア相談や求人紹介をしてもらい、より理想に近い職場を見つけましょう。


提携サイト一覧

  • マイナビ薬剤師公式ロゴ
  • ファルマスタッフ公式ロゴ
  • 薬キャリ公式ロゴ
  • リクナビ薬剤師公式ロゴ
  • アプロ・ドットコム公式ロゴ
  • ファゲット公式ロゴ
  • ファーマキャリア公式ロゴ
  • 薬剤師転職ドットコム公式ロゴ
  • ファルメイト公式ロゴ
  • ジョブデポ公式ロゴ
  • お仕事ラボ公式ロゴ
  • ジョブバディ公式ロゴ

希望条件に合わせて

あなただけの転職サイト比較表をつくる

転職サイト診断 スタート!