パート

2017.07.06

日本調剤への転職は厳しい?実は驚くほど研修が充実した職場だった

薬剤師の転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

詳細

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

詳細

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

詳細

日本調剤は全国展開しており、最近ではジェネリック医薬品や在宅医療にも力を入れ新しいことにもチャレンジし続けています。その名前を知っている人も多いでしょう。しかし転職してからが大変かも…と思っている方がいるかもしれません。このページを一緒に読んで確認していきましょう。

1.日本調剤への転職は厳しい?

日本調剤は1980年に北海道に1号店を出してから現在では全国462店舗を越える調剤薬局を展開する大手企業となりました。そんな日本調剤への未経験での中途入社は厳しいのでしょうか?研修制度と合わせて確認していきましょう。

日本調剤は入社後の研修制度がかなり充実

日本調剤ではブランクのある方や調剤未経験の方も中途入社しています。

日本調剤の研修でのサポート

  • 薬剤師の基礎知識・技能の習得を目指した研修
  • 在宅医療研修や大学病院での実務研修中堅~管理職を対象としたキャリアステップのための研修

入社後の流れを追いながら日本調剤の研修制度についてみていきましょう。

入社1~3ヶ月

最初の段階では以下のようなことをじっくりと学んでいきます。

  • 中途入社者集合研修
  • 薬局業務
  • 調剤に挑戦

始めの数日は日常業務の流れ、調剤知識、接遇研修、システムの使い方を全体で共有します。
調剤業務では、まずピッキングから、徐々に調剤機器の使い方にも慣れていきます。
おおまかな基本がわかったところで、複雑な調剤などにも挑戦していきます。

入社4~6ヶ月

基礎的な業務に慣れたら、様々な仕事にチャレンジしていきます。

  • 医薬品情報や薬歴などの監査

調剤業務に慣れたら、次は医薬品や薬歴の知識を深めていきます。
監査の内容として、患者さまの健康を第一に考え、処方が正確かどうかチェックしていきます。

入社7ヶ月目

  • 医薬品の発注
  • 在宅医療業務
  • レセプト業務

入社半年が過ぎると調剤だけでなく医薬品の発注、レセプト業務、在宅医療などにもかかわっていきます。

入社1年後

入社から1年で身に着けたことを次は後輩薬剤師へ指導。後輩薬剤師をフォローすると同時に自らの知識を確かなものにし、成長していきます。

このように様々な研修制度があります。ここで社員の方の口コミを見てみましょう。

「業務と研修の両立が可能」

私は調剤の経験があって中途入社しました。初日から研修アあり全部で15ステップを調剤経験に関係なく下から受けられます。(e-leaning方式)決められた機関で教科書を読み小テストをし定期テストを受けて合格点を取れれば次に進む体系です。業務にそれほど負担をかけずに研修を受けることができました。(20代 男性 社員)

このように日本調剤では長い期間をかけて成長できる環境が整っています

結論日本調剤への転職は厳しくない

上記で説明したように教育制度には定評があります。

このほかにも以下のような研修制度があります。

  • 顧客対応を学ぶ接遇研修
  • 月1回の服薬指導勉強会

よってたとえ未経験やブランクのある方でも学ぶ環境が整っていて、様々なサポートを受けられます。「薬学の知識」、「店舗管理知識」など様々な経験を積みたい、学びたいという熱意さえあれば転職後苦労することはないでしょう。

マイナビ薬剤師に登録して日本調剤に転職する

2.日本調剤の教育の他に気になる3つのポイント

日本調剤では教育制度は非常に充実していました。次に転職する際にあわせて気になるポイントについてまとめました。

充実した福利厚生

まず日本調剤の求人を見てみましょう。

この求人では育休からの復帰率が100%を売りにしています。育休の他にも子供が大きくなるまでは就業時間を短縮することも可能であったり、勤務地の希望も柔軟に対応してくれるようです。このほかにも健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険など様々な福利厚生、保険が完備されています。よって安心した環境で働くことが出来そうです。

休日は完全週休2日施で日曜日、祝日はお休みです。年末年始休暇や夏季休暇、有給休暇を取ることができます。

→マイナビで日本調剤の求人をもっと詳しく見てみる

年収は安定している

求人を見てもらえるとお分かりのように正社員の年収は400万円からとそこまで高くはありません。その理由として日本調剤ではインセンティブ給を設けていないからです。同業他社に比べると多少低く感じるかもしれませんがその分安定した所得があります。

昇給や賞与はあるので給料のアップは可能です。人事評価は数字で行われるため頑張れば頑張るだけボーナスが上がっていくというやりがいのある体系となっています。

※賞与・昇給について
賞与は年2回(7月と12月に支給)、昇給は年1回給与以外の手当は、通勤手当や住宅手当、家族手当、地域手当(月2万~8万)が上乗せされ、資格手当もあります。

→薬剤師はパートでも稼げる?気になる平均時給や年収はこちら

3.日本調剤への転職の仕方

ここまでで日本調剤への転職はそこまで厳しくないとお分かりいただけたでしょう。最後にに実際に転職する際のおすすめな方法を紹介します。

転職サイトを活用するのがオススメ

日本調剤への転職は転職サイトを活用することをおすすめします。

日本調剤は全国に存在するため、店舗によって職場の雰囲気は異なります。日本調剤では研修制度が充実しているため先輩や上司と関わる機会も他社と比べて多いです。自分と合わない人とずっと研修を続けていくことは困難であるため人間関係はよく見極める必要があります。

その際に転職エージェントは事前に職場の雰囲気や人間関係などを調べあなたに教えてくれます。よって安心して転職に臨むことができます。

また日本調剤は業界2位の大手企業であるため人気があります。そのため求人を非公開にしています。そのため十分な情報を得るためには転職サイトに登録して非公開求人も見る必要があります。日本調剤に転職しようかなとお考えの方は転職サイトを活用してみてはいかがでしょうか。

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

4.常勤ではなく、パートの働き方もできます

「残業はムリ」「早目に帰社したい」「土日の勤務は避けたい」などのそれぞれの生活やご家庭の事情により、働き方を選択することが可能です。

日本調剤では、個人個人のライフステージに柔軟に対応できる働き方を積極的にサポートし、家庭と仕事の両立支援を実現しながら長期にわたって、働いていただける環境を提供するよう努めています。
ご希望に合わせて、「雇用形態」や「勤務エリア」を選べるように配慮し、「出産・子育て」の側面でもしっかりと支援をしています。

正社員ではなく、契約社員としても働くことができます。ワークライフ・バランスを考え、店舗異動や残業はできないけれども、パートで働くよりもまとまった給与を望まれる方は、契約社員として活躍できます。
パート勤務の場合は、ご要望に最もあったエリアの薬局で、ご希望の曜日や時間など勤務できるように調整してくれますし、入社後に正社員から契約社員やパートなどに雇用形態を変えるもできます。

日本調剤は東京をはじめ全国の都道府県すべてに出店をしている調剤薬局企業なので、トップレベルの調剤薬局で就業ができます。また、パソコンやITを活用をした最先端の調剤システムや調剤機器で職能を高めることもできます。
さらに情報が得るための薬学生向けの会社説明会も北海道エリア、東北エリア、関東エリア、北陸エリア、関西エリア、九州エリア、東海エリア、四国エリアなど全国で開催されています。

 

→薬剤師の時給比較はこちら

転職しようと考えている方や派遣やパートを始めようと考えている方へ

新しい職場を探す際にネットの情報で職場先を評価していませんか?その方法だと実は後々「こんなはずじゃなかった」と後悔することになるかもしれません。

「こんなはずじゃなかった」と後々後悔する入社前の疑問4選

ネットの情報の情報だけでは絶対に知ることができないことが多くあります。このページではその中から4つを厳選してご紹介します。

  • 年収600万円以上可は本当に600万円以上もらえるの?
  • →「こんなはずじゃなかった」 ネットの情報よりもずっと低い給料で働かなければならないブラックな職場の場合があります。

  • 職場の雰囲気ってどうしたらわかるの?
  • →「こんなはずじゃなかった」

    薬剤師の転職後の悩みとして最も多いのがこの疑問を解決せずに起こってしまう 「人間関係について」です。

    ドラッグストアは店舗によってはシビアな売上ノルマに毎日ぴりぴりしている事があるそうです。 また調剤薬局は職場が小規模・閉鎖的であるため、お局薬剤師さんが一人いると職場全体の雰囲気が悪くなります。

  • 男女比や年齢比ってどのくらい?
  • →「こんなはずじゃなかった」 転職してみたら若い薬剤師しかいなくて話についていけなかったなんてことも…

  • 福利厚生は本当に完備されているの?
  • →「こんなはずじゃなかった」 「働く女性を応援!」と書かれていたのに、産休も育休も取りにくい職場だったという実例があります。

このような疑問は基本的に実際に働いてみないと解決しません。このような状態を避けるためにはどうしたらいいのでしょうか?

入社後よくある「こんなはずじゃなかった」は対策があります

そこでこのページを読んでいただいた方におすすめの情報収集の方法を紹介します。その方法とは「転職サイトに登録すること」です。

転職サイトに登録するといい3つの理由とは?

①職場の雰囲気や転職時のポイントなどネットの情報だけではわからない詳しい情報が得られる

転職エージェントは希望する職場に実際に行って現状を調べ、あなたに教えてくれます。さらに転職時のポイントや履歴書の書き方までサポートしてくれます。

②転職のプロに相談することで客観的な判断を取り入れることができる

ネットの情報だけを頼りにするとすべての判断が主観的になってしまいます。転職エージェントは数々の転職者の担当をしてきた転職のプロなのであなたの市場価値を測り業種の適性や転職の可能性などのアドバイスをしてくれます。

③ネットで紹介している求人よりも好条件である「非公開求人」を紹介してもらえる

大手の調剤薬局やドラッグストアは応募が殺到してしまいます。そのため企業側は求人を非公開にし一般の人はネットからは検索不可能です。そのような非公開求人は転職エージェントが持っていて、登録することで紹介してもらえます。

このようなメリットがある転職サイトは登録が無料です!しかも登録は5分程度で簡単に完了します。この方法を試して「転職してよかった」と思える転職にしましょう!

※登録したからと言って必ず転職しなければならないわけではありません


【おすすめ】薬剤師の転職サイトランキング

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

3位早く転職したいなら「薬キャリ」

  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できる
  • 電話だけでスムーズに転職ができる

無料登録してコンサルタントに相談する